輝国山人の韓国映画
<Home>へ

美しい夜,残酷な朝   DVD発売

韓国,日本,香港というアジア3か国を代表する監督が参加するオムニバス長編映画

○ segment 1 <餃子(Dumpling) 中国 監督:フルーツ・チャン>
若い時は有名俳優だったチン。幼い女性に会う夫のために孤独と嫉妬を感じた彼女は,若くなりたい欲望に捕われる。そうしたところ,食べれば若くなるというメイのギョーザ店を訪ねて行く。毎日毎日ギョーザを食べた彼女は,嘘のように再び若さを取り戻すことになる。ある日,チンは,神秘のギョーザが堕胎した胎児で作られているという途方もない秘密を知るようになる。しかし,すでに中毒になってしまった彼女は,もっと強い材料を尋ね歩き始める。

○ segment 2 <ボックス(Box) 日本 監督:三池崇史)>
サーカス団員である双子の姉妹キョウコとショウコ。義理の父ヒキタを愛するキョウコは,彼の愛を一人占めするショウコに嫉妬する。姉がいなくなることを願うキョウコは,彼女を危険に陥れ,結局,ショウコは,火災で命を失う。いつのまにか大人になったキョウコは,ある日,姉の名前で配達された白いバラの花と招待状を受ける。永らく隠されていた恐ろしい秘密が,一つずつあらわれ始める。

○ segment 3 <カット(Cut) 韓国 監督:パク・チャヌク)>
能力があり,裕福で,優しさすら感じられる人気映画監督。ある日,監督の家に暴漢が進入し,監督は,自分の家と同じように作った撮影セット場に閉じ込められることになる。監督を優しいという理由だけで拉致した暴漢は,監督の妻をピアノ線で固く縛ったまま,路上から連れてきた子供を殺さなければ,ピアニストである妻の指を切ると脅迫する。妻の指か,子供の命か,監督は,ものすごいジレンマに陥ることになる。

[制 作 年] 2004年 [韓国封切] 2004年8月20日 [日本公開]  [観覧人員]  [原 題] スリー,モンスター 쓰리,몬스터 [英 語 題] THREE・・・ EXTREMES  Three, Monster [ジャンル] 恐怖,ホラー,オムニバス映画,合作 ○ segment 1 <餃子(Dumplings)> [原 作]  [脚 本] Lilian Lee [監 督] Fruit Chan(陳果) [撮  影] Christopher Doyle(HKSC) [照  明]  [音 楽] Chan Kwong-Wing@clickmusic [制 作 者] Peter Ho-Sun Chan [制作会社] Applause Pictures [出 演] Miriam Yeung    → チン       Bai Ling      →        Tony Ka-Fai Leung  → チンの夫       Yau Kai-Piu     → メイ 月媚閣 ○ segment 2 <ボックス(Box)> [原 作] さいこうぶん [脚 本] 福島はるこ [監 督] 三池崇史 [撮  影] 川上こういち [照  明] 水野けんいち [音 楽] 遠藤こうじ [制 作 者] 佐藤なおき,清水しゅん,井上ふみお [制作会社] 角川ピクチャーズ [出 演] 長谷川京子  → 双子姉妹キョウコとショウコ      渡部篤郎   → 吉井編集長/義父ヒキタ       鈴木マイ   → キョウコ(10歳)       鈴木ユウ   → ショウコ(10歳)       赤星ミツル  → サーカスのメンバー ○ segment 3 <カット(Cut)> [原 作]  [脚 本] パク・チャヌク [監 督] パク・チャヌク [撮  影] チョン・ジョンフン [照  明] パク・ヒョヌォン [音 楽] ポクスンア(桃)プレゼント,イ・ビョンフン [制 作 者] オ・ジョンワン,イ・ユジン [制作会社] (株)映画社 春 [出 演] イ・ビョンホン → 映画監督 ユ・ジホ       イム・ウォニ  → 見知らぬ男       カン・ヘジョン → 映画監督の妻 ピアニスト チェ・ミラン       イ・ジュング  → 子供       イ・デヨン   → 女子学生姿の俳優       パク・チヌ   → 助監督       イ・ミミ    → キョンア 衣装チーム       キム・ギュシク → 老人マネキン       友情出演       ヨム・ジョンア → 吸血鬼女優 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 126分 [観覧基準] 青少年観覧不可   [制 作 費]  [D V D] 角川映画(DVD 4,935円)2005/10/28発売 [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] J-Blu-ray-Rec(神のクイズ 1〜10) [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。