輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・チョンウォン
朴鐘元
박종원
Pak Jeong-Won

1958年 ソウル チョンノ(鍾路) 生まれ
      (戸籍上は,1960年生まれ)

1967年 ミョンジ小学校 入学 

1973年 トクス中学校 入学 

1976年 クァンソン高等学校 入学

1979年 ハニャン(漢陽)大学校 演劇映画科 入学 
 
1983年 ハニャン(漢陽)大学校 演劇映画科 卒業

       大学卒業作品 <欲望>(15分, 16mm, 白黒)
               
1984年 映画振興公社 付設 韓国映画アカデミー 1期 主席で卒業

        実習作品 <西方の国>(14分, 16mm, カラー)
              卒業作品 <10分間>(15分, 16mm, カラー)

1984年 チョ・ヨンジュと結婚

1985年 (株)セギョン(世耕)興業 企画室長 

1986年 <石の児2>(イ・ドゥヨン監督)演出補 

1986年 <内侍>(イ・ドゥヨン監督)演出補

1989年 <九老アリラン> 監督,脚色

1992年 <我らの歪んだ英雄> 監督,脚本

        1992 第13回 青龍映画賞 最優秀作品賞,監督賞
        百想芸術大賞 大賞,作品賞,監督賞
        大鐘賞映画祭 優秀作品賞
        ニューヨーク国際映画祭 特別賞
        モントリオール国際映画祭 特別賞
        ハワイ国際映画祭 最優秀作品賞
        シンガポール 映画祭 国際批評家賞
        ロアン国際映画祭 審査委員大賞
        フリーバーグ国際映画祭 審査委員大賞
        シドニー国際映画祭
        香港国際映画祭
        福岡国際映画祭
        シンガポール映画祭 国際批評家賞 他 多数

1995年 <永遠なる帝国> 監督,脚本

        大鐘賞 映画祭 最優秀作品賞,監督賞,撮影賞,照明賞,美術賞編集賞,男優助演賞,音響効果賞
        映評賞 最優秀作品賞,男優主演賞,撮影賞,音楽賞
        公演倫理委員会 優秀映像 作品賞
        東京国際映画祭 競争部門 本戦進出
        ハワイ国際映画祭 本戦進出
        フリーヴォーグ国際映画祭 招請

1996年 <ビールが恋人よりいい7つの理由> 第5話 監督

1999年 <虹鱒> 制作,監督,脚本

        1999 第12回 東京国際映画祭 コンペティション部門 審査員特別賞

2000年 韓国 芸術総合学校 映像院 教授

2000年 <パラダイス・ヴィラ> 監督,脚本,脚色



・韓国の社会的,政治的状況を緊密な劇的構造の中に普遍的な情緒で描き出す監督

・韓国芸術総合学校映像院の教授、韓国芸術綜合学校の総長を歴任


[最終更新] 2019-07-10


[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1989
1992
1995
1996
1999
2000
九老アリラン [デビュー作]
我らの歪んだ英雄
永遠なる帝国
ビールが恋人よりいい7つの理由
虹鱒
パラダイス・ヴィラ


【BACK】 (一覧ページへ)