輝国山人の韓国映画
<Home>へ

太陽を抱く月    テレビドラマ

朝鮮時代の架空の王イ・フォンと巫女ウォルの切ない愛を描いたドラマ

[制 作 年] 2012年
[韓国放送] MBCテレビ 2012年1月4日〜3月15日
[日本放送] 
[原    題] 太陽を抱く月 해를 품은 달
[英 語 題] The Moon Embracing the Sun
[ジャンル] ドラマ
[原    作] チョン・ウングォル 「太陽を抱いた月」
[脚    本] チン・スワン
[演  出] キム・ドフン,イ・ソンジュン
[助 演 出] パク・チヒョン,ヒョン・ソリプ
[撮  影] キム・ソニル,チョン・スンウ
[照  明] チョン・ホングン,キム・ジェフン(ライトワン)
[音    楽] キム・ジュンソク,チョン・セリン
[美    術] チン・ビョンシク
[武    術] ヤン・ギリョン
[シリーズ] ミニシリーズ 全20話
[制 作 者] ムン・ジョンス
[制作会社] MBC/パン・エンターテインメント
[制 作 費] 
[受    賞] 2012 MBC演技大賞 今年のドラマ賞
                男子児役賞(ヨ・ジング)
                女子児役賞(キム・ユジョンキム・ソヒョン)
                今年の作家賞(チン・スワン)
                女子黄金演技賞(ヤン・ミギョン)
                男女人気賞(キム・スヒョン)
                ミニシリーズ部門 男子最優秀演技賞(キム・スヒョン)
                ミニシリーズ部門 女子最優秀演技賞(ハン・ガイン)
      2012 第48回 百想芸術大賞/テレビ部門 ドラマ作品賞
[D V D] 
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 慶尚北道 ムンギョン(聞慶)セジェ・オープンセット場
      韓国民俗村 南部地方の大家9号・44号,チュンヒョン(忠賢)書院,商店街,木橋
      京畿道 ヨンイン(龍仁) テジャングム(大長今)パーク(旧:MBCドラミア)
      スウォン(水原)ファソン(華城)ヘングン(行宮)
      ナマンサンソン(南漢山城)
      ソンビ村
      キョンボックン(景福宮)

[Private ] Blu-ray Disc [出 演] 【 】は,幼,若年期の配役 ハン・ガイン   → ホ・ヨヌ(許煙雨) ホ・ヨンジェの娘 セジャビン(世子嬪) 【キム・ユジョン】   ウォル(月) ムニョ(巫女) キム・スヒョン  → イ・フォン(李暄) 【ヨ・ジング】     ソンジョ(成祖)大王の息子 【     】     セジャ(世子)             国王  チョン・イル   → イ・ヤンミョン(李陽明) ヤンミョングン(陽明君) 【イ・ミノ】      フォンの腹違いの兄 【キム・ジンソン】   ソンジョ(成祖)大王の側室ヒビン(禧嬪)パク(朴)氏の息子 【キム・ジュンソン】  キム・ミンソ   → ユン・ボギョン(尹寶鏡) 【キム・ソヒョン】   ユン・デヒョンの娘 ソン・ジェヒ   → ホ・ヨム(許炎) 【イム・シワン】       ヨヌの兄 ホ・ヨンジェの息子 【キム・ジヌ】     セジャシガンウォン(世子侍講院)のムナク(文学) 正五品             ミナ王女の夫 ウィビン(儀賓:王の婿の意) ソン・ジェリム  → ウン(雲) キム・ジェウン(金齊雲) 【イ・ウォングン】   フォンの側近でウンゴム(雲剣:王の護衛官) ユン・スンア   → ソル(雪) 実名はイニョン 【ソ・ジヒ】      ヨヌの家の使用人 奴婢 ソヌ・ジェドク  → ホ・ヨンジェ 【原作:ホ・ミンギュ】             ヨヌとヨムの父             テサガン(大司諫)             ホンムングァン(弘文館)テジェハク(大提学) 正二品             サリム(士林)派  ヤン・ミギョン  → チョンギョン(貞敬)夫人シン氏             ヨヌの母 キム・ヨンエ   → 大王大妃ユン(尹)氏             フォンの祖母            勲旧派 アン・ネサン   → ソンジョ(成祖)大王             フォンの父             朝鮮王朝の王 キム・ソンギョン → 大妃ハン氏             フォンの母 ナム・ボラ    → ミナ(旼花)王女 【チン・ジヒ】     フォンの妹 ソンジョ(成祖)大王の娘            ホ・ヨム(許炎)の妻 キム・ウンス   → ユン・デヒョン             大王大妃の側近 勲旧派             イジョパンソ(吏曺判書)             ヨンウィジョン(領議政)            パピョン(坡平)プウォングン(府院君) クック(国舅) チョン・ミソン  → チャン・ノギョン             トムニョ(都巫女)             ソンスチョン(星宿庁)のクンム(国巫) チョン・ウンピョ → チャ・ヒョンソン             フォン付きのネグァン(内官)             テジョン(大殿)サンソン(尚膳) キム・イェリョン → ヒビン(禧嬪)パク(朴)氏             ソンジョ(成祖)大王の側室             ヤンミョングン(陽明君)の母 ユン・ヒソク   → ホン・ギュテ             ウィグムブ(義禁府)トサ(都事) チュ・グィジョン → チョ尚宮(サングン)             ユン・ボギョン付き尚宮 イ・ヨンシル   → パク尚宮(サングン)             大王大妃付き尚宮 パク・ヘジン   → ノ尚宮(サングン)             世子嬪ホ・ヨヌ(許煙雨)付き尚宮   ペ・ヌリ     → チャンシル 【チョ・ミナ】     ムノビ(巫奴婢)             チャン・ノギョンの養女             キム・ミンギョン → ミン尚宮(サングン)             ミナ王女付き尚宮 ソ・ヒョンチョル → シム・サン             イジョ(吏曺)チャミ(参議) ユン・デヒョン派              トスンジ(都承旨) イ・スンヒョン  → ハン・ジェギル             ハンソンブ(漢城府)パニュン(判尹)=長官 ユン・デヒョン派             ピョンジョ(兵曺)パンソ(判書) キム・スンウク  → ユン・スチャン             ユン・デヒョンの年下のまたいとこ             ホジョ(戸曺)チャムパン(参判)              ホジョ(戸曺)パンソ(判書) チャン・ヒス   → キム氏夫人             ユン・デヒョンの妻             ユン・ボギョンの母 キム・イクテ   → へガク道士             ソギョクソ(昭格署)のトサ(道士) イ・ジョンフン  → オ・ヘソン             カンサンガム(観象監)の天文学教授 パク・キルス   → ムン・ジバン             カンサンガム(観象監)の地理学教授 キム・ミョングク → ナ・デギル             カンサンガム(観象監)の命課学教授 ソン・ホスン   → 執事 ハ・スホ     → ナルパリ(飛ぶ蝿) ノ・ジュンヒョク → ホウィ          → パク・インゴル          → チョンギョン(貞敬)夫人パク氏            ウンの養母 ユン・ヒソク   → ホン・ギュテ ソンギュングァン(成均館)の儒生代表            ウィグムブ(義禁府)の官吏 特別出演 チャン・ヨンナム → アリ(第1話)             ソンスチョン(星宿庁)のムニョ(巫女) チャン・ノギョンの友人 (第1話) エンドロール キム・ヨンエ   → 大王大妃ユン(尹)氏 フォンの祖母 キム・ウンス   → ユン・デヒョン 大王大妃の側近 ヤン・ミギョン  → チョンギョン(貞敬)夫人シン氏 ヨヌの母 チョン・ミソン  → チャン・ノギョン トムニョ(都巫女) キム・ソンギョン → 大妃ハン氏 フォンの母 キム・イェリョン → ヒビン(禧嬪)パク(朴)氏 ヤンミョングン(陽明君)の母 チョン・ウンピョ → チャ・ヒョンソン フォン付きのネグァン(内官) ユン・ヒソク   → ホン・ギュテ ソンギュングァン(成均館)の儒生代表 キム・スンウク  → ユン・スチャン ユン・デヒョンの年下のまたいとこ ソ・ヒョンチョル → シム・サン イジョ(吏曺)チャミ(参議) イ・スンヒョン  → ハン・ジェギル ハンソンブ(漢城府)パニュン(判尹)=長官 チョ・ムニ    → ソンジョ(成祖)大王時代の高官 チャン・ヒス   → キム氏夫人 ユン・ボギョンの母 キム・ミンギョン → ミン尚宮(サングン) ミナ王女付き尚宮 チュ・グィジョン → チョ尚宮(サングン) ユン・ボギョン付き尚宮 ソ・ヒジョン   → チョンギョン(貞敬)夫人シン氏の付き人 パク・ヘジン   → ノ尚宮(サングン) 世子嬪ホ・ヨヌ(許煙雨)付き尚宮 ソル・ジユン   →  イ・ヨンシル   → パク尚宮(サングン) 大王大妃付き尚宮 イ・ヨンソク   → ソンジョ(成祖)大王付きのサンソン(尚膳) キム・イクテ   → へガク道士 ソギョクソ(昭格署)のトサ(道士) ソン・ソングン  → ソンジョ(成祖)大王時代の高官 ホン・ジョンミン → チャン・ノギョンの付き人 ソ・ジヌク    → テサホン(大司憲)ホン・マノ(洪萬鎬) チン・ヨンボム  →  チョ・ヒ     → ウィグムブ(義禁府)の武官 イム・ジヨン   →  ウィ・ヤンホ   → 占い詐欺団の親玉 イ・サンフン   →  イ・ジュンリョル → 占い詐欺団の一味 イン・ソンホ   →  キル・グムソン  → 1〜3 キ・セヒョン   → 1〜3 キム・ミンジン  → 牢屋番 チャン・ジュノ  →  チャン・ムンソク → 検問をする武官 キム・ユアン   → フォンの手紙をヨヌに渡した女官 イム・ビョンウク →  特別出演 ソヌ・ジェドク  → ホ・ヨンジェ ヨヌとヨムの父 アン・ネサン   → ソンジョ(成祖)大王 フォンの父 チャン・ヨンナム → アリ ソンスチョン(星宿庁)のムニョ(巫女) チャン・ノギョンの友人  キム・ミョンス  → ウィソングン(義誠君) ソンジョ(成祖)大王の異母弟 ホン・ギョンヨン → ソンスチョン(星宿庁)のクンム(国巫)臨時代理 (第1・8・19話) 子役 ヨ・ジング    → イ・フォン(李暄) ソンジョ(成祖)大王の息子 キム・ユジョン  → ホ・ヨヌ(許煙雨) ホ・ヨンジェの娘 イ・ミノ     → イ・ヤンミョン(李陽明) ヤンミョングン(陽明君) チン・ジヒ    → ミナ(旼花)王女 フォンの妹 キム・ソヒョン  → ユン・ボギョン(宝鏡) ユン・デヒョンの娘 ソ・ジヒ     → ソル(雪) 実名はイニョン ヨヌの家の使用人 奴婢 イム・シワン   → ホ・ヨム(許炎) ヨヌの兄 ホ・ヨンジェの息子 イ・ウォングン  → ウン(雲) キム・ジェウン(金齊雲) フォンの側近でウンゴム(雲剣:王の護衛官) チョ・ミナ    → チャンシル ムノビ(巫奴婢) (第2話) エンドロール キム・ヨンエからホン・ジョンミンまで 子役 (第1話)と同じ チョン・ガンヒ  →  イム・ソンピョ  → テジョン(大殿)サンソン(尚膳) ホン・スンモ   →  ユ・ギョム    →  パク・ソニ    → ソンギュングァン(成均館)の賄いおばさん キル・グムソン  → 1〜3 キ・セヒョン   → 1〜3 特別出演 ソヌ・ジェドク  → ホ・ヨンジェ ヨヌとヨムの父 アン・ネサン   → ソンジョ(成祖)大王 フォンの父 チャン・ヨンナム → アリ ソンスチョン(星宿庁)のムニョ(巫女) チャン・ノギョンの友人  ホン・ギョンヨン → ソンスチョン(星宿庁)のクンム(国巫)臨時代理 (第1・8・19話) (第3話) エンドロール キム・ヨンエからホン・ジョンミンまで 子役 (第1話)と同じ キム・ヒョンジョン → フォンの手紙を引き受けた女官 イム・ソンピョ   → テジョン(大殿)サンソン(尚膳) キル・グムソン   → 1〜3 キ・セヒョン    → 1〜3 特別出演 ソヌ・ジェドク   → ホ・ヨンジェ ヨヌとヨムの父 アン・ネサン    → ソンジョ(成祖)大王 フォンの父 (第4話) イ・ヨンソク   → ソンジョ(成祖)大王付きのサンソン(尚膳) (第5話) ソン・ソングン  → ソンジョ(成祖)大王時代の高官 チョ・ムニ    → ソンジョ(成祖)大王時代の高官 キ・ヨノ     → ネイウォン(内医院)の医師 イ・グァンセ   → ヨヌの医師 (第5・13話) チュ・ドンヒ   → 護衛武官 コン・ジェウォン → 官僚 ソン・ホスン   → ソルを新たな雇い主へ連れて行く執事 (第7話) チョ・ジェリョン  → 王の行幸を警備する兵士  (第8話)          → ピ・ハンドル 少年の父 チョン・ドンギュ → イ・フォンの主治医 シン・ソニ    → ノギョンたちの家の近所の女 (第9話) ユン・ヨンモク  → 護衛武官 (第10話) チェ・ジェホ   → 護衛武官 (第11話) アン・ジャンフン → サンソン(尚膳)の使用人 (第12話) チョン・ソッキュ → トスンジ(都承旨)に報告する官僚 チャ・ヨンオク  → 医者を呼ぶよう言うサングン(尚宮) (第13話) イ・チャニョン  → ウィグムブ(義禁府)の官僚(第13〜15話)             ホン・ギュテの先輩 (第14話) ユ・ジェイク   → ヤンミョングン(陽明君)の使用人 イ・ボム     → ウォルを悪人に引き渡す役人 (第15話) ハン・チュニル  → ファリンソ(活人署)の医者 (第16話) ホ・ソネン    → ホ・ユム家の執事(第16・19話) ユ・スンミン   → ヤンミョングン(陽明君)をそそのかしにきた一味 (第20話) キム・ミンチェ  → チェ尚宮 イ・フォン付きのサングン(尚宮) カン・チャニャン → 宮女 チャン・ジュヨン → 宮女 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。