輝国山人の韓国映画
<Home>へ

天才宣言

ある日,パゴダ公園に異常な人が現れる。彼の名前は,ヨンソン。この時,公園の片隅から彼の行動を鋭意注視してビデオカメラにおさめる人がいた。彼は,アン・サンギという自称映画監督だ。彼は,ヨンソンの後光を見て彼の後を追い,ヨンソンは,天の啓示を受けている女子高生を偶然に発見する。彼女の名前は,ホン・ジンギョン。

三人は,ロックカフェで会うようになって徐々に親しくなり,映画を作る計画を建てる。一方, 彼らは,高級料亭のソルヒというマダムの紹介で,いろいろな高位層の人々と接するようになる。ヨンソンは,映画制作のために高位層の人々の未来を予言してくれる。

[制 作 年] 1995年
[韓国封切] 1995年7月1日
[観覧人員] 20,557人(ソウル封切館基準)
[原    題] 天才宣言 천재 선언
[英 語 題] The Best Comedy Of Our Lives  Declaration as genius
[原    作] 
[脚    本] イ・ジャンホ(李長鎬)
[監    督] イ・ジャンホ(李長鎬) [第19作]
[撮    影] パク・ヒョンチョル
[照  明] キム・ドンホ
[音    楽] イ・ジョング
[出    演] アン・ソンギ    → アン・サンギ おかしな光
         キム・ミョンゴン  → 天使 怪しい声
         ホン・ジンギョン  → チンギョン わからない涙
         キム・ボヨン    → ソルヒ
         イ・ジョンイン   → 新人
         シン・チュンシク  → オルシン
         イ・ヘリョン    → ヨン
         キム・ヨンイン   → ウン
         キム・ソンチャン  → ホ
         イ・ヒソン     → コル
         イ・ジョング    → チュ
         イ・ジョンハク   → セク
         ソン・イニョン   → チャプ
         キム・イル     → キ コン専務
         パク・キルス    → ユントク
         キム・ピルグク   → トンチル
         ムン・ミボン    → サンギの母
         ユン・ビョンムン  → ジンギョンの友人たち
         オム・ミンギュ   → ジンギョンの友人たち
         チョ・ギョンハン  → ジンギョンの友人たち

         ジャンク オールド アンド ヨン
         ペ・チャヌ     → ベース
         キム・ジョンミン  → ボーカル
         チョン・ダウン   → ギター
         キム・ヨンジュン  → ドラム

         チョン・サンジュン → 留置場
         イ・ドクシン    → 刑事
         パク・ユナ     → 言葉
         キム・ギチョン   → 幽霊1
         チョン・ジノ    → 幽霊2
         キム・ミラ     → 料亭従業員
         チェ・ウニョン   → 助監督
         イ・ジェハ     → 青年
         キム・アリ     → 子供解説者

         特別出演
         イ・チュニョン   →     [制作者 シネ2000] 
         キム・イギョン   → 
         イ・チャンセ    → 
         シン・サンホ    → 
         コ・ジンマン    → 

      字幕外
      アン・ソンジン   → スチール

[受    賞] 1995 第9回 基督教文化大賞 映画部門
[時    間] 94分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] アン・ドンギュ
[制作会社] 映画の世界
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。