輝国山人の韓国映画
<Home>へ

スウィング・キッズ    DVD発売

コジェ(巨済)捕虜収容所で踊りに対する情熱で固く団結した烏合の衆ダンス団スウィング・キッズの胸が躍る誕生期を描いた映画

1951年、朝鮮戦争の最大規模のコジェ(巨済)捕虜収容所。

新しく赴任してきた所長は、収容所の対外的なイメージ・メーキングのために、戦争捕虜でダンス団を結成するプロジェクトを計画する。

収容所内の最高トラブルメーカー、ロ・ギス(ト・ギョンス)、何と4か国語が可能な無許可通訳者ヤン・パンネ(パク・ヘス)、生き別れになった妻を探すために有名にならなければならないサランクン、カン・ビョンサム(オ・ジョンセ)、反転ダンスの実力を備えた栄養失調ダンサー、シャオパン(キム・ミノ)、そして、これらのリーダー、前職ブロードウェイのタップダンサー、ジャクソン(Jared Grimes)まで。

紆余曲折の末に一つの場所に集まった彼らの名前は、<スウィング・キッズ>。

それぞれ違った理由を持って踊ることになった彼らに初めてのデビュー舞台が近づくが、国籍、言語、理念、踊りの実力、全てのものが違う烏合の衆ダンス団の将来は、まっ暗なだけだが。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2018年 [韓国封切] 2018年12月19日 [観覧人員]  [原 題] スウィング・キッズ 스윙키즈 [英 語 題] Swing Kids [日 本 題]  [日本公開] 2020年2月21日 [ジャンル] ドラマ [原 案] キム・シヌ [P  D] ユ・ソングォン、アン・ヒジン [脚 本] カン・ヒョンチョル [監 督] カン・ヒョンチョル [第4作] [助 監 督] カン・スンヨン、イ・スンフン [撮  影] キム・ジヨン [照  明] チョ・ギュヨン [音 楽] キム・ジュンソク、ク・ボンチュン [美 術] パク・イリョン [武 術] ユ・サンソプ、クォン・ジフン [出 演] ト・ギョンス      → ロ・ギス スウィング・キッズ       Jared Grimes      → ジャクソン M.JACKSON ブロードウェイの元メインダンサー       パク・ヘス       → ヤン・パンネ スウィング・キッズ       オ・ジョンセ      → カン・ビョンサム スウィング・キッズ       キム・ミノ       → シャオパン 中国人 スウィング・キッズ       Ross Kettle       → 所長 NORMAN B.ROBERTS       Aj Simmons       → ジェイミー McCOY       ソン・ジェリョン    → サムシク       イ・ギュソン      → マンチョル       イ・デビッド      → クァングク 少年舞踏団時代のロ・ギスの同僚       イ・ユルリム      → ファン・キドン 少年       キム・ドンゴン     → ロ・ギジン ロ・ギスの兄       パク・チンジュ     → リンダ ビューティフル・アメリカン・ガール リーダー       チュ・ヘウン      → メファ カン・ビョンサムの妻       パク・ヒョンス     → 通訳 パク       イ・ドンヨン      → 闇屋       チェ・ウンギョン    → ナンシー ビューティフル・アメリカン・ガール       イ・ランソ       → ステイシー ビューティフル・アメリカン・ガール       イム・ソヨン      → キャンディ ビューティフル・アメリカン・ガール       キム・ウンジュ     → ウェンディ ビューティフル・アメリカン・ガール       パク・チウン      → バーバラ ビューティフル・アメリカン・ガール       オ・ギョンファ     → ジュリア ビューティフル・アメリカン・ガール       イ・ウンビ       → 舞踏会 ダンサー       コ・スビン       → 舞踏会 ダンサー       キム・ダヒョン     → 舞踏会 ダンサー       キム・ユリ       → 舞踏会 ダンサー       キム・ジヒョン     → 舞踏会 ダンサー       キム・ジヘ       → 舞踏会 ダンサー       ソン・ミンソン     → 舞踏会 ダンサー       ユ・ジス        → 舞踏会 ダンサー       イム・スヨン      → 舞踏会 ダンサー       チョン・ミンジョン   → 舞踏会 ダンサー       チョへナ        → 舞踏会 ダンサー       チャ・ジェウン     → 舞踏会 ダンサー       Jamie Horan       → 副官1       Thomas Fredrickson    → 副官2       Matthew D'Arcy      → ジェイミー 組員       Jonah Kalani Aki     → ジェイミー 組員       Ryan Maurer       → ジェイミー 組員       Jason Cutler       → 米憲兵 グレッグ       Bucco Bryan Thomas    → 舞踏会 米軍       Darin Spencer Shaw   → 舞踏会 米軍       Michael Moses      → ジェイミーの上官       Arens Daniel Robert   → ビョンサム 殴打 米軍       Desjarlais Brent Owen  → メファ 相手 米軍       Josh Kroot        → 赤十字 記者       チョ・ギョンヒョン   → 作業班長       ペ・ハニョン      → 歌俳優       イム・チェソン     → 武器庫 イム先生 元小学校の先生       チェ・ウォン      → 冷麺屋 キム社長       チン・ヨンウク     → 調理長       イ・スンチョル     → 調理部       キム・ソンデ      → 調理部       カン・ジョニョン    → 調理部       カン・ギルウ      → リンチ 捕虜       チェ・ミヌ       → サムシク リンチ 捕虜       キム・ギュベク     → バレーボール 捕虜       イ・ファンジン     → せむし男 捕虜       ペク・イングォン    → 毛布 捕虜       クォン・オユル     → 毛布 捕虜       ファン・スンヒョン   → 毛布 捕虜       キム・テスン      → 新任 指導部       キム・ゴヌ       → 新任 指導部       キム・ギョンタク    → 新任 指導部       ユン・ソクファン    → 新任 指導部       パク・チェウォン    → 旧幹部級 捕虜       ヨム・ソンム      → 指導部 大佐       ホ・デウク       → 親共指導部       キム・テギョム     → 親共指導部       チョン・ジェヒョン   → 応援団 リーダー       キム・ヒサン      → 応援団 プチャン       チョン・ソンファン   → 応援団       イ・テヨン       → 応援団       ユン・ジョンノ     → 応援団       チャン・ミヌク     → 応援団       パク・ソンジョン    → 応援団       キム・ジョンテ     → サッカーチーム       チェ・ウニョン     → サッカーチーム       イ・ドンヒョン     → サッカーチーム       イ・ルタム       → サッカーチーム       ク・ミニョク      → キャスター       イ・ジョンヒョン    → ロ・ギスのファン       シン・ドンヨル     → ヴァイオリン 演奏者       シン・モギョン     → 女性捕虜       イ・スア        → 女性捕虜       アン・ヒジン      → 女性捕虜       カン・ナラ       → 女性捕虜       チェ・ソングク     → 送還審査 捕虜       イ・リョンファ     → 送還審査 捕虜       イ・ウンギル      → 送還審査 捕虜       チョン・ミヌ      → 送還審査 捕虜       イ・スンフン      → 国軍哨兵 / ロギジン 声帯模写       コ・チャンヒ      → 国軍哨兵       キム・ジョンウォン   → 国軍哨兵       パク・スンジュン    → シンジャク路 子供 サンジュ       キム・シホ       → シンジャク路 住民       パク・サンピル     → シンジャク路 子供       カン・ジウォン     → シンジャク路 子供       カン・シウォン     → シンジャク路 子供       オク・ヘリン      → パンネ 妹       キム・テヒョン     → パンネ 弟       パク・イェウォン    → パンネ 妹       カン・ソンホ      → バンド 楽長       イ・サンフン      → バンド ドラム       キム・ソクチョル    → バンド ギター       ソン・スンフン     → バンド ベース       チェ・ジニョン     → バンド トランペット       キム・ジス       → バンド トロンボーン       オ・デヨン       → バンド サキソフォン       キム・リスン      → バンド サキソフォン       キム・スミン      → ジャクソン夫人       キム・デヨン      → 固定親共捕虜       キム・ドンミン     → 固定親共捕虜       キム・ボソプ      → 固定親共捕虜       キム・オンス      → 固定親共捕虜       キム・ウォヌン     → 固定親共捕虜       キム・ハヌル      → 固定親共捕虜       キム・ヒョソン     → 固定親共捕虜       パク・ヨンス      → 固定親共捕虜       オ・レヨン       → 固定親共捕虜       イ・ギョンウク     → 固定親共捕虜       イ・ヨソプ       → 固定親共捕虜       イ・インピョ      → 固定親共捕虜       イ・ジェソク      → 固定親共捕虜       イム・ヒョンチョル   → 固定親共捕虜       チャン・ボギョン    → 固定親共捕虜       チャン・ジミン     → 固定親共捕虜       チョン・セム      → 固定親共捕虜       チェ・ウシク      → 固定親共捕虜       ハン・ギルジェ     → 固定親共捕虜       ハン・チャンホン    → 固定親共捕虜       コ・テユン       → 固定反共捕虜       キム・シウォン     → 固定反共捕虜       キム・チュンシク    → 固定反共捕虜       キム・テユン      → 固定反共捕虜       パク・ウニョク     → 固定反共捕虜       パク・チュンス     → 固定反共捕虜       パク・チャヌ      → 固定反共捕虜       ペク・チフン      → 固定反共捕虜       ソ・イェヒョン     → 固定反共捕虜       オ・ウンジン      → 固定反共捕虜       ウ・ドンヒョク     → 固定反共捕虜       イム・ジュヨン     → 固定反共捕虜       チャン・ミンジュン   → 固定反共捕虜       チャン・スンヒョン   → 固定反共捕虜       チャン・ジフン     → 固定反共捕虜       チ・ヒジェ       → 固定反共捕虜       チェ・ゴニ       → 固定反共捕虜       ハ・デヨン       → 固定反共捕虜       ハン・テヤン      → 固定反共捕虜       ファン・ソンホ     → 固定反共捕虜       ナ・ギョンジン     → コジェ(巨済)島 ガイド       シン・ジフン      → ロギジン 足代役       カン・ドンギュン    → シャオパン 息の音       Nowell Joseph Allen   → ニュース映像 ナレーション       Jerry Park       → 米軍       Robert Jung       → 米軍       Brian Kim        → 米軍       特別出演       キム・ミンジェ     → ロ・ギジン 声       武術チーム      クォン・ジフン [受 賞] 2019 第28回 釜日映画賞/美術・技術賞(パク・イリョン)、人気スター賞(ト・ギョンス)       2019 第39回 韓国映画評論家協会賞/音楽賞(キム・ジュンソク)、技術賞(パク・イリョン)       2019 第39回 黄金撮影賞授賞式/新人女優賞(パク・ヘス)      2019 第6回 韓国映画制作家協会賞/男優助演賞(オ・ジョンセ)、音楽賞(キム・ジュンソク) [映 画 祭]  [時 間] 133分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] アンナプルナフィルム(ANNAPURNA FILMS) [制 作 費]  [D V D] TCエンタテインメント(Blu-ray 5,200円+税 DVD 4,200円+税)2020/8/5発売 [レンタル]  [H P] http://klockworx-asia.com/swingkids/(日本) [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화(映画)から引用       About Movie-1       <スウィングキッズ>は、1951年のコジェ(巨済)捕虜収容所、ただ踊りに対する情熱で       一丸となって固く団結した烏合の衆ダンス団'スウィングキッズ'の胸が躍る誕生期を描いた       映画だ。       朝鮮戦争当時、従軍記者ヴェルナー・ビショップ(Werner Bischof)が、コジェ(巨済)捕       虜収容所で、覆面をかぶったまま自由の女神像の前で踊っている捕虜を撮影した写真一枚か       ら始まった創作ミュージカル<ロ・ギス>をモチーフに、カン・ヒョンチョル監督が再創造       した映画<スウィングキッズ>は、‘朝鮮戦争’という最も悲しい歴史と‘踊り’という最も       楽しい素材の異質な組み合わせを通じて、以前になかった面白味と見どころをプレゼントす       る。       それぞれ別の理由でダンス団に合流した、南(韓国)ー北(北朝鮮)ー美(米国)ー中(中       国)の五つのキャラクターの愛らしい個性とアンサンブルは、愉快な笑いを作って、ただ踊       りに対する情熱一つで徐々に手足を合わせていく彼らの話は、ドラマチックな展開で面白味       を拡張する。       ここに若い俳優が作り出す爆発的なエネルギー、聞くだけで胸が躍るブロックバスター級名       曲らとタップダンスの派手なパフォーマンスがより増した<スウィングキッズ>は、今まで見       られなかった韓国映画の新しい一頁を開いて、観客の足と肩を揺らせる。       それだけでなく、<スウィングキッズ>は、それぞれ違う理念に分かれて尖鋭に対立した悲劇       的な歴史の中で、国籍、言語、全てのものが違うが、踊りに対する夢で一つのチームになっ       ていくスウィングキッズダンス団の姿を通じて、戦争で犠牲になるほかはなかった人間の情       熱と幸福、葛藤と痛みに対する話題を投げて、重たい響きを伝える。       捕虜収容所内のタップダンス団という風変わりな素材を独創的なストーリーテリングで解き       ほぐしたカン・ヒョンチョル監督特有の演出力に、世代を貫く共感と面白味がより増した       <スウィングキッズ>は、今年の年末劇場街に熱い笑いと感動を伝播するだろう。       Production Note-1       1950年代の朝鮮戦争による捕虜を受け入れるために国連軍管轄下に慶尚南道コジェ(巨       済)市に設置されたコジェ(巨済)捕虜収容所は、12平方km(360万坪)に達する大き       さに、約17万人に達する捕虜を受け入れた国内最大規模の捕虜収容所であった。       南(韓国)ー北(北朝鮮)ー美(米国)ー中(中国)、色々な国家の文化が混在するエキゾ       チックな空間であるコジェ(巨済)捕虜収容所を再現するのは、<スウィングキッズ>制作ス       タッフにとって最も重要な課題の中の一つであった。       このためにパク・イリョン美術監督は、初期準備段階から全国あちこちを見回して撮影場所       を探すために心血を注いだし、ついに江原道サムチョク(三陟)に適合した敷地を捜し出し       た。       独特の色の土壌、エキゾチックな形態の木など、当時コジェド(巨済島)の自然背景と似た       敷地を捜し出した制作スタッフは、200人余りの人材を投入、3か月間の施工を経て、1       万坪規模のオープンセットを制作した。       コジェ(巨済)捕虜収容所の映像記録物、従軍記者と駐韓米軍の写真など、多様な考証資料       に基づいて制作されたセットは、共産党シンパ捕虜収容棟幕舎、米軍棟練兵場、講堂舞踏会       場、補給倉庫、野戦病院に至るまで、コジェ(巨済)捕虜収容所の空間一つ一つを繊細に実       現した。       スウィングキッズダンス団のトラブルメーカー‘ロ・ギス’が生活する共産党シンパ捕虜収       容棟幕舎は、プロパガンダの露骨なカラーと鉄条網構造物を通じて強烈な空間としてで完成       した。       また、当時共産党シンパ捕虜が自給自足して生活必需品を直接作って生活した事実に基づい       て、すべての衣装に捕虜を意味する‘PW’をペイントで一つ一つ書いて、色が褪せたよう       にするなど、小道具と衣装にハンドメイドの質感を生かしてリアリティーを加えた。       米軍棟練兵場は、1950年代のアメリカ・ポップアートの多彩なカラーと国防色の対比を       通じてエキゾチックな空間として誕生した。       50年代のキャンベルスープ、コカコーラ、バドワイザーのような小道具から、荒々しく再       現された自由の女神像、米軍が実際に着用したギャリソン帽子(Garrison cap)など、当時       のアメリカ文化をそっくり表わそうとした。       スウィングキッズダンス団の主舞台になる講堂舞踏会場は、映画的設定とコンセプトを加え       た空間として半円形の構造と青灰色の色感を通じて、捕虜収容所内の他の空間とは差別点を       置いた。       講堂の内部は、昼と夜の対比を強調した。       スウィングキッズダンス団が練習をする昼間には、自然に光が入ってこれるように窓の構造       に心血を注いだし、舞踏会が開かれる夜には、大型ミラーボールと多彩な色感の衣装を通じ       て1950年代の米軍社交パーティーの雰囲気を表現した。       このように、1950年代の朝鮮戦争の真最中、多様な文化が混在したコジェ(巨済)捕虜       収容所を高い完成度のセットを通じて表現し遂げた<スウィングキッズ>は、観客に実際のコ       ジェ(巨済)捕虜収容所に来ているような生々しさを体験させるだろう。


プラウザの「戻る」で戻ってください。