輝国山人の韓国映画
<Home>へ

チョン・ウチ 時空道士    DVD発売

「ホン・ギルドン(洪吉童)伝」と共に代表的な古典英雄小説に選ばれる「チョヌチ(田禹治)伝」からキャラクターモチーフを取って現代を主要背景にして再創造した作品

500年前の朝鮮時代,伝説の笛<マンパシクチョン(萬波息笛)>が妖怪の手に渡り,世の中が騒々しくなると,神仙たちは,当代最高の道人チョングァン大師とファダム(花潭)に助けを求め,妖怪を封印して<マンパシクチョン(萬波息笛)>を二つに分けて二人にそれぞれ任せる。

一方,チョングァン大師のならず者の弟子チョヌチ(田禹治)が忍術で王をだます騒動を起こすと,神仙たちは,ファダム(花潭)とともにチョングァン大師を訪ねる。

しかし,チョングァン大師は,誰かに殺害され,笛の半分が消える。犯人にされたチョヌチ(田禹治)は,自分の犬チョレンイとともに絵の掛軸に封印される。

妖怪を捕らえる道士もいつのまにか伝説になった2009年のソウル,どうしたことか過去に封印された妖怪が,一つ二つと現れ,世の中を惑わす。

今や,神父,僧,占い師として,それぞれ隠遁生活を楽しんでいる神仙たちは,また集まってファダム(花潭)を探すが,500年前に修行を理由に潜伏した彼は,生死さえ分からない。

神仙たちは,苦心の末に博物館の展示品になった絵の掛軸を探し出し,チョヌチ(田禹治)とチョレンイを呼び出す。

妖怪を捕らえてくれば封印を完全に解くという提案に,やむなく妖怪狩りに出たチョヌチ(田禹治)。しかし,チョヌチ(田禹治)は,妖怪狩りを後まわしにしたまま,変わった世の中の見物に忙しく,酒を飲んで過去に一目惚れした女性と同じ顔をしたソ・インギョンに会って,恋愛遊戯まで始める。

チョヌチ(田禹治)のために頭を痛める神仙たちの前に,おりしもファダム(花潭)が現れるが,ファダム(花潭)は,<マンパシクチョン(萬波息笛)>の行方についてチョヌチ(田禹治)と敵対する。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2009年12月23日 [観覧人員] 6,050,913人 2010年 第2位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] チョヌチ(田禹治) 전우치 [英 語 題] Woochi [ジャンル] アクション,コメディ,冒険 [原 作]  [脚 本] チェ・ドンフン [監 督] チェ・ドンフン [第3作] [撮  影] チェ・ヨンファン [照  明] キム・ソングァン [音 楽] チャン・ヨンギュ [武 術] チョン・ドゥホンホ・ミョンヘン [出 演] カン・ドンウォン   → チョヌチ(田禹治)       キム・ユンソク    → ファダム(花潭) チャドパン(左道坊)派       イム・スジョン    → ソ・インギョン スタイリスト / 寡婦        ユ・ヘジン      → チョレンイ / 犬       ソン・ヨンチャン   → 僧 / 神仙       チュ・ジンモ     → ムーダン(巫堂) / 神仙       キム・サンホ     → 神父 / 神仙       ソヌ・ソン      → 女性医師 / 妖怪       コン・ジョンファン  → 女性医師の助手 / 妖怪       クォン・テウォン   → 王       イ・スク       → イチョン(利川)宅       パク・ナミ      → マーニム       イ・ヨンニョ     → 老婆 元ムーダン(巫女)       キム・ギチョン    → 大監 イジョ(吏曹)チャムパン(参判)       パン・ギルスン    → 黄色韓服1       チョ・ウン      → 黄色韓服2       キム・ジミン     → 黄色韓服3       ソ・ヨンス      → 宮女1       イ・ミド       → 宮女2       パク・スヨン     → 大監の息子       キム・ソヒョン    → 両班1       ユン・ジョング    → 両班2       チェ・ギョシク    → 両班3       シン・ヨンジン    → チュモ(酒母:女将)       シン・スヒョン    → 患者の孫娘       キム・ドンヒョン   → かごや1       ヤン・ソンイル    → 居酒屋の人1       チャン・ヒヨン    → 居酒屋の人2       キム・ジュノ     → 居酒屋の人3       カン・ドンギュン   → 天軍たち       キム・ヒョヌ     → 天軍たち       ソ・ヨンテ      → 天軍たち       ユ・ヨンギ      → 天軍たち       キム・ユンミ     → 天女たち       ピョン・シヨン    → 天女たち       ソン・ジンヒョン   → 天女たち       イ・ナギョン     → 天女たち       ハン・ヨノ      → 宮中楽士       パク・ミジョン    → 宮中楽士       イム・ジュノク    → 宮中楽士       イ・ジヘ       → 宮中楽士       ユ・ピルジェ     → 宮中楽士       イ・ヨンヒ      → 宮中楽士       パク・ヨンボム    → 宮中楽士       キム・ヒョンシク   → 宮中楽士       ウ・ヘリム      → 宮中楽士       イ・ジョンウン    → 宮中楽士       ソン・テヨン     → 宮中楽士       アン・ソンジン    → 宮中楽士       パク・ミョンファ   → 宮中楽士       カク・トンホ     → 宮中楽士       キム・ドンホン    → 宮中楽士       ナム・サンジョン   → 宮中楽士       チェ・ジュビョン   → 宮中楽士       ホン・ギョンヨン   → おばさん ムーダン(巫堂)神仙の客       チャン・ジュンニョン → マネジャー 女優の       パク・ミンギュ    → 白いジャンパー       チョ・サンゴン    → 倉庫番       キム・ガンウ     → 刑事       ノ・ヒョンジョン   → 小型車女性       イ・デロ       → 政治家       ファン・ゴン     → 補佐官       チョン・インギ    → 監督       イ・ジェグ      → 制作者       ペク・トビン     → 親日派 映画撮影       チョン・ヨンフン   → 助監督 [演出部]       チェ・ジノ      → 洋服隊長       ノ・ジュノ      → 洋服警備員1       イ・スンチャン    → 洋服警備員2       キム・ドンヒョ    → 洋服警備員3 [照明Bチーム]       ノ・スンボム     → 洋服CCTV       キム・ハンジュン   → 張紙貼り       カン・スヨン     → バーテンダー       イ・ソグォン     → エピローグ警察 [プロデューサー]       チェ・エギョン    → 記者       シン・チョルジン   → 路上生活者       キム・チュンギ    → 看守       ペク・トンヒョン   → 巡回査察警察1       ノ・ナムソク     → 巡回査察警察2       イ・ドヒョン     → パク演奏者 / 巡回査察警察3       パク・チヨン     → CFスタジオスタッフ バナナ女       キム・シグォン    → 写真作家       パク・チヒ      → 京城時代ダンサー       チェ・ウリ      → 京城時代ダンサー       キム・ソニョン    → 京城時代ダンサー       イ・チョリ      → 京城時代バンド       イ・ドンジュン    → 京城時代バンド       アン・テギョン    → 京城時代バンド       チェ・ポフン     → 京城時代バンド       ユ・ジャングン    → 京城時代バンド       チョン・ホンテ    → 運転者       チョン・ジヘ     → 女子大生1       チャン・ジイン    → 女子大生2       イ・ドンヨン     → 銀行職員       チョン・サンジン   → 生ビール店主人       チョン・ジユン    → レストラン子供       イ・ソンドゥ     → タクシー運転手       パク・ヒョンジュン  → 花屋の車 青年       チョン・ユノン    → バイクライダー1 武術指導       ユン・デウォン    → バイクライダー2       ミン・ジヒョク    → 10人のチョヌチ(田禹治)       キム・ギボム     → 10人のチョヌチ(田禹治)       キム・デホ      → 10人のチョヌチ(田禹治)       キム・ソンジュン   → 10人のチョヌチ(田禹治)       キム・ウヒ      → 10人のチョヌチ(田禹治)       パク・ソンフン    → 10人のチョヌチ(田禹治)       オ・ジュンソク    → 10人のチョヌチ(田禹治)       ユン・ヨンジン    → 10人のチョヌチ(田禹治)       チョン・ウチョル   → 10人のチョヌチ(田禹治)       チョ・サンミン    → 10人のチョヌチ(田禹治)       DJ Mulder      → クラブDJ       コ・ギヨン      → クラブ女性たち       キム・ゴウン     → クラブ女性たち       キム・ギュヨン    → クラブ女性たち       キム・ジソン     → クラブ女性たち       キム・ジナ      → クラブ女性たち       キム・ヘジ      → クラブ女性たち       パク・リョンウン   → クラブ女性たち       パク・ヨンス     → クラブ女性たち       パク・ウニ      → クラブ女性たち       ソン・ミヌァ     → クラブ女性たち       ソン・アヒョン    → クラブ女性たち       ソン・ソニョン    → クラブ女性たち       ソン・イニ      → クラブ女性たち       ソン・ジニョン    → クラブ女性たち       オ・ユナ       → クラブ女性たち       イ・スルギ      → クラブ女性たち       イ・ウヒ       → クラブ女性たち       チョン・スンア    → クラブ女性たち       チョン・ヘラン    → クラブ女性たち       チョン・ホンジュ   → クラブ女性たち       コ・ジュニョン    → バスケットボールを追いかける子供       キム・ミナ      → トオラク声       キム・ジョンナン   → ナレーション       サムテギ       → チョレンイ(馬)       ナム         → チョレンイ(犬)       特別出演       ペク・ユンシク    → チョングァン大師 ウドパン(右道坊)派                    チョヌチ(田禹治)の師匠       ヨム・ジョンア    → 女優       キム・ヒョジン    → 真っ赤な頭 クラブ       字幕外       ソン・ヒョヌ     → 武士       ソ・ハンギョル    →  [受 賞]  [映 画 祭] 2010 第24回 福岡アジア映画祭2010 上映作品 [時 間] 136分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・ユジン [制作会社] (株)映画社 チプ(家) [Producer] イ・ソグォン [制 作 費]  [D V D] 発売元:株式会社ツイン       販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(DVD 4,179円)2012/01/13発売 [レンタル]  [H P] 終了(韓国) [撮影場所]* 場所協賛       シンセゲ(新世界)デパート 屋上 トリニティ・ガーデン       ソウル中央郵便局       トムエントムズ(TOM N TOMS)       シンジン金庫       撮影場所協助       プアン(扶安)映像テーマパーク      ヨンイン(龍仁)文化の丘      ハプチョン(陜川)映像テーマパーク      ムンギョン(聞慶)セジェ道立公園      イクサン(益山)市庁 刑務所セット      全羅北道道庁       BBQ クァンフン(寛勲)洞店      ポチョン(抱川) ポプラ座スタジオ      チョンジュ(全州)チョンドン(殿洞)聖堂      テグ(大邱)トンソンノ(東城路)商店街 繁栄会      ウェルクロン(WELCRON)      プサン(釜山)スヨン(水営)下水処理場       エース ハイエンド タワー      ウォングァン(圓光)大学校 博物館      カンナム(江南)駅 NBクラブ      チャンバー      クァンタン(廣灘) ソリョンウォン(昭寧園)の森  [パジュ(坡州)市 クァンタン(廣灘)面]      ウォンジュ(原州) ソンファン林       ポナセラ(BUONA SERA)  [イタリアンレストラン:ソウル カンナム(江南)区]      プチョン(富川)リチェンシア モデルハウス      ヨクサム(駅三) チョンビルディング      プンダン(盆唐)シグマU オフィステル      トンデムン(東大門)ケレスター(CERESTAR)  [ショッピングビル]      トンデムン(東大門)トゥサンタワー       タニャン(丹陽)郡 カゴク(佳谷)面 ナムハンガン(南漢江) アシ(葦)原      ユジン堂  [宝石店]      プサン(釜山)ヘウンデ(海雲台) ロデオ アウトレット      ヨンウン(永殷)美術館  [クァンジュ(光州)広域市]       字幕外 撮影場所       ソウル チョンゲチョン(清渓川) [M-Video]  [Private ] K-DVD【24】 J-DVD【24】  ★★☆☆☆       J-Blu-ray-Rec(愛の挨拶 23〜25) [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。