輝国山人の韓国映画
<Home>へ

国家代表    DVD発売

あらゆる逆境に耐えて黙黙と自分たちの夢に向かって飛んで行く大韓民国スキージャンプ国家代表選手たちの希望飛行

1996年,全羅北道のムジュ(茂朱)。冬季オリンピック誘致のため,正式種目の一つであるスキージャンプ国家代表チームが急造される。これに子供スキー教室の講師バン・ジョンサムが国家代表コーチに任命され,彼のあらゆる甘言利説に精鋭(?)メンバーたちが集まる。

ジュニア アルパイン スキー米国国家代表だったが,実母を探して韓国に来た入養児のボブ,女がいなければ一日も耐えられないナイトクラブのウェイター,ホンチョル,昼夜,炭火だけ吸いながら,父がさせるまま生きてきた焼肉屋の息子ジェボク,祖母と弟の世話をしなければならない荷物が手にあまる言葉少ない少年家長チルグ,そんな兄を心から愛する4次元弟ポング。

パン・コーチは,あたかも神にでもなったように,母と一緒に住む家が必要なボブにはマンションを,愛のために,または扶養家族のために彼らと一緒にいなければならないフンチョル,チルグ−ポング兄弟,そしてジェボクには,軍免除を約束する。ただし,金メダルを取れば。

このようにして,スキージャンプが何かも知らず,一時スキーにちょっと乗ってみたという理由で選ばれた彼らが集まり,大韓民国で最初のスキージャンプ国家代表チームが結成される。


[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2009年7月29日 [観覧人員] 8,392,953人 2009年 第2位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)      8,487,894人(映画振興委員会公式統計基準) [原 題] 国家代表 국가대표 [英 語 題] Take-Off [ジャンル] ドラマ,コメディー [原 作]  [脚 本] キム・ヨンファ [監 督] キム・ヨンファ [第3作] [撮  影] パク・ヒョンチョル [照  明] イ・ソクファン [音 楽] イ・ジェハク [武 術] ホ・ミョンヘン [出 演] ハ・ジョンウ    → ボブ・ジェームス チャ・ホンテ 国家代表       ソン・ドンイル   → バン・ジョンサム コーチ       キム・ジソク    → カン・チルグ 国家代表       キム・ドンウク   → チェ・フンチョル 国家代表       チェ・ジェファン  → マ・ジェボク 国家代表       イ・ジェウン    → カン・ボング カン・チルグの弟       イ・ウンソン    → パン・スヨン パン・コーチの娘       イ・ハヌィ     → マ社長 マ・ジェボクの父 焼肉店       イ・ヘスク     → ボブの実母 ヤン・ヘオク       キム・ジヨン    → ポングの祖母       ヒョン・ジュニ   → ワン・スンドク ヨンビョン(延辺)の女の子        ファン・ハナ    → チウン ボブの妹        イ・ソラ      → へラ 金持ちの家夫人の娘       チョ・ソッキョン  → 兵務庁職員       チョン・ミンソン  → ノミの市記者       チョ・ジェユン   → 養子縁組因縁隊職員1       ウ・ギョンジン   → 養子縁組因縁隊職員2       カン・ジェギュ   → 飛行機乗客 [映画監督]       シム・ヨン     → 薬剤師1 [企画]       オム・ジヨン    → タクシー運転手       ヤン・スンゴル   → 工事所長       チャン・ジェヨン  → 多段契(ネズミ講)講師 オクチョン(玉泉)マット       イ・セラン     → ヨンビョン(延辺)おばさん1       キム・ユンジョン  → ヨンビョン(延辺)おばさん2       ペク・オックァ   → ヨンビョン(延辺)おばさん3       Allen        → ボブの継父       Marianne      → ボブの継母       チュ・ミニョン   → 女秘書 オリンピック組織委員会       ソ・ミニ      → 3歳のチウン       ナム・スンモク   → 7歳のボブ       Joe         → 米国通訳       Wesley Stiller   → ブルース 米国スキージャンプチーム 選手       パク・ソンテク   → 日本キャスター 長野オリンピック       チョン・ジョンヨル → 日本解説者 長野オリンピック       Mark        → 米国キャスター abc 長野オリンピック       Keny        → 米国解説者 abc 長野オリンピック       Martin       → ドイツキャスター ワールドカップ       Henly        → ドイツ解説者 ワールドカップ       David Ahn      → 長野進行要員       ト・スンフィ    → 長野進行要員       コ・デソク     → 長野進行要員       チョン・ジュヨン  → 長野進行要員       チョン・ソンビン  → 長野進行要員       Kakehi Maho     → 長野場内アナウンサー       キム・フンス    → スキージャンプ指導       チェ・ホンチョル  → スキージャンプ代役       チェ・ヨンジグ   → スキージャンプ代役       キム・ヒョンギ   → スキージャンプ代役       カン・チルグ    → スキージャンプ代役       Peter Berger    → 海外スキージャンプチーム コーチ       Ania Polzgutter   → 海外スキージャンプチーム マネジャー       Manuel Resch    → 海外スキージャンプチーム 選手       Daniel Katzian   → 海外スキージャンプチーム 選手       Stefan Klade    → 海外スキージャンプチーム 選手       Lukas Tribuser   → 海外スキージャンプチーム 選手       Hans Millonig    → 海外スキージャンプチーム 選手       Markus Lechner   → 海外スキージャンプチーム 選手       Johannes Moser   → 海外スキージャンプチーム 選手       Nigl Daniel     → 海外スキージャンプチーム 選手       Bernd Heinzmann   → 海外スキージャンプチーム 選手       友情出演       オ・グァンノク   → 薬剤師2       キム・スロ     → ボス 私債(闇金)業者       チョ・ジヌン    → 韓国解説者 SBS 長野オリンピック       特別出演       キム・ヨンゴン   → イ・ジャンス(李長水)                   オリンピック組織委員会委員長       パク・チョンス   → 金持ちの家夫人       イ・グミ      → 本人 イ・グミ アナウンサー       ソン・ボムス    → 本人 ソン・ボムス アナウンサー       キム・ソンジュ   → 韓国キャスター SBS 長野オリンピック       完結版・日本版       マ・ドンソク    → パク刑事    字幕外       吉村謙一      → 日本アナウンサー(声)       武術チーム       シン・ソンイル       チョン・ユノン [受 賞] 2009 第30回 青龍映画賞/監督賞(キム・ヨンファ)                   撮影賞(パク・ヒョンチョル)       2009 第46回 大鐘賞映画祭/監督賞(キム・ヨンファ)                    映像技術賞(チョン・ソンジン)       2009 第17回 利川春史大賞映画祭/最優秀作品賞                       男優助演賞(ソン・ドンイル)                       女優助演賞(イ・ヘスク)                       音響技術賞(イ・サンジュン ほか)                       映像技術賞(ホン・チャンピョ)                       共同演技賞(キム・ジソクキム・ドンウク,                             イ・ジェウンチェ・ジェファン,                             ハ・ジョンウ)       2009 第12回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の男子新人演技者賞(キム・ドンウク)       2009 第29回 韓国映画評論家協会賞/監督賞(キム・ヨンファ)                        音楽賞(イ・ジェハク)                        技術賞(チョン・ソンジン)       2009 第10回 釜山映画評論家協会賞/監督賞                        音楽賞(イ・ジェハク)                        技術賞(チョン・ソンジン)       2009 第32回 黄金撮影賞授賞式/新人男優賞(キム・ジソク)       2009 今日の若い芸術家賞 映画部門       2009 第17回 大韓民国文化芸能大賞/映画監督賞       2010 第46回 百想芸術大賞 映画部門 作品賞                        男子最優秀演技賞(ハ・ジョンウ) [映 画 祭] 2010 したまちコメディ映画祭in台東 [時 間] 137分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・ムスン [制作会社] KMカルチャー(株) [制 作 費] 110億ウォン [D V D] アミューズソフト(DVD 3,990円)2011/2/25発売 [レンタル]  [H P] 終了(韓国)       http://kokka-daihyo.com/home.html(日本) [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] ★★★★☆      K-DVD【14】 J-DVD(2,953)【14】2011/1/10   [お ま け] ・長野オリンピックの場面で,白馬のジャンプ競技場の観客に日本人が全くいないようです。       ・<シュリ>や<ブラザーフッド>のカン・ジェギュ監督が,ドイツのワールドカップに行く        飛行機の乗客役で出ている。        その場面の初めの方で,雑誌を読んでいる眼鏡をかけた男性が監督。


プラウザの「戻る」で戻ってください。