輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ワニ&ジュナ 〜揺れる想い〜  DVD発売

アニメーターとシナリオ作家の愛を通し,男女の交錯する視線とその中でひらく微妙な感情の屈曲を描き出した作品

ワニは,26歳。6年目の動画部アニメーター。成功よりは仕事自体を愛する彼女は,原画部へ移る問題に悩んでいる。

彼女を愛するシナリオ作家志望ジュナは,27歳。 春川のワニの家で暮らしながら,初めての長編シナリオに熱中している。デビューが遅れても書きたい話を書くのが夢だ。

彼らの姿は暖かくて爽やかだ。内省的で口数が少ないワニは,瞬間的に冷たく見えるが,実は深くてもろい性格。浪漫的でいたずら気が多いけれど,深い面が魅力的なジュナは,そのようなワニを理解している。

ワニの心の中には消すことのできない初恋が眠っていた。ワニの家の2階には,閉じられた部屋がひとつある。彼女の異母弟であり初恋だったヨンミンの部屋。愛を感じた瞬間,離別を迎えたつらい初恋をワニは整理できないまま大事に保管している。

ある日, 留学していたヨンミンの帰国の知らせが伝えられる。そして,ヨンミンを片思いした後輩ソヤンが訪ねてくる。

[製 作 年] 2001年
[韓国封切] 2001年11月23日
[観覧人員] 101,879人 2001年 第19位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] ワニとジュナ 와니와 준하 
[英 語 題] Icon of Cool
[原    作] 
[脚    本] キム・ヨンギュン,ソ・シネ
[監    督] キム・ヨンギュン [第1作]
[撮    影] ファン・ギソク
[照  明] シン・ギョンマン
[音    楽] キム・ホンジプ
[出    演] キム・ヒソン    → イ・ワニ アニメーター
         チュ・ジンモ    → キム・ジュナ シナリオ作家
         チェ・ガンヒ    → ユン・ソヤン ヨンミンのガールフレンド
         チョ・スンウ    → ヨンミン ワニの異母弟
         キム・グァンニム  → ワニの父 
         イ・ヘスク     → ワニの母
         チェ・グァンイル  → チョンウ ワニの会社先輩  
         ソン・セグァン   → ヒョンス
         パク・チョンファン → ソンジェ 動画部員
         イ・サム      → トソク
         ソ・ジャヨン    → チャヨン
         キム・スジン    → ヨンスク 動画部員
         ミン・ユンジェ   → スミ
         キム・スンヒョン  → スギョン 動画部員
         ヤン・ヨンジョン  → ヨンジョン
         キム・ホンパ    → 映画社社長
         イ・ジョンウン   → プロデューサー
         チェ・ミングム   → スーパー主人
         ヒョン・スッキ   → 叔母さん
         チョ・ドクチェ   → 飲み屋主人
         チョン・ギョンホ  → 猫を轢く運転者
         ソン・ヒヨン    → 女子高生1
         キム・ヨンイム   → 女子高生2 
         ク・ウォニョン   → 女子高生3
         ソ・ヨンソク    → CG室先輩
         カン・ミヨン    → ソニーショップ女性職員
         コ・ジュヨン    → 幼いワニ
         コ・ギボム     → 幼いヨンミン
         イ・ドンウン    → 動画部員
         イ・ジミ      → 動画部員
         ミン・ナンジュ   → 動画部員
         ペク・チョンニム  → 動画部員
         キム・ジュノ    → 動画部員
         ナ・ヒョンジョン  → 動画部員
         パク・チャヌ    → 動画部員
         キム・ヒソン    → 動画部員
         キム・ヨニ     → 輪回しをする子ども1
         ピョン・チャンソク → 輪回しをする子ども2
         キム・ジュニョン  → 輪回しをする子ども3
         イム・ヒョンギュン → 輪回しをする子ども4

         アニメーション出演
         ソン・ウネ     → 幼いワニ
         イム・ドンヒョク  → 幼いジュナ
         ソン・ウニョン   → 幼いヨンミン
[受    賞] 
[時    間] 114分
[観覧基準] 15歳未満 観覧不可  
[制 作 者] キム・グァンス
[制作会社] 青年フィルム(株)(Generation Blue Film)
[ビ デ オ] カルチュア・パブリッシャーズ
[レンタル] あり
[H    P] 
[撮影場所] 江原道 チュンチョン(春川)市庁
      チュンチョン(春川)デジタルスタジオ
      チュンチョン(春川)中島
         チュンチョン(春川)ハイテクベンチャータウン
      チュンチョン(春川)ユボン(裕鳳)女子高等学校

[Private ] (K-VHS) J-DVD J-Blu-ray-Rec

[お ま け] ・映画の中で,ジュナ(チュ・ジンモ)が,ヨンミンの部屋で鉛筆を削り損なって手を
       切る場面がある。

         ・ 制作スタッフは,代役を使うか,特殊扮装かコンピュータ・グラフィック処理をす
       ることを考えたが,チュ・ジンモは,ジュナの心境変化を表す重要な場面であるので,
       自分が直接演技をすると固執して,自ら手を切って血を流したそうだ。
   ・ワニ(キム・ヒソン)は,動画部でアニメーターの作監として仕事をしている。     原画部は,アニメーション作業中キャラクター動作のキーポイントになるフレームを        描くパートで,動画部は,原画部で描いた原画フレームの間に入る細部的な連結動で        ある動画を描くパート。        一般的に動画部で経歴を積んだ後,原画部で仕事をする。    ・動画部作監は,他の動画部員たちと同じ作業をしながら動画部員たちを指導したり,        作業を修正してあげるなどチーム長の役割をする。

プラウザの「戻る」で戻ってください。