輝国山人の韓国映画
<Home>へ

復讐者に憐れみを   DVD発売

耳が不自由な工業団地勤労者が,姉の心臓移植手術費を用意するため,恋人と共謀して中小企業社長の娘を誘拐する過程で起こる残酷な犯罪スリラー

先天性聴覚障害者のリュには,腎臓を移植しないと生きられない姉がいる。姉と血液型が違うため移植手術ができなかったリュは,臓器密売団と接触し,自分の腎臓と全財産一千万ウォンを譲り渡して姉のための腎臓を手に入れようとする。しかし,臓器密売団にまんまと騙され,全裸で放り出されてしまう。

その時,姉に適合する腎臓が見つかったという連絡が病院から来る。リュの恋人ヨンミは,お金持ちの子供を誘拐しようと提案する。「子供を連れ出してちゃんと返してあげる。手術費は,金持ちにとってはガムの値段。久しぶりに会えば,どんなに嬉しいか。これは,おとなしい誘拐よ。」

イルシン電気の社長トンジンの娘ユソンを拉致するリュとヨンミ。しかし,トンジンから金を受け取った日,リュの誘拐事件を知った姉が自殺し,トンジンの娘ユソンも河に落ちて死んでしまう。娘の遺体を抱いて復讐を決意するトンジン。姉を失ったリュも臓器密売団に鉄拳を準備する。

[製 作 年] 2002年 [封 切] 2002年3月29日 [観覧人員]  [原 題] 復讐は我のもの 복수는 나의 것 [英 語 題] Sympathy for Mr.Vengeance [ジャンル] 犯罪,スリラー [原 作]  [脚 本] パク・リダメ(イ・ムヨン), イ・ジェスン [監 督] パク・チャヌク[第4作] [撮 影] キム・ビョンイル [照  明] パク・ヒョノン [音 楽] イ・ビョンフン,チャン・ヨンギュ,ペク・ヒョンジン [出 演] ソン・ガンホ   → トンジン イルシン電気社長    シン・ハギュン  → リュ     ペ・ドゥナ    → ヨンミ リュの恋人    イム・ジウン   → リュの姉    ハン・ボベ    → ユソン トンジンの娘    イ・デヨン    → チェ班長    キ・ジュボン   → ペン技師 トンジンに解雇された社員     キム・セドン   → 社長 リュの勤務先工場    イ・ユンミ    → 臓器秘密取引 女ボス    リュ・スンボム  → 脳性麻痺青年 友情出演    チ・デハン    → チ刑事    ホ・ジョンス   → ホ刑事    ナム・ビョンフン → 臓器秘密取引男1    パク・チェウン  → 臓器秘密取引男2 チョルスン    チョン・ギュス  → 医者1    イ・ジョンウク  → 医者2 [映画監督]    イ・グミ     → ラジオDJ イ・グミの歌謡行進    リュ・スンワン  → 中華料理店配達員    イ・カニ     → トンジンの前妻    チョン・ジェヨン → トンジンの前妻の夫    チョン・ウシク  → 十代1    イ・ギホ     → 十代2    ユ・ジョンヒョン → 十代3    シン・ギョンジン → 十代4    キム・イクテ   → 労働者1(北朝鮮工作員)    オ・グァンノク  → 労働者2(北朝鮮工作員)    シン・ジョングン → 労働者3(北朝鮮工作員)    イ・ゲヨン    → 労働者4(北朝鮮工作員)    チェ・スミ    → 社長夫人    ユン・ミョンオ  → アパート老人    ムン・グミョン  → サーティーワン従業員    ハン・ソンジン  → 幼いリュ    チョン・ナエ   → 幼い姉    ユ・ヒョンジュン → ペン技師の息子 ペン・ユンチョル    チェ・アラ    → 社長の娘    ヤン・セリ    → チェ班長の娘    クォン・ヨングン → トンジンの前妻の子ども    (字幕外)    パク・チャヌク  →    [この映画の監督] [受 賞] 2002 第22回 韓国映画評論家協会賞/監督賞,脚本賞    2002 第3回 釜山映画評論家協会賞/最優秀作品賞,監督賞    2002 第10回 利川春史大賞映画祭/編集賞,音楽賞    2002 第1回 MBC映画大賞(大韓民国映画大賞)/撮影賞,編集賞(キム・サンボム)                    照明賞(パク・ヒョノン)       2002 第5回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の監督賞    2002 イタリア フィルム・ノワール・フェスティバル 審査委員特別賞 [映 画 祭] 2005 第46回 ギリシャ テッサロニキ国際映画祭 特別上映 [時 間] 121分 [等 級] 18歳以上 観覧可   [制 作] イム・ジンギュ [制作会社] スタジオ ボックス [制 作 費] 総制作費25億ウォン [ビ デ オ] ジェネオンエンタテインメント        → NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(2016年1月1日付で合併) [レンタル] あり [Private ] (K-VHS) K-VCD J-DVD【33】 [お ま け] ・シン・ハギュンペ・ドゥナは,この作品の出演をきっかけに交際を始めたが,       その後,破局したそうだ。


プラウザの「戻る」で戻ってください。