輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・ハク
朴學
박학
Pak Hak

[職  業] 俳優
[本  名] パク・ハング 박한구 朴漢九
[生年月日] 1914年
[出 生 地] ピョンヤン(平壌)
[身長体重] 
[住  所] 
[レ タ ー] 
[出身学校] キョンシン([ニンベン+敬]新)学校
      日本大学 演劇科
[宗  教] 
[趣  味] 
[特  技] 
[家  族] 
[血 液 型] 
[あ だ 名] 
[座右の銘] 
[経  歴] 1934 日本留学中に在日朝鮮人演劇運動に加担し,東京朝鮮語劇団
         の後身である在日本高麗劇団の演技班団員として活動した。

         日本滞留期間中に東宝や松竹などの映画会社と関係し,映画
         俳優として訓練を受けた。

      1935 キム・パウとキム・ドゥヨンを中心に組織された在日本朝鮮
         芸術座の座員に加入した。

      1936 朝鮮芸術座の一部が帰国し,朝鮮演劇協会の創立会員として
         活動した。

      1938 劇団浪漫座の同人として活動し,俳優として注目をあび始め
         た。

      1939 東亜日報が主催した第1回演劇競演大会にチン・ウチョン
         (秦雨村)の翻案で公演した<墓地>(シェークスピア原作
         の<ハムレット>の墓地場面)でハムレット役を担って入賞
         した。

      1939 極光映画制作所所属で出演した映画<漁火>で,「映画にお
         いて多くのパーソナリティーを生かすことができる演技者」
         という好評を受けた。

      1940 チェ・ナムジュ(崔南周)の朝鮮映画株式会社(朝映)が,
         「銃後民衆の精神生活」のために組織した同人制劇団朝鮮舞
         台の団員として活動した。

      1943 劇作家キム・テジン(金兌鎮)が主導した劇団太陽の団員と
         して活動した。

      1946 劇団芸術劇場の同人として活動すると同時に,朝鮮演劇同盟
         で幹部職を引き受けて活発な活動を広げた。

      1948 イ・ギュファン監督の<海燕>に出演した。

         公演中に右翼青年団のテロにあったり,演劇同盟活動で検挙
         されるなど,弾圧が激しくなると,北に行ったと伝えられて
         いる。

[H  P] 
[所属会社] 
[T  V] 
[ラ ジ オ] 
[M-Video] 
[C    F] 
[短編映画] 
[演  劇] 1938 墓地
      1943 その前夜
      1946 夜の居酒屋
      1946 <ノンゲ(論介)
      1948 孤独な人々
[DISC] 
[受  賞] 
[お ま け] 
[最終更新] 2016-03-01
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1939
1948
漁火 (アン・チョリョン
海燕(別名:鴎(カモメ)) (イ・ギュファン



【BACK】 (一覧ページへ)