輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ラブシーン

神秘的な縁に巻き込まれた4人の男女が見せる人間の本能的な欲求をセクシーなファンタジーで解きほぐした四種類の色のオムニバス映画

<チョンブルサ(天仏寺)>
神の来臨を受けていつのまにか18年,神機が落ちるチョンブルサ(天仏寺)の巫女パン先生にヨアンナというクリスチャンネームの女性が訪ねてくる。日ごとに気持ちが通じて,火のような愛を分かち合って同居を始める二人。
しかし,身体を交えるたびに,パン先生は,それなりに残っていた神機まで減って,ますます憔悴していき,反対にヨアンナは,なかった神機ができて,客たちが訪ねる回数が増える。
そんなある日,ヨアンナが消える。チョンブルサ(天仏寺)を離れて新しい占い所ヘインアムを整えたとのこと。パン先生は,ヨアンナを罰するために,最後の渾身の力を出して呪文を覚え,祈祷を始める。

<夜間勤務>
酒に酔った美しい女性の乗客が,タクシーの運転手を誘惑するように吐きだすひと言。「あ〜どこへ行こうかな。今のボーイフレンドの家,いや以前のボーイフレンドのところに」
しばらく迷った女性は,ハンガン(漢江)に行こうと話す。そして,ずっと妙な語り口と行動で運転手を刺激する。「あ〜この女をどうすべきか」悩みもしばらく,結局,運転手は,女のオーラルセックスを受けることになる。
満足できるセックスが終わって,運転手は,キスをするために近づく女性に立ちふさがる。女の歯に挟まった陰毛を取り出す運転手。女性に感づかれないように陰毛を片づけてからキスした運転手は考える。「あ〜こういう美しい女性をけってしまった男はバカだ」と。

<バイブル>
オニュは,牧師である母によって地下の祈祷室に監禁されたまま生活している。過去の放蕩を懺悔して新しい人になることを願うが,彼は,日が経つにつれてより一層狂っていく。
こんなオニュを人知れず慕うセジュ。セジュは,毎日彼の食事を準備する時ごとに愛を夢見るが,現実は,窓の桟に遮られている。
そんなある日,オニュは,セジュに聖書をお願いして熱心に覚えるなど懺悔する姿を見せ始める。そしていよいよ祈祷室を出て行くために,堅く閉じられた門が開かれるが,オニュは,セジュを襲ってしまう。そんなオニュをそのまま受け入れるセジュ。十字架の下での激烈なセックスが終わって,オニュは,セジュに思いがけないお願いをすることになる。

<神懸かりの演技>
国内最高のトップ俳優であるハン・テソン。言葉どおり神懸かりの演技で最高の俳優になった彼だが,話せない秘密がある。
監督が,「アクション!」と叫ぶ瞬間,キャラクターの魂が彼の身体の中に入ってきて,「カット!」と叫ぶ瞬間,抜け出ること。テソンは,演技した瞬間,自分が何をしたのか全く思い出せないために,いつも不安なだけだ。特に,新しいドラマのパートナー,コ・ミナと恋人の仲になって,その恐れはひどくなる。
テソンがミナの首をしめる場面を撮影する日,テソンは,監督がカットの声を出さないので,実際にミナの息が絶えるほどに首をしめる。その瞬間,テソンの目からミナの目へ何かが移る。その日以後,テソンは,演技力論議に包まれて消え,ミナは,神懸かりの演技者という好評を受けてトップ俳優の席に上がることになる。

[制 作 年] 2013年
[韓国封切] 2013年10月3日
[観覧人員] 
[原    題] ラブシーン 러브씬
[英 語 題] Love Scene
[ジャンル] ロマンス/メロー,ドラマ


      <チョンブルサ(天仏寺)>
[原    作] 
[脚    本] キム・ドゥホン
[監    督] イ・ジョンウォン
[助 監 督] 
[撮  影] ユン・ジュファン
[照  明] ユン・ジュファン
[音    楽] 
[美    術] イ・ジョンウォン
[武    術] 

[出    演] キム・ジュノン  → パン先生 チョンブルサ(天仏寺)
      クォン・ソヒョン → ヨアンナ
      ハン・ヨジュン  → 毛皮女
      ファン・ボクスン → おばあさん
      キム・ソンヒョン → 助演出
      チェ・ヒョノ   → 映画俳優
      イ・ジョンウォン → 客1
      ソ・ヨンホ    → 客2
      アン・ギルムン  → 客3


      <夜間勤務>
[原    作] 
[脚    本] キム・ドゥホン
[監    督] キム・ドゥホン
[助 監 督] 
[撮  影] ユン・ジュファン
[照  明] ユン・ジュファン
[音    楽] 
[美    術] キム・ドゥホン
[武    術] 
[出    演] チャン・ヒョジン → タクシー運転手
      ハン・ヨジュン  → 女 マリ
      キム・ドゥホン  → 友だち(声)
      パク・ソヒョン  → 女性職員(声)


      <バイブル>
[原    案] キム・ドゥホン
[脚    本] パク・ソヒョン
[監    督] ムン・インデ
[助 監 督] 
[撮  影] ユン・ジュファン
[照  明] ユン・ジュファン
[音    楽] 
[美    術] ムン・インデ
[武    術] 
[出    演] チョン・ウジュン → オニュ
      ユン・ヒジン   → セジュ
      イ・ソニ     → チャン牧師
      チャン・ヒョジン → タクシー運転手


      <神懸かりの演技>
[原    作] 
[脚    本] パク・ソヒョン
      キム・ドゥホン
[監    督] ムン・インデ
      イ・ジョンウォン
[助 監 督] 
[撮  影] キム・ドゥホン
[照  明] キム・ドゥホン
[音    楽] ムン・インデ
      イ・ジョンウォン
[美    術] 
[武    術] 
[出    演] チェ・ヒョノ   → ハン・テソン
      ユン・ジア    → コ・ミナ
      イ・ソニ     → オPD
      キム・ソンヒョン → 助演出
      カン・スヨン   → スクリプター
      アン・スヒョン  → リポーター
      キム・ドゥホン  → 剃髪男
      ムン・インデ   → 撮影スタッフ
      カン・ヒョジン  → 撮影スタッフ
      チョン・ウジュン → 撮影スタッフ
      ハン・ヨジュン  → 撮影スタッフ
      ソ・ヨンホ    → 撮影スタッフ
      パク・ソヒョン  → 撮影スタッフ
      クォン・ソヒョン → 撮影スタッフ
      クォン・イェヨン → 撮影スタッフ
      イ・ジョンウォン → 撮影スタッフ
      シン・ユンギョン → 撮影スタッフ

[受    賞] 
[映 画 祭] 2013 第17回 プチョン(富川)国際ファンタスティック映画祭 招請 ビジョン エクスプレス
[時    間] 88分
[観覧基準] 青少年 観覧不可
[制 作 者] キム・ドゥホン
[制作会社] (株)スプーキーボンチ(SPOOKYBUNCH)
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] <チョンブルサ(天仏寺)>
       チョンブルサ(天仏寺) ソウル特別市 ポグァン(普光)洞

      <バイブル>
       劇団 トマウィベム練習室

      <夜間勤務>
       ハンガン(漢江)公園 マンウォン(望遠)地区駐車場

      <神懸かりの演技>
       KR-Studio
       メイトホテル ソウル特別市 ファゴク(禾谷)洞
      
      <エピローグ>
       JDヨガ ソウル特別市 ソギョ(西橋)洞

[M-Video] 
[Private ] K-DVD【71】

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。