輝国山人の韓国映画
<Home>へ

家族の誕生    DVD発売

全く関連がないように見える三つの話が,後半部に連結する独特な形式のドラマで,血縁と関係がない多様な人間関係の中で結ばれる<家族>の意味を描いた作品

誰が見ても恋人カップルと誤解するほど親しく,友人のようで恋人のような姉弟ミラ(ムン・ソリ)とヒョンチョル(オム・テウン)。

自由な人生を楽しむヒョンチョルは,5年の間も便りなく,突然姉ミラを訪ねてくる。人生が少しは曇る20歳年上の女性ムシン(コ・ドゥシム)と一緒に。そして,素晴らしい人生を夢見たミラは,愛する弟ヒョンチョル,そして弟が愛する女性ムシンとのハラハラして,ぎこちない同居を始める。

一方,リアリストのソンギョン(コン・ヒョジン)は,ロマンチストの母メジャ(キム・ヘオク)のために静かな日がない。愛ならば万事OKの母の後始末をするソンギョン。ボーイフレンドのチュノ(リュ・スンボム)との愛情戦線に混じった暗雲もきれいに晴れる兆しを見せない。

そして,そいつの愛のために気楽な日がないキョンソク(ポン・テギュ)とチェヒョン(チョン・ユミ)がいる。顔も気持ちも可愛いチェヒョンが,あふれる愛を周囲の人々に分けていたら,ボーイフレンドは愛情欠乏症にかかってしまったという数奇なカップルだ。

この7人は,愛だけでも複雑だが,あちこちで絡まり混ざったスキャンダルでいつも人生が揺れている。愛にスキャンダルに風が静まる日がない彼ら。果たしてきらびやかな幸福が生まれるだろうか。

[制 作 年] 2006年 [韓国封切] 2006年5月18日 [観覧人員] 75,078人(ソウル封切館基準) [原 題] 家族の誕生 가족의 탄생 [英 語 題] Family Ties [ジャンル] ドラマ [原 作]  [P  D] ペク・ヨンジャ [脚 本] ソン・ギヨン,キム・テヨン [監 督] キム・テヨン [第2作] [助 監 督] ペク・マガン(全国映画産業労働組合) [撮 影] チョ・ヨンギュ [照  明] チュ・インシク [編  集] ソン・スア [音 楽] チョ・ソンウ [美 術] キム・ジュン [出 演] ムン・ソリ     → イ・ミラ      コ・ドゥシム    → オ・ムシン ヒョンチョルの妻      オム・テウン    → イ・ヒョンチョル ミラの弟      コン・ヒョジン   → ユ・ソンギョン 日本語ガイド      キム・ヘオク    → メジャ ソンギョンの母      ポン・テギュ    → チェ・ギョンソク 大学生 ソンギョンの異父弟       チョン・ユミ    → チェヒョン 大学生      チュ・ジンモ    → ウンシク メジャの愛人      キム・コッピ    → 麺類屋常連学生1      イ・ナリ      → 麺類屋常連学生2      ファン・ウンジ   → 麺類屋常連学生3      イ・ジンソン    → 麺類屋常連学生4      キム・ドンヨン   → 麺類屋常連学生5      チョ・フンフィ   → 麺類屋常連学生6      チョ・ソンファン  → 麺類屋常連学生7      イ・ラへ      → 幼いチェヒョン      イ・インチョル   → トンドンクリム(おじさん) [編集でCut]      パク・チュンヒョン → 面接官1      キム・ヒョナ    → 面接官2      ソン・ジョンウ   → 面接官3      オ・ヘウォン    → 担任先生      キョンイル(京一)        高等学校 鼓笛隊  → 鼓笛隊 [編集でCut]      ソン・ヒョニ    → 日本人観光客      ハン・ユナ     → チュノのガールフレンド      チュ・スンヨプ   → ウンシクの息子1      キム・テフン    → ウンシクの息子2      キム・ヒス     → 幼いキョンソク      イム・ジョンウン  → ヒョナ チェヒョン/キョンソクの先輩      コ・ギュピル    → チェヒョン/キョンソクの友人1      チョン・ミヨン   → チェヒョン/キョンソクの友人2      チョ・ミョンヨン  → 葬式場 先輩 テシク      ホン・ジェソン   → サンホ       キム・テユン    → ヨンホ サンホの息子      シン・イェウォン  → 電車後部座席の子供 [編集でCut]      リュ・ソンヒョン  → 借金だらけの男 [編集でCut]      カント       → ミラ家の犬      特別出演      リュ・スンボム   → チュノ ソンギョンの元恋人      チョン・フンチェ  → キム社長 ミラの恋人      イ・ヒョンスン   → ウンシク夫人      ウ・ヒョン     → プラットホームの男 [エンディング]      チョ・ヒボン    → プラットホーム 探す男 [エンディング]       イ・ウンジョン   → プラットホーム 避ける女 [エンディング]       パク・ミヒョン   → ミヒョン ヒョンチョルが連れて来た身ごもった女性      チョンウェ僧侶   → 僧侶 [編集でCut]       字幕外       キム・ウソク [受 賞] 2006 第47回 ギリシア テサロニキ国際映画祭/大賞(ゴールデン・アレクサンダー賞)                             女優主演賞                             脚本賞      2006 第27回 青龍映画賞/監督賞,女優助演賞(チョン・ユミ)      2006 第26回 韓国映画評論家協会賞/最優秀作品賞      2006 第14回 利川春史大賞映画祭/男子新人賞(オム・テウン)      2006 第7回 釜山映画評論家協会賞/最優秀作品賞,監督賞      2007 第44回 大鐘賞映画祭/最優秀作品賞,脚本賞 [映 画 祭]  [時 間] 113分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] ペ・ヨングク [制作会社] ブルーストーム(BLUE STORM)(株) [制 作 費]  [ビ デ オ] エスピーオー(DVD 5,040円)2008/9/3発売 [レンタル] あり [H P] 終了(韓国) [撮影場所] チュンチョン(春川)ヤクサミョン洞 130-43番地 ミラの家       チュンチョン(春川)ウドゥ洞 コンコンスナック       チュンチョン(春川)シンブク邑(ウプ)セムパッ市場       チュンチョン(春川)ソムンナン(噂の)フェチプ(刺身店)       チュンチョン(春川)シンブク地区隊       チュンチョン(春川)ホバン小学校       チュンチョン(春川)社会文化オリニチプ(幼稚園)       チュンチョン(春川)トゥサンベイスタウン観光ホテル       チュンチョン(春川)市 ヤクサミョン洞事務所       チュンチョン(春川)市 ヤクサミョン洞 敬老堂       チュンチョン(春川)ソヤン(昭陽)小学校       チュンチョン(春川)シンブク邑(ウプ)事務所       ファソン(華城)文化事業所 チャンヨンヨン守衛式       スウォン(水原)チャンアン公園       カピョン(加平)文化芸術会館       韓国鉄道公社       KTXクァンミョン(光明)駅       ソンタン ラッキーショップ       チョンミョン マリンランド       アンサン(安山)芸術人アパート       ヨンイン(龍仁)ポジョン葬式場       ホンデ(弘大)タルグァンソン       アンサン(安山)デコスビル       ピョンテク(平澤)ソジョン洞 ソンソ聖堂       ソヤンガン(昭陽江)ダム管理事業所       ポジョン葬儀文化センター [M-Video] ラブホリック <日曜日,晴れ> [Private ] K-DVD【76】 J-DVD【76】 ★★★★☆ [お ま け] ・韓国映像資料院「韓国映画100選」選定作品(2013年)       ・編集でカットされた場面に出てくる「トンドンクリム(おじさん)」は、これです。        https://www.youtube.com/watch?v=2AruTajFz7w       ・映画の最後に、この映画に登場した人物が次々と駅のプラットホームに出てきますが、        ウ・ヒョンチョ・ヒボンイ・ウンジョンの三人は、本編での出演場面が編集で削除        されているため、ここだけになってしまっています。


プラウザの「戻る」で戻ってください。