輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ソウルのエビータ

声楽科を卒業したイ・ソニョンは,留学準備をしている途中で家庭教師だったサンジュンの斡旋でミンスをソニョンの屋根裏部屋に入居させる。時局犯人のミンスに関心を持ったソニョンは,彼と多くの対話をし,こっそりと結婚するが,生活苦に苦しめられる。ソニョンが妊娠するとまもなくミンスが逮捕されソニョンの家は没落する。

米国での音楽勉強から戻ったチョ・ヨンナムは,ソウルで<ソウルのエビータ>を公演する女優を募集する。これに応募したソニョンは,主人公エビータ役に選抜され,猛練習の末に成功的な幕を上げる。しかし,当時の政治的状況と似ているという理由から軍部の圧力で公演が禁止される。

[制 作 年] 1991年 [韓国封切] 1991年5月25日 [観覧人員] 38,538人 1991年 第17位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] ソウルのエビータ  [英 語 題] Seoul Evita [ジャンル] ドラマ [原 案] イ・ギョンエ [脚 本] キム・ソンホン,イ・ユンテク [監 督] パク・チョルス(朴哲洙)[第16作] [撮 影] ソ・ジョンミン [照  明] [音 楽] [出 演] ファン・シネ    → イ・ソニョン    パク・サンウォン  → ミンス    チョ・ヨンナム   →     チョン・ヘソン   →     オ・スンミョン   →     キム・ソゴク    →     キム・ウンスク   →     イ・ホソン     →     チョン・ウンボン  →     キム・ドクナム   →     アン・ジョンファン →     ユン・ダフン    →     ノ・ヨンファ    →     キム・ヒョンミョン →   [映画監督]    ナ・ガプソン    →     イ・ワニョン    →     キム・ペクス    →     パク・プヤン    →     チュ・ボン     →     オ・ジョンウン   →     ユ・ウジョン    →     キム・ジソン    → 児役    パク・ソラ     → 児役    ファン・ムニョン  → 児役    メン・ジヨン    → 児役    ユン・サンオン   → 児役    ホン・サンジン   → 児役    劇団現代劇場団員    チャン・イルド   →  [受 賞]  [時 間] 113分 [観覧基準] 18歳未満 観覧不可   [制 作 者] ファン・ギソン(黄奇性) [制作会社] ファン・ギソン(黄奇性)事団 [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [H P]  [撮影場所] カフェ冬の旅人,イ・ジンホ産婦人科医院,崇実大学校,中央ディディム舞踊    劇場食堂韓国館,劇場食堂コリアタウン,劇団現代劇場(エビータ公演) [Private ] なし [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。