輝国山人の韓国映画
<Home>へ

死の讃美

日帝下,家父長制が徹底した1920年代の新女性で,自由恋愛の先駆者だったが,結局,玄海灘に投身した悲恋のソプラノ歌手ユン・シムドク(尹心悳)の一代記に光を当てた時代性メロ映画。「死の讃美」は,彼女が歌って大ヒットした流行歌

1919年,韓国初の官費留学生として日本に渡ったユン・シムドクは,東京音楽大学に籍を置いて野望を燃やす。持って生まれた自由奔放さとあふれる魅力で,彼女の周囲には常に恋慕の眼差しを送る男子学生らがつらなる。

そんな中,シムドクは,留学生らが結成した劇芸術協会の中心人物キム・ウジン(金祐鎮)と会う。早稲田大学で演劇を勉強した彼は,故郷に妻と娘をおいた妻帯者だった。

炎のような性格でよどみないシムドクと,脆弱で繊細なウジンは,手のほどこしようもない愛に陥り,ウジンの友人ホン・ナンパ(洪蘭坡)は ユン・シムドクを愛すが,深い友情で2人に対する。

[製 作 年] 1991年
[韓国封切] 1991年9月21日
[観覧人員] 183,760人 1991年 第2位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 死の讃美 
[英 語 題] Death Song
[原    作] 
[脚    本] イム・ユスン
[監    督] キム・ホソン [第13作]
[撮    影] イ・ソンチュン(李成春)
[照  明] イム・ジェヨン
[音    楽]
[出    演] チャン・ミヒ    → ユン・シムドク(尹心悳)
         イム・ソンミン   → キム・ウジン
         イ・ギョンヨン   → ホン・ナンパ(洪蘭坡)
         キム・ヘリ     → ユン・ソンドク
         キム・ソンス    → イ・ヨンムン
         チョ・ソンムク   → チョ・ミョンヒ
         キム・ジヒョン   → パク・チョンシク
         チョ・ミンギ    → ホン・ヘソン
         カン・ゲシク    → ウジンの父
         キム・ジンファ   → ウジンの妻
         シン・チュンシク  → 団長
         パク・チンギョン  → 女優
         チュ・ホソン    → 弁士
         イ・グムシク    → 信託
         ホ・テクチン    → 
         パク・トンウ    → 
         ユ・ヒョジン    → 
         キム・ヨンギ    → 
         キム・ドンマン   → 
         クォン・ジェヨン  → 
         チョン・ギュヨン  → 
         チェ・ホジョン   → 
         キム・ウニ     → 
         コン・ホソク    → 
         イ・ヨンギル    → 
         イ・ヘリョン    → 
         チョ・ハクチャ   → 
         ナ・ガプソン    → 
         イ・ワニョン    → 
         ホ・ギホ      → 
         パク・プヤン    → 
         チョン・ヨングク  → 
         キム・ウビン    → 
         シン・ドンウク   → 
         ソン・ジョン    → 
         チョ・ヨンイ    → 
         パク・ヨンパル   → 
         マ・ドシク     → 
         ホン・チュンギル  → 
         パク・ノチョル   → 
         パク・クァンジン  → 
         パク・イェスク   → 
         オ・ミョンロク   → 
         キム・ヒョンチョル → 
         チョン・ヘナム   → 
         ユ・イルムン    → 
         チェ・グンジェ   → 
         チュ・ボン     → 
         チョン・スク    → 
         ユン・イルジュ   → 
         パク・サンベ    → 
         イ・ナンヒ     → 
         パク・ナンヒ    → 
         イ・サンミン    → 
         ハン・スンヒ    → 
         ナム・チェヒョン  → 
         パク・ウニョン   → 
         カン・スンホ    → 
         チョン・ヒョンソプ → 
         イ・ソンドゥ    → 
         キム・ジョンホ   → 
         ホン・ヨンチャン  → 
         キム・セジョン   → 
         キム・ユチョル   → 
         ヤン・セユン    → 児役
         チョン・ジンガン  → 児役

[受    賞] 1991 第12回 青龍映画賞/最優秀作品賞,男優主演賞(イム・ソンミン)
                  女優主演賞(チャン・ミヒ),男優助演賞(イ・ギョンヨン)
         1992 第30回 大鐘賞映画祭/優秀作品賞,監督賞,主演女優賞(チャン・ミヒ),
                   脚本賞,撮影賞,録音賞
                         助演男優賞(イ・ギョンヨン),
                   特別部門賞,衣装賞(ハ・ヨンス)
         1992 第12回 韓国映画評論家協会賞/技術賞(編集部門:ヒョン・ドンチュン)
         1992 第16回 黄金撮影賞授賞式/照明賞(イム・ジェヨン)
         1992 第37回 アジア太平洋映画祭/最優秀主演女優賞(チャン・ミヒ)
         1991年良い映画選定
[時    間] 160分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・スン
[制作会社] 
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。