輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ラスト・プレゼント   DVD発売

これといった流行語ひとつなく無名生活5年目を迎えるギャグマン,チョン・ヨンギ(イ・ジョンジェ)。そのせいか結婚3年目の妻ジョンヨン(イ・ヨンエ)と争いが絶えない。ジョンヨンは,ハッピーランドという児童服店を運営して生活を支えている。

ある日,詐欺師ハクス(クォン・ヘヒョ)とハクチョル(イ・ムヒョン)一味がヨンギに近づいてくる。1千万ウォンあればスターにしてやると。怒ったヨンギは一味を追い返す。一味はジョンヨンにも接近するが発覚し,逃げる途中で押し倒されたジョンヨンは病院に担ぎ込まれる。そこで,ハクスとハクチョルは,ジョンヨンが不治の病に罹っていることを知る。ヨンギは,悩んだ末にジョンヨンの店を担保に借りた1千万ウォンを一味に与える。だが,彼らから妻が不治の病であることを知る。

一方,ジョンヨンは夫ヨンギのためにファンPDの妻に粘り強くお願いをする。事情を知ったファンPDの妻ギョンソン(チュ・グィジョン)は,夫に頼んでヨンギと彼の友達チョルス(コン・ヒョンジン)にギャグ天王コンテストに参加する機会を与えてくれる。ヨンギはジョンヨンがよく見たアルバムを見て,彼女の追憶を探してあげようと心に決め,ハクス, ハクチョル一味にその仕事を頼む。特に彼女が終生愛した初恋があったことを思い出し,その人を必ず探しだすよう要請する。

ヨンギとチョルスはギャグの実力で決勝に上がり,ハクス, ハクチョル一味は全国をまわりジョンヨンの懐かしい人々に順に会う。そして,ジョンヨンの大の仲良しから彼女が終生愛した人の実体を知る。その人は他でもない,小学校3年時にソウルから転校してきた夫ヨンギだった。ハクス一党から写真一枚を渡されたヨンギ。過ぎた日の記憶をたどる。ついにギャグ天王決勝戦。ジョンヨンは,公会堂に行って夫の涙が混ざったギャグ演技を見て静かに息を引き取る。

[制 作 年] 2001年 [封 切] 2001年3月24日 [観覧人員] 479,679人 2001年 第11位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 贈り物 선물  [英 語 題] Last present [原 作] パク・チョンウ [脚 本] パク・チョンウ [監 督] オ・ギファン [第1作] [撮 影] イ・ソッキョン [照  明] パク・ヒョノン [編  集]  [音 楽] チョ・ソンウ [美 術]  [武 術]  [出 演] イ・ジョンジェ   → チョン・ヨンギ ギャグマン       イ・ヨンエ     → パク・ジョンヨン ヨンギの妻             クォン・ヘヒョ   → ハクス 詐欺師        イ・ムヒョン    → ハクチョル ハクスの弟分          コン・ヒョンジン  → チョルス ヨンギのギャグパートナー     ユン・ジニョン   → ジニョン ジョンヨンの店近くの麺類屋社長      サ・ヒョンジン   → ヘジョン ジョンヨンの店近くの花屋お嬢さん      イ・インチョル   → カク・ヒョンミン ジョンヨンの高校の国語教師      イ・ムンシク    → ヨンマン ジョンヨンの小学校同窓 白手     ク・ヘリョン    → エスク ジョンヨンの小中学校の親友      キム・ソンギョム  → ヨンギの父      パク・スンテ    → ヨンギの母      メン・サンフン   → ファンPD ギャグ天王の担当PD      チュ・グィジョン  → ファンPDの妻 ギョンソン    ホ・ソネン     → 医師1    イ・ジョンネ    → 医師2 キム医師    ユ・テヨン     → 看護婦1    イ・スジョン    → 看護婦2    ヤン・ソンユン   → 看護婦3    パク・トンイル   → ハウス主人    オ・スンジュン   → 小学校時代のヨンギ    チャン・ミナ    → 小学校時代のジョンヨン    チョン・ファヨン  → 小学校時代のエスク    チャン・ホングァン → 小学校時代のヨンマン    キム・テヒ     → 中学校時代のジョンヨン    ユ・ミンジョン   → 中学校時代のエスク    ユン・ジェグン   → 小学校の先生    チェ・ウソン    → 放送局FD    チョ・ヨングァン  → 放送局の子供    ユン・ジノ     → ギャグ天王のAD      ノ・ドンイン    → ギャグ天王出演陣      キム・ソンス    → ギャグ天王出演陣      リュ・ギョンジン  → ギャグ天王出演陣      パク・チェス    → ギャグ天王出演陣      チェ・ジェウク   → ギャグ天王出演陣      キム・ビョンウク  → ギャグ天王出演陣      オム・ギョンチョン → ギャグ天王出演陣      ヤン・ヒョン    → ギャグ天王出演陣      ユン・ソンホ    → ギャグ天王出演陣      チェ・ヒソン    → ギャグ天王出演陣      キム・ウンテ    → ギャグ天王出演陣      パク・フィスン   → ギャグ天王出演陣      キム・スミ     → ギャグ天王出演陣      パク・ウンジ    → ギャグ天王出演陣      キム・ジャンリョル → ギャグ天王出演陣      イ・テフン     → ギャグ天王出演陣      キム・ジュヒョン  → ギャグ天王出演陣      キム・ジホ     → ギャグ天王出演陣      キム・リャンギョン → ギャグ天王出演陣      イ・スグン     → ギャグ天王出演陣      キム・ビョンマン  → ギャグ天王出演陣      イム・イナン    → ギャグ天王出演陣      キム・インスク   → ギャグ天王出演陣    友情出演    キム・スロ     → ユシク 人気ギャグマン    キム・ヨンベ    → クァンシク ヨンギの先輩ギャグマン    ホン・ソクチョン  → チョンチュン 詐欺にあう男    ペク・チェヒョン  → MC男    コン・ヒョジン   → MC女    キム・サンジン   → ユシクのマネージャー [映画監督]    イ・ギョンファ   → スギョン ジョンヨンのKFCアルバイトの同僚 [受 賞] 2002 第25回 黄金撮影賞授賞式/銀賞(イ・ソッキョン),最優秀人気女優賞(イ・ヨンエ) [時 間] 113分 [観覧人員] 15才以上 観覧可 [制 作] キム・ミヒ,キム・サンジン   [制作会社] (株)よい映画 [日本配給] パンドラ [ビ デ オ] キングレコード(ビデオ \16,000 DVD \4,700) [レンタル] あり [H P]  [Private ] J-DVD【41】 [お ま け] ・アジアフォーカス・福岡映画祭2002 上映作品    ・ラストの<ギャグ天王>決勝戦のシーンには,エキストラが1,000人動員され,        12時間を超える撮影が行われたそうだ。    ・この中の500人余の名前は,エンディング・クレディット字幕にひとりひとりの        名前がアップされた。


プラウザの「戻る」で戻ってください。