輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ミルクチョコレート(1950〜1990)

いわゆるファーストフード世代のジュンヒョクは,現代の息子たちの姿だ。父ソ・パンスルは金庫荒し15犯で,ジュンヒョクと夢の宝物倉庫をかっさらおうと計画する。ソ・パンスルの長男で,ジュニョクの腹違いの兄ソ・ウクは,現職捜査官で,父と葛藤を経るようになる。

ソ・パンスルと腹違いの兄弟の葛藤と和合が進む過程で,彼らは互いに理解するようになり,二人の息子を待ってくれていた女性たちとも再会する。


[製 作 年] 1991年
[韓国封切] 1991年3月16日
[観覧人員] 2,007人
[原    題] ミルクチョコレート(1950〜1990) 
[英 語 題] Milk Chocolate
[原    作] ナム・マノン(南万元)
[脚    本] ナム・マノン(南万元)
[監    督] ナム・マノン(南万元) [第 作]
[撮    影] チェ・ジョンウォン
[照  明]
[音    楽]
[出    演] パク・イナン    → ソ・パンスル
         カン・リナ     → 
         ユ・ドングン    → 
         チン・ヒジン    → 
         アン・ギソン    → 
         キム・ヨンゴン   → 
         イ・ヒソン     → 
         キム・ギジョン   → 
         キム・ギボム    → 
         ム・セジュン    → 
         チェ・グンジェ   →
         チョン・ヨンチョル → 
         パク・ヨンパル   → 
         イ・ソンジュ    → 
         キム・グィレ    →
         パク・チンジュ   →
         イ・ナソン     →
         コ・サンベク    →
         パク・チョンヨル  →
         キム・ドンハ    →
         キム・ヨンイル   →
         チョン・ギュ    →
         マ・サンチュン   →
         キム・ミシ     →
         ナム・ポドン    → ナイトクラブ店主

[受    賞] 1991 第27回 百想芸術大賞/新人監督賞(ナム・マノン)
         1992 第16回 黄金撮影賞授賞式/銀賞(チェ・ジョンウォン),新人監督賞(ナム・マノン)
[時    間] 115分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] 活動写真共同体 春史
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。