輝国山人の韓国映画
<Home>へ

シティ・オブ・バイオレンス −相棒−    DVD発売

開発ブームに沸く温泉観光地オンソン(温城)を舞台に,竹馬の友の突然の死を契機に始まる友人間の義理と復讐を描いた典型的なアクション娯楽物

2005年,ソウルで刑事生活をしていたテスは,幼い時期の竹馬の友ワンジェの訃報を聞いて,10年ぶりに故郷オンソン(温城)を訪れる。彼は,葬儀場でピロとソックァン,ドンファンと再会する。ワンジェの突然の死に疑問を抱いたテスは,ソウルに戻らず,しばらく故郷に残ることにする。

ワンジェの周辺を中心に調査を繰り広げたテスは,組員たちの攻撃を受けるが,ソックァンの助けでかろうじて危機から抜け出す。この日の事件を契機に,疑惑はより一層深まって,テスとソックァンは,本格的にワンジェの死を暴こうとする。しかし,彼らが死の背後に近づけば近づくほど,理由が分からない死が相次ぐ。テスとソックァンは,いつのまに運命的に相棒になって,見えない敵に向かって戦争を宣言する。

優しかった故郷は,開発という美名の下で,いつのまにか地獄に変わりつつあった。 友人が亡くなり,故郷が消えてしまった見知らぬ都市で,二人は,ワンジェの死を明らかにできるだろうか。

[制 作 年] 2006年
[韓国封切] 2006年5月25日
[観覧人員] 328,733人(ソウル封切館基準 2006年 26位/114作品)
[原    題] 相棒 짝패
[英 語 題] The City of Violence
[ジャンル] アクション
[原    作] 
[脚    本] イ・ウォンジェ,リュ・スンワン,キム・ジョンミン
[監    督] リュ・スンワン [第6作]
[武    術] チョン・ドゥホン
[撮    影] キム・ヨンチョル
[照  明] キム・ソンフン
[音    楽] パン・ジュンソクイ・ビョンフン
[美    術] チョ・ファソン
[出    演] リュ・スンワン    → ユ・ソックァン
       チョン・ドゥホン   → チョン・テス 刑事
       イ・ボムス      → チャン・ピロ
       チョン・ソギョン   → ユ・ドンファン ソックァンの兄
       アン・ギルガン    → オ・ワンジェ 
       イ・ジュシル     → ソックァンの母
       キム・ビョンオク   → 青年会長
       チョ・ドッキョン   → チョ社長
       キム・ギチョン    → サルス 垢すり
       キム・ヒョソン    → 女秘書
       ソ・ジオ       → ソ チーム長
       ク・ジャフン     → ク チーム長
       イム・ジュニル    → イム チーム長
       キム・ドンヨン    → 10代のピロ
       パク・ヨンソ     → 10代のドンファン
       キム・ゴノ      → 村代表
       キム・ヨンソン    → 撤去おばさん
       イ・ナリ       → ミス・ペ
       チョ・ギュチョル   → ポクチギ(ひったくり)1
       キム・テヨン     → ポクチギ(ひったくり)2
       ユ・ソンジェ     → ポクチギ(ひったくり)3
       キム・コッピ     → かみそり女子高生
       キム・ジョンサン   → 図体子分1
       シン・ホンチョル   → 図体子分2
       パク・チファン    → 10代の相手派親分
       ヤン・ヘギル     → 手提げカバンのタクシー運転手
       チョン・オピョ    → ルームサロン支配人
       ヤン・ギリョン    → オンソン(温城)警察署 刑事1
       イ・ホンピョ     → オンソン(温城)警察署 刑事2
       ユ・サンソプ     → オンソン(温城)警察署 刑事3
       キム・ミンス     → オンソン(温城)警察署 刑事4
       イ・ジョンヨン    → オンソン(温城)警察署 刑事5
       クォン・スング    → オンソン(温城)警察署 刑事6
       パク・チュチョン   → オンソン(温城)警察署 刑事7
       チョン・チャンヒョン → 廊下門番
       キム・ウォンジュン  → 畳部屋 組織員1
       ソ・スンオク     → 畳部屋 組織員2
       カン・ヨンモク    → 畳部屋 組織員3
       クォン・グィドク   → 畳部屋 組織員4
       ク・ジョンウク    → 畳部屋 組織員5
       シン・ソンイル    → 畳部屋 組織員6
       ユン・ジョンソク   → 畳部屋 組織員7
       チャン・ハンスン   → 畳部屋 組織員8
       パク・ヒョンジン   → 格闘技体育館の10代
       キム・ヤンソン    → ヨーヨーの10代
       ハン・スンス     → ホッケーの10代
       チョン・ユノン    → 野球ボールの10代
       チ・ジュンヒョン   → 足場作業員1
       ハン・ジョンウク   → 足場作業員2
       ペク・トンヒョン   → ゲームセンターのチンピラ
       チュ・ヒョンジン   → 情報チンピラ1
       キム・ジュニ     → 情報チンピラ2
       イ・スルギ      → 情報チンピラ3
       チョン・ウンミ    → 酒場 ホステス1
       チョン・ヒジョン   → 酒場 ホステス2
       チョ・ミンジン    → 酒場 ホステス3
       イ・ヘリム      → 酒場 ホステス4
       ファン・イネ     → 畳部屋 韓服女1
       キム・ナヨン     → 畳部屋 韓服女2
       キム・ミラ      → 畳部屋 韓服女3
       チャン・ウンスク   → 特別室 韓服女1
       オ・ジュヒ      → 特別室 韓服女2
       ソル・ギョンベ    → 不動産 配達員
       韓国アグレッシブ
          スケーター連合 → インライン10代
       チェ・ヨンナム    → インライン10代
       キム・テウン     → インライン10代
       キム・ヨム      → インライン10代
       イ・ミョンニョル   → インライン10代
       キム・バルム     → インライン10代
       カン・フン      → インライン10代
       バイク・ライダー   → 自転車10代
       ユン・テウォン    → 自転車10代
       ト・ジョング     → 自転車10代
       コ・グァンファン   → 自転車10代
       ソン・スンヨン    → 自転車10代
       パク・サンジェ    → 自転車10代
       ウ・ギョンソン    → 自転車10代
       トリプターズクルー  → ダンサー10代
       キム・ドギョン    → ダンサー10代
       シン・ジョンフン   → ダンサー10代
       チャン・ミンソク   → ダンサー10代
       イ・インウ      → ダンサー10代
       イ・ジェウク     → ダンサー10代
       キム・ホンヨル    → ダンサー10代
       チャン・ジェボン   → ダンサー10代
       キム・ジョンファン  → ダンサー10代
       シン・グァンヒョン  → ダンサー10代
       イ・ジンソン     → ダンサー10代
       ピョン・エナ     → ダンサー10代
       オク・チヨン     → ダンサー10代

       ソンナム(城南)高等学校 演劇映画科        → 遠足山 10代たち
       チョンジュ(清州)大学校 公演映像学部 演劇映画科 → ポンジョン洞 組員
       チュンチョン(忠清)大学 公演映像制作学部     → ポンジョン洞 組員

       友情出演
       オン・ジュワン    → 10代のテス
       チョンウ       → 10代のワンジェ
       キム・シフ      → 10代のソックァン
       キム・スヒョン    → ソウル刑事
       ハン・ジェドク    → チョ社長 重役1
       パク・テヒ      → チョ社長 重役2
       チェ・テヨン     → チョ社長 重役3

       特別出演
       キム・ソヒョン    → チャン・ミラン ワンジェの妻 ピロの妹

         字幕外
       チャン・ミヒ     → 

      スタント
      カク・チンソク


[受    賞] 2006 第5回 大韓民国映画大賞/男優助演賞(イ・ボムス)
       2006 第14回 利川春史大賞映画祭/男優助演賞(イ・ボムス)
      2006 第7回 釜山映画評論家協会賞/撮影賞(キム・ヨンチョル)
       2007 第44回 大鐘賞映画祭/国内人気賞(イ・ボムス)
[映 画 祭] 2006 第7回 東京フィルメックス 特別招待作品
[時    間] 92分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] カン・ヘジョン,リュ・スンワン
[制作会社] 外柔内剛(Filmmaker R&K Production) 
[制 作 費] 
[ビ デ オ] エスピーオー(DVD 3,990円)2007/8/24発売
[日本字幕] 大塚 毅彦
[レンタル] なし
[H    P] 終了(韓国)
       終了(日本)
[撮影場所] 
[Private ] J-DVD【17】
      J-Blu-ray-Rec(薔薇色の人生 22〜24)

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。