輝国山人の韓国映画
<Home>へ

嫁入りの日

孟進士(メンジンサ)は,トラジコル(桔梗村)のパンソ宅(テク)の息子ミオン(美彦)を自分の娘カップニの婿としてもらって,高位官吏の姻戚になることをこの上なく誇っている。

ところで,パンソ宅(テク)の息子ミオン(美彦)は,足が不自由というではないか。高位官吏の姻戚になるのも良いが,びっこに嫁がせることはできない。

結局,彼は,こざかしい策を出して,娘カップニの小間使いイップニを代わりに嫁がせることにする。

婚姻の日,実際に婚礼廳に現れたパンソ宅(テク)の息子ミオン(美彦)は,びっこではなく,凛々しくて堂々とした男ではないか。

孟進士(メンジンサ)は,狼狽して慌てるが,時すでに遅く,娘の小間使いイップニがそのまま嫁入りしてしまう。

[制 作 年] 1977年 [韓国封切] 1978年5月27日 [観覧人員]  [原 題] 嫁入りの日 시집가는 날 [英 語 題] The The Wedding Day [ジャンル] 時代劇,史劇 [原 作] オ・ヨンジン(呉泳鎭)の日本語のシナリオ「孟進士(メンジンサ)宅の慶事」 [脚 本] オ・ヨンジン(呉泳鎭)の韓国語翻訳シナリオ「嫁入りの日」 [監 督] キム・ウンチョン [第 作] [助 監 督] ソン・ウナン,ユ・ジェム,パク・ナムソン [撮  影] ペン・ジョンムン [照  明] チョン・ドッキュ [音 楽] チョン・ミンソプ [美 術] キム・ユジュン [武 術]  [出 演] キム・ジネ    →        カン・ジュヒ   →        キム・ジョンフン →        イ・オンミ    →        チン・ユヨン   →        イ・ドンジン   →        キム・ヒガプ   →        イ・デヨプ    →        イ・イルウン   →        イ・ジョンマン  →        チョン・スク   →        キム・ギョンラン →        キム・ジヨン   →        キム・シンミョン →        チャン・フン   →        チョ・ドクソン  →        カク・コン    →        イ・ベク     →        特別出演       イム・ミジャ舞踊団 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 98分 [観覧基準] 全体 観覧可   [制 作 者] パク・チョンチャン [制作会社] 貨泉公社 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD 韓国映画コレクション [お ま け] ・オ・ヨンジン(呉泳鎭)のシナリオ「嫁入りの日」は,三度にわたって映画化されており,        現代の古典とまで呼ばれるようになった作品         1956年 嫁入りの日 イ・ピョンイル(李炳逸)監督         1962年 嫁入りの日 イ・ヨンミン(李庸民)監督         1977年 嫁入りの日 キム・ウンチョン(金応天)監督


プラウザの「戻る」で戻ってください。