輝国山人の韓国映画
<Home>へ

Sダイアリー    DVD発売

自分の秘密の恋愛史を几帳面にダイアリーに記録してきた,あきれた女性ジニが,過去の男たちを訪ねて行き,昔の恋愛に対する補償を請求するロマンチック・コメディー

これまでの愛に後悔のないナ・ジニ。愛を完成できた29歳の年に聞いた彼の一言。「それが愛だと思うのか。昔の男たちに聞いてみろ。君を愛したのかどうか。」

1周年記念日に4番目の男チャンに離別通知を受けたジニ。離別の瞬間,彼女に飛んできた胸痛い言葉を繰り返し,ダイアリーの中に大切に保管してきた過ぎ去った愛を思い出してみる。クヒョンとの荒っぽかった初恋,キャンパスを共に縫ったチョンソク,ユインとのぴりっとした時間が美しい記憶として残っている。

チャンの言葉を頭の中から消せないジニは,「男たちは私を愛したよ。」と一人で繰り返し言う代わりに,直接訪ねて行って過ぎ去った愛を確認することにする。しかし,男たちは,もはやダイアリーの中にジニの筆記体で大事に保管された彼らではない。全く違う状況という顔で愛を否定して,ジニの思い出まで,粉々にたたき壊してしまうのに。

[制 作 年] 19 2004年 [韓国封切] 2004年10月22日 [観覧人員] 1,531,840人 2004年 第17位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] Sダイアリー S 다이어리 [英 語 題] S Diary [ジャンル] コメディー [原 作]  [脚 本] パク・ソンギョンクォン・ジョングァン [監 督] クォン・ジョングァン [第1作] [撮 影] キム・フングァン,イム・チャン [照  明] ユ・ヨンジョン [出 演] キム・ソナ     → ナ・ジニ    イ・ヒョヌ     → クヒョン    キム・スロ     → イ・チョンソク    コン・ユ      → ユイン    ナ・ムニ      → ナ女史 ジニの母    キム・ミギョン   → ユインの母    キム・グァンイル  → ホウ シェズガーデン    チョン・イミン   → ホウの恋人 チョングァン シェズガーデン    ウ・サンミン    → 叔母1    キム・ソンファ   → 叔母2    ホン・ユニ     → 叔母3    キム・ヨンイム   → 課代表     ファン・ヒョニン  → ソヨン ジニの友人    イ・ハナ      → デザイナー    チェ・ユニョン   → チェリョン    イム・ジェヨン   → チェリョン2    オ・ジュウン    → スンミ    キム・デフン    → ユインの友人1 [編集でCUT]    チャン・ジョンフン → ユインの友人2 [編集でCUT]    シン・ドンファン  → ユインの友人3 [編集でCUT]    チェ・ジョンミョン → ユインの友人4 [編集でCUT]    チェ・ウヒョク   → 横断歩道の子供1 [編集でCUT]    イ・スンファン   → 横断歩道の子供2 [編集でCUT]    カン・ジョンスク  → 掃除おばさん    キム・ミンジュ   → 胸が大きい修道女    イ・チャノ     → 掃除夫1 [編集でCUT]    ソ・サンウ     → 掃除夫2 [編集でCUT] [演出部]    チョン・イェウォン → 誘惑する女 [編集でCUT]    パル        → キルチュク パセハウンド(犬)    イ・チョロ     → 村バスの男 [編集でCUT] [美術]    チェ・チョルス   → 映画館の恋人1 [編集でCUT] [照明部]    アン・ヒョンジュ  → 映画館の恋人1 [編集でCUT] [扮装−ヘアーチーム]    イ・チュンシン   → 映画館の恋人2 [編集でCUT] [衣装チーム]    チェ・ジニョン   → 映画館の恋人2 [編集でCUT] [衣装チーム]    特別出演    チャン・ヒョク   → イム・チャン    友情出演    イ・ハヌル     → 手を洗う男    チョン・ジェヒョン → タバコ男    アン・ソニョン   → ジヨン(声出演)    字幕外    ソ・ボミョル    キム・ジュヒ           チェ・ヒョンスク [受 賞]  [時 間] 104分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] チョン・フンタク [制作会社] アイフィルム(i Film) [制 作 費]  [ビ デ オ] ポニーキャニオン(DVD 4,935円)2008/6/27発売 [レンタル] あり [H P] http://www.s-diary.co.kr/(終了) [撮影場所]  [M-Video] イ・ヒョヌ <雨が降る>      キム・ソナ <愛しています> [Private ] K-DVD【6】 J-DVD( 3,652)【6】2008/4/22 [お ま け] ・ナ・ジニと母が自宅のテレビで見ている映画は,<わが青春の甘き日々>      (1987年:ペ・チャンホ監督)


プラウザの「戻る」で戻ってください。