輝国山人の韓国映画
<Home>へ

完璧な他人    DVD発売

完璧に見えるカップルの集いで携帯電話に来る電話、メール、カカオトークをすべて強制的に公開するというゲームで起こる予測不可能の話

「夕食を食べる間、やってくるすべてのものを共有するんだ。」

電話、メール、カカオトーク、Eメールに関係なくすべて。

久しぶりのカップルの集いで、ひとりがゲームを提案する。

すぐに各自の携帯電話をテーブルの上に上げておいて、通話内容からメールとEメールまで全部共有しようということ。

快くゲームを始めることになった彼らの秘密が、携帯電話を通じてばれながら、初めにゲームを提案したものとは全く違う、想像できない結末に流れていき、想像したすべての予測がはずれる。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2018年 [韓国封切] 2018年10月31日 [観覧人員]  [原 題] 完璧な他人 완벽한 타인 [英 語 題] Intimate Strangers [日 本 題] 完璧な他人 [日本公開] 2019年11月15日 [ジャンル] ドラマ、コメディ [原 作]  [P  D] イ・ヨンナム [脚 本] ペ・セヨン [脚 色] イ・ジェギュ、チン・ギョン [監 督] イ・ジェギュ [第3作] [助 監 督] キム・ナムス [撮  影] キム・ソンアン [照  明] イ・チョロ [音 楽] ムーグ(Mowg)、ウジュ [美 術] チョ・ファソン、パク・ギュビン [武 術] なし [出 演] ユ・ヘジン     → テス カン・テス 弁護士       チョ・ジヌン    → ソクホ チョン・ソクホ 形成外科医       イ・ソジン     → チュンモ ホ・ジュンモ 事業家       ヨム・ジョンア   → スヒョン ホン・スヒョン テスの妻 専業主婦       キム・ジス     → イェジン ソクホの妻 精神科医       ソン・ハユン    → セギョン チュンモの妻 獣医       ユン・ギョンホ   → ヨンベ 元 体育教師       チウ        → ソヨン ソクホとイェジンの娘       声出演       イ・スンジェ    → ヨンベの父 声 元ソクチョ(束草)高校校長       イ・ドギョン    → イェジンの父 声       ラ・ミラン     → キム・ソウォル 声 スヒョンの友だち 本名:パク・トンスク       チョ・ジョンソク  → ヨヌ 声 セギョンの元彼       チョ・ダルファン  → カン・ギョンジュン刑事 声 ソクチョ(束草)警察署 知能犯捜査チーム       キム・ミンギョ   → ミンス 声 ヨンベの恋人       チェ・ユファ    → ソ・チェヨン 声 チュンモのレストランのマネージャー       チョン・ソギョン  → チュンモの友だち 声       チン・ソンギュ   → フェイスブック男 声       出演             チャン・デウン   → 幼いテス       ファン・ジェウォン → 幼いソクホ       チョン・ジフン   → 幼いチュンモ       チョン・チャンビン → 幼いスンデ       チェ・ソンジャ   → テスの母       チョン・ミンギュ  → チンソ テスとスヒョンの息子       ユン・ソッコ    → チンチョル テスとスヒョンの息子       シン・ジュア    → チニ テスとスヒョンの娘       チョン・サンファン → 老夫婦 おじいさん       ユン・イナム    → 老夫婦 おばあさん       イ・ギナム     → テスの父 [受 賞] 2019 第39回 韓国映画評論家協会賞/会員選定ベスト10      2019 第39回 黄金撮影賞授賞式/最優秀男優助演賞(ユン・ギョンホ)                      撮影監督が選定した女子人気賞(ソン・ハユン)                     照明賞(イ・チョロ)      2019 第3回 シン(申)フィルム芸術映画祭/チェ・ウニ映画俳優賞(ヨム・ジョンア) [映 画 祭]  [時 間] 115分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・チョルス、パク・チュンソ [制作会社] フィルムモンスター(FILM MONSTER) [共同制作] ドラマハウス(DRAMA HOUSE) [制 作 費]  [D V D] ポニーキャニオン(DVD 3,800円+税)2020/3/4発売 [レンタル]  [H P] 終了(日本) [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] ○ HOT ISSUE         私の携帯電話が隣の人に公開されるならば?         私たちもできる、完璧な他人!         想像で始めた想像以上の映画誕生!       #1 完璧な俳優のケミストリー(共感)が炸裂する!         ユ・ヘジン、チョ・ジヌン、イ・ソジン、ヨム・ジョンア、キム・ジス、ソン・ハユン、ユン・ギョンホ         スクリーンで見られなかった新しい組み合わせに会う!         観客に携帯電話をぎゅっと握りたくさせる映画が誕生した。10月31日封切りする<完璧な他人>だ。         映画<完璧な他人>は、完璧に見えるカップルの集いで限定された時間の間、携帯電話に来る電話、メール、         カカオトークを強制的に公開しなければならないゲームのために広がる予測を許さない話を描く。         現代人の必需品である携帯電話を素材として、完璧な友人たちが完璧な他人になる決定的危機を迎えるよう         にさせる「携帯電話ロック解除ゲーム」を入れて、「私の携帯電話が隣の人に公開されるならば?」という         想像で始めて、想像以上の話が繰り広げられることになる。         <完璧な他人>の舞台である夕食には、40年親交の故郷友人たちとその友人たちの配偶者で構成された7人         の人物が共にする。         互いに違う生活を送って、各自の話せない秘密を抱いた7人の友人たちを完成するために、大韓民国最高の         俳優が一つになった。         最高の演技信頼度を自慢する七人の俳優は、今回の映画で初めて会う組み合わせであることが信じられない         ほどの演技力とケミストリー(共感)で完璧な友人たちに変身した。         まず、かちかちの正しい生活標本、弁護士テス役は、ユ・ヘジンが引き受けた。         約700万人の観客を動員した<LUCK-KEY ラッキー>をはじめ、代替不可であるコメディの匠として立証され         たユ・ヘジンは、今回の映画で無愛想で保守的な人物ながらも、明らかにすることはできない秘密まで持つ         弁護士に変身して完璧な熱演を繰り広げた。         友だちの集いのリーダーである成形名医ソクホは、重みがある存在感のチョ・ジヌンが演技して、2018年         <毒戦 BELIEVER>、<工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男>に続き、何と興行3連打を         予熱し始めた。         芸能番組での大活躍で全国民的な愛を受けている俳優イ・ソジンは、愛があふれる花中年レストラン社長チ         ュンモに変身、多情多感なイメージを越えて、これまでに見られなかった恋愛屋キャラクターとして熱演を         繰り広げる。         文学に陥った家庭主婦スヒョンは、俳優ヨム・ジョンアが引き受けて、ユ・ヘジンのテスと目を離すことが         できない熱演対決を繰り広げて映画のクライマックスを完成した。         ロック解除ゲームを一番最初に提案した精神科医師イェジンは、キム・ジスが演技して、年初ドラマ<花遊         記>に続き、下半期の劇場まで渉猟する展望だ。         イ・ソジンのチュンモとイチャイチャコンビを完成した純粋な獣医師セギョンを演技した俳優ソン・ハユン         は、荒っぽい魅力をリリースする。         そして、友だちの集いに最も最後に登場するヨンベは、疑いの余地ない演技力を持つ俳優ユン・ギョンホが         演技した。         このように名前だけでも信頼感が高空上昇する俳優7人の爆発的演技の晩餐は、<完璧な他人>で会うこと         ができる。       #2 完璧な面白さの演出が炸裂する!         「嬖人(へいじん=お気に入りの人)養成保障」イ・ジェギュ監督の画期的挑戦!         すべての予測がはずれるストーリーに没頭しなさい!         映画<完璧な他人>は、制作段階から完璧なキャスティングと画期的な素材で注目されていた。         お互いに秘密がないと信じる近い友人たちの間で夕食をする間、携帯電話のすべての内容を公開するならば         どんなことが発生するか、そして‘私’は、私の携帯電話を誰かに公開できるだろうかと思う移入と想像が         作った結果だ。         映画の演出は、<チェオクの剣>、<ベートーベン・ウイルス>など、多数の「嬖人(へいじん=お気に入         りの人)」を養成した興行ドラマで演出力と興行性を認められたイ・ジェギュ監督が引き受けた。         <王の涙 −イ・サンの決断−>(2014)以後、4年ぶりに感覚的な作品でカムバックした彼を信じて、長い         間の縁がある俳優から新しく会う俳優まで、歴代級組み合わせキャスティングが完成された。         イ・ジェギュ監督は、俳優1人1人キャラクターと適格な場合から、驚くほどの反転キャスティングまで鋭く         配置した。         俳優はもちろん、監督、スタッフとのケミストリー(共感)まで十分発揮された<完璧な他人>現場の完璧な         ケミストリー(共感)が、映画にそのまま溶けて入って状況が作る自然な笑いを誘発する。         完璧なストーリーのために、多数のコメディ映画と<SNLコリア>など、コメディジャンル作品で活躍して         きたベテラン、ペ・セヨン作家が合流した。         映画の中の友人たちの故郷である束草(ソクチョ)で、イ・ジェギュ監督と共に会議をしたりもしたペ・セヨ         ン作家は、<完璧な他人>キャラクターの個性とせりふに注力して、現実にあるような粘っこいせりふで共感         と笑いを引き出す。         このように完成された脚本が、イ・ジェギュ監督だけの繊細な演出と大韓民国最高の俳優に会って、世の中に         なかったゲームの開始を知らせる。         <完璧な他人>は、完璧な反転に反転を繰り返すストーリーで没入度を高めた。         電話のベルが鳴るたびに7人が隠してきた秘密が一つ一つ明らかになって、危機を迎えた俳優の圧倒的な表情         演技がクローズアップされて、カメラにいっぱい入れられる。         予測を許さない反転が起きるたびに、本能に近く反応する俳優の姿は観客を自然に彼らの夕食に集中するよう         にさせる。         限定された視空間の中、俳優たちの演技に集中度を高めるために、イ・ジェギュ監督とスタッフは、カメラの         動きと食卓の上の食べ物まで細かく演出したし、俳優は、自由な雰囲気の中で適材適所のアドリブで最適な演         技を完成していった。         人々は、個人的な人生、公的な人生、そして家族も友だちも誰も知らない秘密の生活を送るようだとイ・ジェ         ギュ監督は話す。         卓越した演出と緻密な構成で描き出した<完璧な他人>のコメディの中、イ・ジェギュ監督の「秘密」に対す         るおもしろい接近を確認することができる。       #3 完璧な観客共感が炸裂する!         世の中に秘密のない人はいない。         誰でも携帯電話をぎゅっと握りたくなる映画が誕生!         事前非公開モニター試写満足度4.4(5点満点基準)の大記録を達成して自信を見せる映画<完璧な他人>         このような高い点数は俳優の驚くべき演技とケミストリー(不思議な力)、そして話の完璧な共感で可能だっ         た。         映画<完璧な他人>の「携帯電話ロック解除ゲーム」について出演した俳優は、口をそろえて「実際には絶対         しないだろう」と話す。         没入度が高い俳優の演技と画期的な素材、‘ウップン’状況の饗宴は、映画を観覧する観客にも同じ確約を誘         導する。         映画の中7人の友人たちは、少ない人は一つずつ、多くていくつかずつの秘密を大事にしまっている。         友だちに秘密にした日程、他の人にした後日談、収拾しようと努力中なので、まだ配偶者に話さない問題など、         小さいことから始まった秘密は、他人事でない。         映画を鑑賞する観客は、世代を問わず、自然に自身の携帯電話中にあるメッセージとSNSを、誰かとの通話         内容を連想することになるだろう。         とても日常的な夕食から始まって破格的に展開する話の中、「世の中に秘密がない人はいない」というメッセ         ージは、誰でも首を縦に振るようにする。         俳優イ・ソジンは、「わけもなく<完璧な他人>のために決別したというカップルが出てこなければいいけど」         チョ・ジヌンは、「絶対まねしてはいけない」と何度も繰り返して頼みこんだ。         <完璧な他人>の中、携帯電話ロック解除ゲームは、それくらい危険ながらも、それくらい普遍的だ。         映画の脚本を引き受けたペ・セヨン作家は、「携帯電話に入っているメッセージを消す習慣ができた」と話し         て、<完璧な他人>が持つ余波を暗示したし、まだ見ていない観客は、早くから「酒ゲームとしてやってみる         のはどうだろうか」など、自分の状況に代入して映画に対する期待を高めている。         映画の中、ソクホ(チョ・ジヌン)の「世の中には完璧な人々はいないが、この携帯電話はとても多くのもの         を持っている」という言葉は、素材の普遍性を話す。         完璧な友人たちが完璧な他人になっていく状況の中、携帯電話を持つ多くの観客たちは、やはり話せない秘密         について、そしてお互いにどれだけの自分を共有できるかについて悩んで劇場を出ることになるだろう。       #4 完璧な電話の中の声!         イ・スンジェ、ラ・ミラン、チョ・ジョンソク、チョ・ダルファン、チン・ソンギュまで         びっくりする声、受話器の向こう側に特級出演!         <完璧な他人>のまた別の主人公である携帯電話のベルが鳴れば、うれしい声が登場する。         大韓民国最高の俳優たちと一緒に、イ・スンジェ、ラ・ミラン、チョ・ジョンソク、チョ・ダルファン、チン         ・ソンギュなど、ブランド俳優が大挙、電話の中の声で特別出演した。         ある空間でずっと進行する話の中、変化の激しい電話の中の声は、たいへん重要だった。         どんな声がキャラクターを刺激できるか悩んだイ・ジェギュ監督と制作陣は、観客をびっくりさせることがで         きて、また、直ちに分かる声で映画を満たすために刻苦の努力を傾けた。         忙しいスケジュールの中でも<完璧な他人>のために合流した俳優は観客をざわざわさせるだろう。         まず、誰でも知っている大韓民国代表の声、俳優イ・スンジェが、ヨンベ(ユン・ギョンホ)のお父さんを演         技した。         同窓でもある4名の男友達の高等学校の先生でもあるヨンベのお父さん役を担ったイ・スンジェは、ソウル大         に行ったテス(ユ・ヘジン)、ソクホ(チョ・ジヌン)を自慢しながらも、チュンモ(イ・ソジン)を快く思         わない声まで完璧に消化した。         一気にイ・スンジェの声とわかった俳優たちは、実際、友だちのお父さんと対話するように難しいながらもう         れしそうな姿で電話の中の彼と疎通した。         ところかまわず速射砲のように話を吐き出してスヒョン(ヨム・ジョンア)をうろたえさせる文学クラスの友         達キム・ソウォルは、俳優ラ・ミランが演技した。         キム・ソウォルという名前からあふれる存在感を表わす彼女は、声だけでも、ヨム・ジョンアと親しい不思議         な力をリリースして、携帯電話の水洗礼というコミカルな場面が完成させた。         セギョン(ソン・ハユン)とチュンモ(イ・ソジン)の口げんかを誘発したセギョンの前ボーイフレンド、ヨ         ヌは、チョ・ジョンソクが引き受けた。         ヨヌのぶすっとした声としらじらしい語り口は、チョ・ジョンソクだけが消化することができた。         イ・ジェギュ監督は、チョ・ジョンソクの個性の強い声をキャスティング理由に選んだ。         撮影中、7人の俳優は、チョ・ジョンソクの声であることがわからなかったし、後ほど正体を明らかにした時、         びっくりしてうれしがったという後聞だ。         この他にも、容貌ぐらい印象的な声を演技したチョ・ダルファン、大勢俳優チン・ソンギュなどが<完璧な他         人>の受話器の向こう側で特級演技をした。         このように<完璧な他人>は、電話のベルが鳴るたびに新しい声の登場で推測する面白味まで備えた映画とし         て誕生した。       ○ PRODUCTION NOTE       1 彼らの家がキャラクターになる         ゲームが始まった空間デザインのビハインド         映画<完璧な他人>は、引っ越し祝いを背景に、ある空間で話を繰り広げる。         社会的に成功した医師夫婦ソクホ(チョ・ジヌン)とイェジン(キム・ジス)の家でもあるこの空間は、最初         は夫婦の姿を現わしたし、次には7人のキャラクターが調和することができるコンセプトの姿としてデザイン         された。         制作陣は、完璧な引っ越し祝いのために、シナリオに基づいて撮影段階を予測して、こまかいデザインで映画         の中の家を設計した。         このようなデザインは、3Dシミュレーションを経て空間と場面により人物の配置を描いたし、セットがすべ         て完成される前に一回目をあらかじめ消化してみる方式で俳優たちと監督、スタッフが参加したセットリハー         サルを進めるなど、徹底した事前準備を進めたし、最終的には、映画の中の7人の友人たちが集まる空間を全         体セットとして製作した。         映画の中、スヒョン(ヨム・ジョンア)が羨む高級家具でぎっしり埋まった家に対して映画のプロダクション         デザインを引き受けたチョ・ファソン美術監督は、「人生は豊かだが、疎通が不在の空間」をコンセプトにし         たと話す。         一緒に暮らしているけれど、多くの話を交わさないで、互いに共感しないこの空間は、また、私たちすべてが         生きていく家だという感じを与えるための小道具配置まで付け加えた。         ほとんどすべての事件が起きる四方形テーブルには、この寂しい空間の中でも、どうにか疎通が成り立つこと         ができるというメッセージを入れた。         映画の中に登場するテス(ユ・ヘジン)とスヒョン(ヨム・ジョンア)の家、チュンモ(イ・ソジン)とセギ         ョン(ソン・ハユン)の家もまた、各夫婦の特徴を入れた。         テスとスヒョンの家は、「葛藤でない葛藤を味わうしかない形態」が目標であった。         三代が共に、子供たちまで六人が共に住んでいる家は、夫婦の犠牲が成り立つ空間という印象を入れたし、テ         スとスヒョンそれぞれの部屋に光を当てることによって、彼らの葛藤と対話する時間がない中産層夫婦という         階層を暗示した。         チュンモとセギョンの家は、比較的若い夫婦の家なのがあらわれるように、明るい照明を付与した。         限りない愛よりは瞬間的な感情で結婚しそうな新婚夫婦の感じを与えるために、安定感がなくて現在に忠実な         ワンルーム印象の空間としてデザインされた。         一つの空間で話を作る作業は、苦痛なほどだったとチョ・ファソン美術監督は明らかにした。         2時間の間、同じ空間にありながらも、観客が集中できる環境のために制作陣が投与した努力は、引っ越し祝         いの場所が一つのキャラクターになる結果として誕生して<完璧な他人>だけの日常的ながらもきわどい雰囲         気を形成している。       2 1月間の夕食のための準備         完璧ディテールのディナーテーブル         映画の中、4名の男友達は、束草(ソクチョ)出身だ。         2時間の間の一夜晩餐であり、一月間続く食事のために、<完璧な他人>制作陣は、束草(ソクチョ)名物で         食卓を構成した。         <完璧な他人>のイ・ジェギュ監督、ペ・セヨン作家をはじめとする主な制作陣は、一緒に束草(ソクチョ)         で企画会議を行い、そこで人物たちが束草(ソクチョ)で育ったという背景を設定した。         引っ越し祝いを舞台にするだけに多様な食べ物が必要だったし、制作陣は、7人のキャラクターが集まって食         べる食物のディテールを企画した。         束草(ソクチョ)の名物であるミョンテフェムチム(スケトウダラの刺身の和え物)、タッカンジョン(甘辛         だれの鶏から揚げ)、ムルコムタン(冷たい牛肉スープ)、アバイ(お爺さん)スンデ(腸詰)など、多様な         食べ物が映画の中の人物の感嘆と共に食卓を埋め始めた。         1月間持続した撮影のために、映画のフードチームは、食べ物の温度と位置を維持するために刻苦の努力を期         した。         俳優の老練な演技は、やはり食べ物を食べる場面がより増して光る。         イ・ジェギュ監督は、「1か月ずっと食べ物を食べなければならないのは大変な演技だが、それでも本物の食         べ物を食べれば良いだろう」と伝えたし、俳優たちは、久しぶりに会った友人たちが故郷の食べ物を食べる姿         がリアルに入いるように願った監督の意図により、実際、食事を抜きながらも撮影中に食べ物をずっと食べて         撮影に臨んだ。         ここに撮影が終わった後、撮影地である全羅道クァンジュ(光州)の美味しい店に一緒に訪ねた俳優は、カメ         ラ前後での食事を通じて今回の映画で初めて会った俳優が大部分であることが信じられないほどの親しいケミ         ストリー(共感)を完成していった。         ディナーテーブルの上には、食べ物と共に7人のキャラクターのそれぞれ違う携帯電話が置かれた。         <完璧な他人>のまた別の主要キャラクターである携帯電話は、キャラクターの性格による特徴を付与しなけ         ればならなかったし、イ・ジェギュ監督は、これについて、「衣装や扮装よりさらに気を遣ったのが携帯電話」         である程度だと自信を持つ。         それぞれのキャラクターが持っている携帯電話は、その人々が生きてきた人生と現在を代弁できるように無数         の会議を経て決定された。         携帯電話の機種を選んで、旧バージョンと新バージョンを選んで、携帯電話のケース状態と待ち受け画面、着         信音など数多くのディテールが装着された7個の携帯電話は、それぞれ必要なタイミングにアラームと着信音         で存在感を刻印する。         1か月の間のコンパクトな撮影のためにセットと導線、食卓の上の食べ物と携帯電話まで、<完璧な他人>は、         徹底した準備で完璧なディテールを構築した。         ただ一夜の間に起きたことを十分に信頼性のある繊細な映画の中、多様な要素に注意を注いでもいいだろう。        (以上、ネイバー(NAVER)映画より引用 https://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=167638 ) 


プラウザの「戻る」で戻ってください。