輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ラブ・ストーリー

ペ・チャンホ監督が脚本,監督から主演までを引き受けて,彼の実の夫人のキム・ユミが直接ストーリーを作成して出演までして話題を集めた作品

インテリア・コーディネイターのスインは,蚤市場でちょっと変わった映画監督のソンウに会う。

初めての出逢いから惹かれあった二人は,ソンウの積極的なプロポーズにより日々のデートを重ねる。

完壁主義に近い程に総てのことに徹底したスインと無神経だと見られる程にすべてがまあまあのソンウは,性格の差で争うこともあるけれど,秋の日に智異山へ旅行に行って共に夜を送り,愛を確認する。

だが,スインを所有したという満足感から始まった喜びに捕われたソンウの無神経な冗談と格式を揃えない求婚は,スインの鋭敏な自尊心を揺さぶり,ソンウはソンウでスインの鋭い反応を不快に感じる。


[制 作 年] 1996年 [封 切] 1996年5月11日 [観覧人員] 5,769人 [原 題] ラブ・ストーリー 러브스토리 [英 語 題] A Love Story [原 案] キム・ユミ [脚 本] ペ・チャンホ [監 督] ペ・チャンホ [第14作] [助 監 督] ハン・スンニム,カン・チュング,パク・ウニョン       ソ・ビョンチェ,イ・ハン [撮 影] ソン・ヘンギ [照  明] イ・スング [音 楽] イ・ソンジェ [美 術] チョ・ユンサム [出 演] ペ・チャンホ    → ハ・ソンウ    キム・ユミ     → キム・スイン    チョン・ムソン   → 家具屋のおやじ    チョン・ウン    → スインの父    サ・ミジャ     → スインの母    ソル・ギョング   → ヨンホ    シン・チュンシク  → 制作者    チャン・イナン   → 新村駅おじいさん    チェ・ジョンウォン → ソンウの話中の男    パク・ヨンパル   → めがね行商    イ・ムンシク    → ビデオ店青年    ナム・ヨンジョ   → キ・ヒョンテ    イ・グァンヨン   → 先輩姉さん    アン・ヨンシン   → スインの友人1    キム・ソヒョン   → スインの友人2    オ・スンオン    → パーティー会場の女    ハン・ギョンドク  → 争う男1    ペ・ドイク     → 争う男2    イ・イニョン    → 蚤市場行商    キム・ジェギョム  → 結婚式新郎    チェ・ヘウォン   → 結婚式新婦    チョン・ヨンギ   → 新郎友達1    キム・ヒョンジュン → 新郎友達2    キム・ミンギョン  → 講義室女学生    チェ・ウニョン   → 映画科学生達    オ・ギョンジュン  → 映画科学生達    ヤン・ビョンヨル  → 映画科学生達    ノ・ジョンソン   → 映画科学生達    キム・ジュヨン   → 新人女優    キム・ジョンソプ  → オートバイ青年    シム・ジェウ    → 新村(シンチョン)駅運転手    ユン・ジョンイル  → 浜辺のおかしな男    キム・フン     → サングラス青年    ユ・ヨンシク    → 新婚夫妻    イ・ソヨン     → 新婚夫妻    ユ・ビョンハク   → オルガン行商    特別出演    ヨ・ギュドン    → チェ・ジョンウォン [受 賞] 1996 第16回 韓国映画評論家協会賞/脚本賞(ペ・チャンホ)       1997 第2回 KINOベスト10/キノ 1996年 韓国映画ベスト8 [時 間] 111分 [等 級] 15歳未満 観覧不可   [制 作] ペ・チャンホ [制作会社] ペ・チャンホ プロダクション [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [Private ] (K-VHS) → Blu-ray [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。