輝国山人の韓国映画
<Home>へ

用意周到 ミス・シン   DVD発売

恋愛は,投資であり,ショッピングだという不埒な思想を持った用意周到な女性のロマンスを描いた新鮮な作品

第1段階 = ひとまずすべての可能性を残して,唾をつけなさい。
派手な美貌と優しいスタイル,そのうえ広告代理店のAEチーフという肩書まで,知性と美貌を兼備したこの時代最高のシン・ミス。

彼女が一生懸命見せる恋愛秘法第1段階は,まさにオープン・マインド。最大多数の候補者を率いたまま,ひとまずどんな相手とも可能性を保ちながら,ゆっくり選ぶというのが彼女の作業原則。 彼女の男ショッピング・リストには,財閥3世から高試生,セクシーな年下の男まで,多様な男たちが載っている。

しかし,このように用意周到なミス・シンの前に,ことごとにタックルをかけるアンチ男が現れた。落選するかもしれないが,すべての可能性ということでは,こいつも例外ではない。ひとまずアンチ男までショッピングリストに追加!。

第2段階 = 本当に大丈夫な奴なのか塩加減をみなさい。石橋もたたいてみなければというではないか。
いくら容貌や財力,能力,ビジョンが良くても,再考し,また測ってみてこそ後悔がない。高度なテクニックで数多くの男たちを泣かせた彼女のデート目的は,ひたすら塩加減をみること。

第3段階 = 危機の瞬間,珍品は正体を表わす。返品は大変だから,正しく選ぶこと。
最も決定的な瞬間に,人間は本性を表わす。これは恋愛でも同じこと。

途方もなく用意周到なことでいつも想像を超越した二股,いや多股の達人ミス・シンだが,彼女にも危機が訪れる。完璧と考えた彼女のショッピングリスト中の男たちの予想できない反撃で,パニック状態に陥ったミス・シンに,二重三重に彼女のタコ足恋愛まで尻尾をつかまれ始める。

しかし,こうした時に永遠の忠誠心で武装したまま,彼女を危機から救出し,彼女の気持ちを満足させる男が,まさに珍品。A/Sも返品もない“恋愛の世界”で彼女が選んだ男は,果たして誰であろうか。

[制 作 年] 2007年 [韓国封切] 2007年12月18日 [観覧人員]  [原 題] 用意周到 ミス・シン 용의주도 미스신 [英 語 題] Miss Gold Digger [ジャンル] コメディー,メロー(愛情,ロマンス) [原 作]  [脚 本] パク・ウニョン [監 督] パク・ヨンジプ [第1作] [撮  影] キム・ハクス [照  明] ソ・ジョンダル [音 楽] チョ・ヨンウク [出 演] ハン・イェスル   → シン・ミス 用意周到なミス・シン(辛)      イ・ジョンヒョク  → ハン・ドンミン 隣の部屋の男 KTF部長      クォン・オジュン  → イ・ジュンソ 財閥3世       キム・イングォン  → キム・ユンチョル 考試生       ソン・ホヨン    → ソン・ヒョンジュン 歌手志望生 tps      チョン・ギュス   → チェ理事 ミスの上司      ユ・ウンジョン   → ヨンミ ミスの友人      オ・ソウォン    → ヘジョン ミスの友人      チョ・ヘジン    → ミスの友人1      ヨヌ・ヒョンジン  → イ・ユジン ユンチョルの恋人 検察庁長官の娘      チョン・ダヨン   → ドンヒ ドンミンの妹      チョン・ヘス    → ヨンミの新郎      イ・ウォンジェ   → 管理所長      ユ・スンチョル   → 高僧      アイザック     → ヒョンジュンの友人1      ヒョンム      → ヒョンジュンの友人2      TKO TKO       → ヒョンジュンの友人3      DJSKIP       → クラブDJ      イ・ヨンジュ    → 屋台女      イ・ジェドン    → 保育院食堂の子供      ミン・ヨソク    → 保育院のいたずら子供      ソン・イジュ    → 想像刑事      ペク・ウォンビン  → ドンヒの恋人 [制作部]      チェ・ソンジュン  → 神父 [プロデューサー]      オ・ジョンウォン  → 教会の婦人1      キム・ゲソン    → 教会の婦人2      パク・チュンモク  → アパートの子供      パン・ヘラ     → アパートの婦女子      ソン・チェオン   → 書店の子供      チョ・ミョンスク  → 子供のママ      イム・ジョンウ   → モーテル・カウンター  [制作部長]      イ・ジョンハク   → 班長      チェ・ウク     → 刑事      チョン・ユラン   → 銀行職員      オ・ウジョン    → ブランドショップ職員      イ・ウンシル    → お姫様女 スハン      キム・ドンチョル  → キス男      オ・ヒョンヨン   → キス女      イ・イェナ     → 会社職員1      ホ・ジョンウン   → 会社職員2      チェ・ボンギョム  → 会社職員3      チョ・ソクファン  → ウェディング写真技師      ソン・ボンス    → しつこい男      イ・ジェミン    → ウェイター      McCormick       Jerry Leonard   → フランス フン男      Christophe       Flavigny      → パリ男      Anne Blanchard   → パリ女      友情出演      カン・レヨン    → ヤン代理 ミスの部下      イ・ジェフン    → 酔客男      チョン・ミョンフン → 屋台男      特別出演      イム・イェジン   → ミスの母      チョン・ホジン   → ミスの父      ユン・ジュサン   → ドンミンの父      ホン・ヨジン    → ドンミンの母    字幕外      チョ・サンミン   → マナー男 [受 賞] 2008 第45回 大鐘賞映画祭/新人女優賞,人気賞(ハン・イェスル)      2008 第44回 百想芸術大賞/新人女子演技賞(ハン・イェスル)       2008 第29回 青龍映画賞/女子新人賞(ハン・イェスル)       2008 第31回 黄金撮影賞授賞式/新人女優賞(ハン・イェスル) [映 画 祭]  [時 間] 108分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] キム・ミヒチャ・スンジェ [制作会社] サイダスFNH,共同制作:ロードピクチャーズ [制 作 費]  [D V D] ファインフィルムズ(DVD 5,040円)2009/4/3発売 [レンタル] あり [H P] http://www.missshin.co.kr/(韓国) [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD(2)【40】 J-DVD(3,729)【40】2009/2/18 [お ま け] ・シン・ミス(ハン・イェスル)とイ・ジュンソ(クォン・オジュン)が        ドライブイン・シアターで見ていた映画は,<八月のクリスマス>        (1998年:ホ・ジノ監督)       ・シン・ミス(ハン・イェスル)が,財閥3世のイ・ジュンソ(クォン・オジュン)        からプレゼントされた赤いオープンカーに乗っているときはショートパンツをはい        ていたのに,ソン・ヒョンジュン(ソン・ホヨン)と仲間たちがいる店に入ったと        きには,ロングパンツになっていました。


プラウザの「戻る」で戻ってください。