輝国山人の韓国映画
<Home>へ

大将キム・チャンス

1896年のファンヘド(黄海道)チハポ。青年キム・チャンスは、日本人を殺して逮捕される。

彼は、裁判場で国母の怨みを晴らしただけだと大声を張り上げるが、結局、死刑宣告を受けてインチョン(仁川)監獄所に収監される。

日本の側に立った監獄所長カン・ヒョンシクは、自分に屈服しないキム・チャンスを色々な拷問で苦しめて、囚人たちまでキム・チャンスに背を向ける。

だが、そこは、彼だけの地獄ではなかった。

教育を受けていない、持ってないという理由で、裁判さえも受けられないまま、くやしい獄中生活をする朝鮮人たちを見て、キム・チャンスは、少しずつ現実に目を開き、変化を夢見始める。

いやしくて平凡な青年が、大将キム・チャンスに生まれ変わるまで、彼の全てのものを変えた625日の話。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2017年 [韓国封切] 2017年10月19日 [観覧人員]  [原 題] 大将キム・チャンス 대장 김창수 [英 語 題] MAN OF WILL [日 本 題] 大将キム・チャンス [日本公開]  [ジャンル] ドラマ [原 作] イ・ウォンテ、キム・タクファン [P  D] キム・ヨンホ [脚 本] イ・ウォンテ [脚 色] ユン・ジョンミン、ムン・デヨン [監 督] イ・ウォンテ [第1作] [助 監 督] ムン・デヨン [撮  影] ホン・ジェシク [照  明] キム・ジェグン [編  集] キム・チャンジュ [音 楽] キム・ヒョンソク、ユ・ヨンミン [美 術] イ・ネギョン [武 術] ホ・ミョンヘン、チェ・ボンノク [出 演] チョ・ジヌン     → キム・チャンス       ソン・スンホン    → カン・ヒョンシク       チョン・マンシク   → マ・サング       チョン・ジニョン   → コ進士(ジンサ)       ユ・スンモク     → イ・ヨンダル       シン・ジョングン   → チョ・ドクパル       チョン・ギュス    → ヤン・ウォンジョン       チョン・ベス     → パク・トング       キム・ジェヨン    → キム・サンノ       キム・ユンソン    → ナ・チュンベ       イ・ソウォン     → キム・チョンドン       カク・トンヨン    → チェ・ユンソク       ペ・ジヌン      → チェ・ジャクトゥ       武田裕光       → 渡辺       ユン・ビョンヒ    → ファン・ボング       イ・テイル      → キム・マンチョル       イ・スノン      → チョン・ジョンス       ハン・チョル     → 学部大臣       パク・キョングン   → 法部大臣       キム・グァンヨン   → 警武官       ユ・ソンアン     → 領事館職員       ハン・スヒョン    → 配達人       パク・チフン     → 加藤ひでき       イム・ヒョンテ    → 老人囚人       ペ・ジェヨン     → 幼い囚人       パク・ソンテク    → 日本要人1       山之内 扶      → 日本要人2       ヨム・ヘラン     → 面会者       ファン・ジェピル   → マサン(馬山)旧派1       イ・ジョンヒョン   → マサン(馬山)旧派2       チョン・ワニ     → 酒に酔った看守       キム・ジョンハン   → 居眠りする看守       イ・ウォンジュン   → 荷物取りまとめる看守       イ・ウォンソク    → 移送看守       クォン・テッキ    → 迎える囚人       パク・チェウォン   → ソンビ囚人       ユン・ヨンギュン   → 懲罰部屋囚人       チェ・ユンビン    → 植物を栽培する囚人       キム・シホ      → 驚く囚人       チョ・ホンウ     → 代書を頼む囚人       パク・キョングァン  → 飼い葉桶囚人       ユン・ヨンホ     → 面会囚人       クォン・バンソク   → 見苦しい囚人1       シン・ドンフン    → 見苦しい囚人2       パク・ウォニ     → 見苦しい囚人3       パク・ヨンウ     → 見苦しい囚人4       チョ・ヨンエ     → 着物女性       チェ・ソユン     → 芸者1       チン・ユビン     → 芸者2       イ・イェスル     → 芸者3       パク・スビン     → 芸者4       アン・スビン     → 芸者5       イ・ドンホ      → 開港場 人力車屋       イ・ウォンテ     → 銀行長 [監督]       ホン・ジェシク    → 副銀行長 [撮影監督]       キム・ヨンホ     → 転補大臣 [プロデューサー]       カン・スホ      → 宴会場 清国人1       イ・チャンフン    → 宴会場 清国人2       キム・シウ      → 開港場 清国人1       イ・フォネン     → 開港場 清国人2       パク・チェギュ    → 開港場 清国人3       パク・チョンスク   → ファン・ポングの老母       キム・ギリョン    → 裁判官1       イ・ジョンチョル   → 裁判官2       キム・ワンヨン    → 日本側要人      チェ・ヒョンジュン  → 警武官2       キム・ヒョンフン   → 書記      チョン・ジョンイル  → 朝鮮儒林1       ユン・テクスン    → 朝鮮儒林2       ファン・ジョンヨン  → 朝鮮側 記者1       キム・デヒョン    → 朝鮮側 記者2       イ・シヌ       → 日本側 記者1       オ・アンジン     → 日本側 記者2       イ・ジョンウン    → 御前会議 大臣1       パク・チェヨン    → 御前会議 大臣2       ジョン       (John D. Michaels) → ビリヤードをする西洋人1       Wendt Gregory James  → ビリヤードをする西洋人2       Deberdeeva Galiya   → 開港場 西洋人家族 母       Kira Bondar      → 開港場 西洋人家族 娘       Gry Peter       → 西洋人 恋人 男       Musalimova Irina   → 西洋人 恋人 女       Andreas Fronk     → 外国人 測量技師1       Danylichev Danylo   → 外国人 測量技師2       Ievgen Saliuk     → 外国人 測量技師3       Polajev Timmo     → 外国人 測量技師4       カン・チェミン    → 車を消す子供       チェ・ジョンウン   → 開港場 着物子供1       パク・ヒョビン    → 開港場 着物子供2       キム・ジソン     → ホテルボーイ1       ウィ・ジェヨン    → ホテルボーイ2       キム・ヒョンビ    → 檻車(かんしゃ:罪人を乗せた車)について行く子供1       カン・デヒョン    → 檻車(かんしゃ:罪人を乗せた車)について行く子供2       キム・ジホ      → 檻車(かんしゃ:罪人を乗せた車)について行く子供3       ソ・ジャンヒョン   → チョン・ジョンス 息子1       キム・ゴン      → チョン・ジョンス 息子2       ソ・ジュヨン     → チョン・ジョンス 娘       友情出演       イ・ギョンヨン    → イ・ジェジョン       イ・ソンギュン    → コジョン(高宗)       特別出演       ソン・ジョンハク   → イ・フェウン       イ・チョルミン    → ト・スンソン       パク・ソダム     → ハン・ヨンヒ [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 115分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] チョン・ジフン、チャン・ウォンソク [制作会社] (株)ピーエイエンターテイメント、(株)ムービースクエア、(株)ウォンタク(円卓) [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)       Cinem@rt


プラウザの「戻る」で戻ってください。