輝国山人の韓国映画
<Home>へ

リメンバー・ミー   DVD発売

1979年,シルラ(新羅)大学英文科3年の女子大生ユン・ソウン(キム・ハヌル)は,偶然に中古のアマチュア無線機を手に入れる。

皆既月蝕があった夜,机の上に放っていた無線機から不思議な交信音〜男の声が聞こえてくる。彼は,ソウンと同じ大学の広告創作学科2年のチ・イン(ユ・ジテ)という男子学生。

ソウンは,インと学校の時計塔前で会う約束をする。ソウンは, まだ工事中の時計塔前でデモ行列を見ながらインを待つが,約束時間を2時間すぎてもインは現れない。一方,インも時計塔前で豪雨の中,ソウンを待っている。

その日の破られた約束に腹を立てた二人。しかし,もう一度始めた交信で,信じられない事が起こっていることを知るようになる。

[制 作 年] 2000年 [封 切] 2000年5月27日 [観覧人員] 346,279人 2000年 第6位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 同感 동감 [英 語 題] Ditto [原 案] シン・ドンヨプ [脚 本] チャン・ジン,ホ・イナ [脚 色] チャン・ジンキム・ジョングォン [監 督] キム・ジョングォン[第1作] [助 監 督] イ・ジュホン [撮 影] チョン・グァンソク(鄭光石) [照  明] シン・ハクソン [編  集] キョン・ミノ (DIGI GUT) [音 楽] イ・ウッキョン [美 術] アートディレクター:キム・ジョンテ [出 演] キム・ハヌル   → ユン・ソウン 大学生    ユ・ジテ     → チ・イン 大学生    ハ・ジウォン   → ソ・ヒョンジ チ・インのガールフレンド    パク・ヨンウ   → チ・ドンヒ ユン・ソウンの先輩 ユン・ソウンの初恋    キム・ミンジュ  → ホ・ソンミ ユン・ソウンの友だち    シン・チョルジン → 守衛    ユ・テギュン   → ソウンの父    イ・イノク    → ソウンの母    イ・ヨングァン  → 教授    キム・サンウォン → チ・インの友だち1    コン・ユソク   → チ・インの友だち2    イ・ヨンビン   → チ・インの友だち3    チョン・ギヨン  → チ・インの友だち4    イ・ミョンスク  → バスのおばさん     ユ・ジニ     → 病室のおばさん    メン・ボンハク  → 医師    キム・ドシク   → 執事老人    キム・ホジン   → 教務課職員    イ・ソンジュ   → 助教    キム・バンソン  → 司書    キム・ドユン   → ハムクラブ1    ソン・ガングク  → ハムクラブ2    イ・ウォンドゥ  → ハムクラブ3    キム・デサン   → 文学サークル1    イ・ウジョン   → 文学サークル2    イ・ギョンフン  → 文学サークル3    シン・ヘラン   → 文学サークル4    チン・ギョンソン → 文学サークル5    イ・スンチャン  → 文学サークル6    キム・スハン   → 子役    字幕外    パク・ヨンジン  →     キム・サナ    →  [受 賞] 2000 第21回 青龍映画賞 人気スター賞(ユ・ジテ)    2000 第21回 青龍映画賞 助演女優賞(ハ・ジウォン)    2000 第8回 利川春史大賞映画祭 新人監督賞(キム・ジョングォン)                       男子新しい顔演技賞(ユ・ジテ)       2000 第1回 釜山映画評論家協会賞 新人男優賞(ユ・ジテ)                        新人女優賞(キム・ハヌル) [時 間] 111分 [等 級] 12歳以上 観覧可 [制 作 者] イ・ドングォン,キム・ヒョンジュン  [制作会社] (株)ハンメク(韓脈)映画、提供:(株)ホワイト・リー・エンターテイメント [O S T] イム・ジェボム <君のために> [ビ デ オ] アット エンタテインメント(ビデオ \16,000 DVD \4,700) [レンタル] あり [撮影場所] ケジョン病院       ケミョン(啓明)大学校 テミョンキャンパス       ケミョン(啓明)文化大学       クンサン(群山)モーゼズ嬰児院       クンサン(群山)ウイルシネマ       ピション       ソチョ(瑞草)洞南部ターミナル       シャドウ       チョナン(天安)大学校 [現:ペクソク(白石)大学校 チョナン(天安)キャンパス] [原 作 本] リメンバー・ミー(竹書房文庫 590円) [Private ] K-DVD(日本語字幕)【42】(560-2021/04/16)       TvJ-DVD [お ま け]・映画の舞台であるシルラ(新羅)大学の撮影は,テグ(大邱)市のケミョン(啓明)       大学で行われたそうです。     ・秋と初冬が舞台の映画だったが,実際の撮影時は冬に行われたため,やせこけていた       木の枝を秋の気配に染めるために紅葉を100袋準備して木の枝に一つ一つ手で付け       る作業を行ったそうです。     ・この映画は、日本でもリメイク版<時の香り リメンバー・ミー>が山川直人監督で制       作され、2001年11月24日に公開されました。     ・また、この映画は、2022年に監督ソ・ウニョン、主演ヨ・ジングチョ・イヒョン       の「同感 〜時が交差する初恋〜」としてリメイクされました。       NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)      Wikipedia


プラウザの「戻る」で戻ってください。