輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キム・ウンチョン
金応天
김응천
Kim Eung-Cheon

1970年代の学園青春映画の代表的な監督

1935年 1月27日 ソウル特別市で出生

      ソウル大学校哲学科を卒業

1959年 <栄光の寝室> 監督 デビュー作
       戦争で傷を負った男と,想像できない不幸で心に傷を負った
       女性が,苦難の中でも高貴な愛の力でお互いの傷を克服して
       幸福を求めるという内容のメロドラマ
      

      初期にメロドラマに注力したが,70年代中盤から学生時代と
      大学キャンパス生活を素材にした青少年映画と青春映画の監督
      に変身

1975年 <女子高卒業組>
       女子高生と先生との間の微妙な愛を素材にし,当時新人だっ
       たイム・イェジンが大鐘賞で新人賞を握るなど,青春スター
       に浮び上がって大きく成功を収めた


1976年 <青い教室>

1977年 <高校優良児>
       [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=NQC0m5WNd30

1978年 <高校明朗教室>

1982年 <大学ヤルゲ>

      など,高校生の友情と愛を元気に描写した映画をたくさん作り,
      ムン・ヨソン(文如松),ソク・ネミョン(石来明)と共に青
      少年映画の全盛期を導いた。

      10代映画の退潮とともに,大きな注目を浴びなくなった後に
      も,粘り強く<青春映画>監督として作品活動を持続した。

1993年 <蜜月旅行> を最後に作品活動が中断された

[最終更新] 2014-11-18
 

[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1959
1974
1975
1975
1976
1976
1977
1977
1977
1978
1978
1979
1979
1979
1982
1982
1983
1983
1983
1984
1986
1987
1987
1988
1989
1993
栄光の寝室
チナの手紙
約束
女子高卒業組
青い教室
青春を語りましょう
嫁入りの日
初雪が降る時
ミス楊の冒険
凱旋門
諸葛猛順
飛べよ風船
木馬の上の女
花畑に蝶
喝采
胡麻塩とオクトルメ
21歳の備忘録
19歳の秋
大学野犬
燃える新緑
じゃじゃ馬大行進
ヤルスク達の個性時代
裸足の青春87
彼女との最後の踊りを
タムダディ
蜜月旅行
 



【BACK】 (一覧ページへ)