輝国山人の韓国映画
<Home>へ

星から来た男  劇場公開版   DVD発売

今は超能力を使うことができないスーパーマンだと言って,人々を助け,温暖化から地球を保護するために孤軍奮闘する不思議な男の話

放送プロダクションで<ヒューマン・ドキュメンタリー>を撮って3年目のソン・スジョンPD。ごり押しの涙と感動で同情心に訴える番組に嫌気がさした彼女は,いっそ「同情心ないアフリカのライオン」を撮ると言って,たまった月給の代わりに会社のカメラをくすねて出かける。

しかし,アフリカ撮影は,急に取り消しになり,泣きっ面にハチで,カメラまでひったくりにあった瞬間,どこからか現れたアロハシャツの男が,泥棒を追ってカメラを取り戻してくれる。

彼は,悪党が頭の中に入れたクリプトナイトために,現在は超能力を使うことができないという,自称スーパーマンと主張する男。スーパーマンは,女学校の前のバーバリーマン(コートの中の裸を見せる変態)を懲らしめたり,いなくなった犬を探すなど,つまらない,ささいな善行に熱中するかと思えば,北極が溶けると言って,地球を太陽から離すために逆立ちをするなど,とんでもない行動をいつも行っている。

スジョンは,まともな精神状態ではないようだが,目を引く彼をヒューマン・ドキュメンタリーの素材に利用しようかと考える。二日酔いに苦しめられ,家で横になっていたスジョンの前に,また,スーパーマンが現れる。スーパーマンは,真実を知らせるといって,怪物が出てくるという路地マンホールにスジョンを連れていくが,怪物どころか下水口の臭いが立ち込めるだけだ。

スジョンは,そこで頭にケガしたスーパーマンを病院に連れていくが,撮影したX線写真を見て,スーパーマンの頭の中に,何かが刺さっていることを知る。スジョンは,彼を集中取材することを決心するが,スーパーマンの本当の話が,冷徹な彼女の心をたたき始める。

[制 作 年] 2008年 [韓国封切] 2008年1月31日 [観覧人員]  [原 題] スーパーマンだった男 슈퍼맨이었던 사나이 [英 語 題] A MAN WHO WAS A SUPERMAN [ジャンル] コメディー,ドラマ [原 作] ユ・イラン [脚 本] キム・バダ,ユン・ジノ,チョン・ユンチョル [監 督] チョン・ユンチョル [第3作] [助 監 督] イ・ジョンホ [撮  影] チェ・ヨンファン [照  明] キム・ソングァン [音 楽] イ・ハンナ [美 術]  [武 術]  [出 演] ファン・ジョンミン → スーパーマン/イ・ヒョンソク(李賢釋)      チョン・ジヒョン  → ソン・スジョン PD 放送プロダクション      チン・ジヒ     → ヒジョン/ジヨン      キム・テソン    → ポン カメラマン 放送プロダクション      ト・ヨング     → 部長 放送プロダクション      ソヌ・ソン     → キム作家 放送プロダクション      ソ・ヨンファ    → ヒジョンの母/スーパーマンの妻      パク・ヨンス    → キム博士      ウ・ギホン     → ハ巡査      パク・チヌ     → 担当医      タク・ヨンシン   → 司会者      キム・ジェロク   → ブルース・リー(李小龍)      イ・サンヨプ    → スジョンのボーイフレンド      チェ・ウヒョク   → スーパーマン子役      パン・ギルスン   → スーパーマンの父      チョ・サンヒョン  → スパイダーマンの子供      パク・ヒョニョン  → 看護師      パク・スヒョン   → 車椅子障害者      ヤン・スンゴル   → タクシー運転手      パク・ウンジョン  → ガス車運転手      パク・クィスン   → テモギ悪党      パク・ヘジン    → アパート老婆      キム・バダ     → カメラ泥棒 [脚本]      キム・チャンソプ  → ウェイター バットマン      キム・テホ     → ウェイター ロビン      イ・ドンギュ    → 道路警察      キム・ギソク    → 不良スーパージュニア      ヤン・ジョンヒョン → 不良スーパージュニア      パク・スニョン   → 不良スーパージュニア      イム・スンヒョク  → 不良スーパージュニア      キム・ガス     → パーバリーマン      カン・エシム    → 赤十字職員      ソン・ソクペ    → 銀行ひったくり      イ・ジェウン    → 銀行ひったくりおばさん      クォン・ジョンミン → 銀行警備員      チェ・ギュシク   → アクアマン      イ・ギョンホ    → 駐車場強盗      チョン・スジ    → 駐車場女      ソ・ワンソク    → 暴力男      キム・ボヨン    → 暴力女      イム・ワンソプ   → スタントマン      パク・ピョンニョル → スタント車運転手      ヤン・ドンヒョク  → リハビリ患者      ハン・チェリョン  → リハビリ患者      ハン・ドンベ    → 派出所酔客      コ・ジェヨン    → 派出所酔客      キム・ゴンス    → チキン店主人      カン・ボンソン   → 不動産紹介所主人      イ・スジン     → 精神病院看護師      チェ・ヒョン    → マント患者      コ・ヒジン     → ニュース・アナウンサー(声)      チェ・アラム    → パクPD [制作管理部門]      キム・ハンギル   → キムカメラマン      イ・ジョンヨン   → ガムをむさぼる老婆      イム・イムナム   → オープニング老婆      イ・ウィジャ    → リヤカー老婆      ホン・ヒジャ    → 横断歩道老婆      パク・キョンスン  → 地下鉄階段老婆      イ・ヨンミ     → 自閉児の母      パク・ヒョヌ    → 自閉児      ユ・ジュヨン    → 運動場子供      特別出演      チョ・ヒボン    → 録音技師       字幕外       パク・イルモク   → ガス技師       ハン・ヨング    →  [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 102分 [観覧基準] 歳以上 観覧可   [制 作 者] ユ・イラン [制作会社] CJエンターテイメント [制 作 費]  [D V D] ジェネオン・ユニバーサ・エンターテイメント(DVD 5,040円)2009/4/24発売 [レンタル] あり [H P] 終了(韓国) [撮影場所] チョンジュ(全州)市 [M-Video] 魚座 <星が泣く> [Private ] J-DVD(3,694)【36】2009/2/22 C-DVD【20】       J-Blu-ray-Rec(ヒーロ 13〜16) [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。