輝国山人の韓国映画
<Home>へ

どんつく

イ進士は,息子マノとスクヒャンに孫ができないので,シバジ(種受け)を入れるようにする。しかし,シバジを入れても孫が産まれる様子はなかったので,医者に診断してもらった結果,息子のマノに問題があることがわかる。

イ進士の夫人チョン氏は,代を絶やす訳にはいかないとシネリ(種下ろし)を入れるようにする。そして,小間物売りホントゥケ(綾巻)を息子の嫁と併合させて孫が産まれる。

夫人は,秘密を守るためホントゥケを殺そうとするが,かえってマノと夫人が死ぬようになる。イ進士は,事実をすべて告白して祈るホントゥケとスクヒャンを赦して,ホントゥケを里子として代を引き継がせる。

[制 作 年] 1990年 [韓国封切] 1990年10月20日 [観覧人員] 9,300人 [原 題] ホントゥケ(綾巻) [脚  本] オ・グァンジェ  [監 督] キム・ジュンシク[第2作]  [撮 影] チュ・ホンシク [照  明] [音 楽] [出 演] キム・ジンテ   → ホントゥケ(綾巻)    イ・ミジ     → スクヒャン     パン・ヒ     → メラン     イム・ヨンギュ  → マノ    チョン・ジン   → イ進士    チョン・ヘソン  → チョン氏    ハン・ウンジュ  → ソシル    パク・クァンジン → ホ書房    パク・ヨンパル  → カン氏    ホ・ナヒ     → チュモ(酒母:女将)    チョ・ヨンイ   → サミル    ソン・ミョンソン → ポンレ    パク・マンギュ  → マンボク    ソク・ミョンスン → 饌母(チャンモ:料理を専問に担当する家政婦)    ユン・イルジュ  → ホントゥケの父    ムン・ミボン   → ヒャンアの母    シン・ブヨン   → カン氏の夫人    イ・ペク     → キム大鑑    キム・ドギョン  → 壮丁    ホン・ソンウン  → 刺客    イム・ヘリム   → 村人    サ・ウォンベ   → 村人    キム・デヒョン  → 村人    ハン・ダヨン   → 村人    パク・イル    → 村人       特別出演    イ・スジン    → ヒャンア [時 間] 103分 [等 級] 18歳未満 観覧不可 [制 作 者] キム・ビョンエ   [制作会社] (株)サミョン(三映)フィルム  [ビ デ オ] JVD(VHS 14,800円) [レンタル] あり(少ない) [Private ] Jd-DVD [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。