輝国山人の韓国映画
<Home>へ

シン・ドンイル
신동일
Sin Tong-Ir

1967年 出生

      コリョ(高麗)大学校 独語独文学科を卒業

      韓国映画アカデミーで修学(10期)

1991年 <桑園旅人> 照明補

1993年 <XX92年アナーキスト> 助監督,撮影

1993年 <記憶の中で私は> 監督,脚本

1993年 <私たちがみたソウル1 チョンノ(鍾路)> 照明

1993年 <お父さんを探して 1993年ソウル> 照明

1996年 <コルセットチョン・ビョンガク=鄭炳覚監督)> 助監督

1997年 <プワゾンパク・チェホ=朴在鎬監督)> 助演出

2001年 <神聖家族>[短編映画 11分40秒 color 35mm] 監督

2003年 <ロスト&ファウンド(Lost and Found)> 演出部

2005年 <訪問者> 監督,プロデューサー,脚本,脚色
       2006 第32回 シアトル国際映画祭 新人監督競争部門 審査委員大賞
                      (Best New Director- Grand Jury Prize)

2005年 <ノイローゼ> 監督

2005年 <水の中の砂漠> 監督,プロデューサー

2005年 <闇の中で> 監督

2008年 <僕の友人,その彼の妻> 監督,脚本
       2009 第4回 韓仏映画祭 特別賞

2008年 <ほうき、金魚なる> 脚色

2009年 <僕たちはバンドゥビ> 制作,監督,脚本
       2009 第10回 全州国際映画祭 CGV韓国長編映画 封切り支援賞,観客評論家賞
       2009 第31回 ナント3大陸映画祭 最優秀作品賞

2009年 第3回 ソウル国際家族映像祝祭 国内競争部門 審査委員

2010年 <視線の向こう −真実のために−> 監督,脚本

2012年 <ウエイト 呪われし存在の重さチョン・ギュファン)> 出演(牧師役)


[最終更新] 2015-09-15
 



【BACK】 (一覧ページへ)