輝国山人の韓国映画
<Home>へ

スーパースター☆カム・サヨン    DVD発売

1982年,韓国プロ野球の元年当時,最下位チーム三美スーパースターズの万年敗戦処理専門投手(ゲームの敗北が確実な時に次のゲームの投手ローテーションを考慮して登板する交替投手)として活動した実存の人物カム・サヨンを描いたコミック・スポーツドラマ

韓国プロ野球20年の歴史上,引退投手は,全部で758名だ。その中で10勝以上をおさめた投手は,126人だけだし,1勝以上おさめた投手は,431名だ。残りの327人は,1勝もおさめられずに野球界を去った。

1982年プロ野球元年。身長170cm,体重70kg,小さい手,その上左利きのカム・サヨンは,チームに左投手がいないという理由だけで三美スーパースターズの投手となる。

名前とは違ってスター選手が1人もいない三美スーパースターズは,開幕するやいな最下位チームという不名誉を抱くようになり,サヨンは,先発登板が一度もなく,敗戦処理専門投手という烙印を押される。チームに敗色が濃くなれば,時をわきまえず出て行く仕上げ投手。相手チームは,カム・サヨンが出てくれば感謝する。

そんなサヨンにも一生一大の機会が訪れる。最強チームOBベアーズ,それもOBの看板スター パク・チョルスンの20連勝に王手をかけたゲーム。三美の投手陣は,誰が見ても分が悪いゲームへの登板を互いに譲り合ったあげく,機会はカム・サヨンにやってくる。

生涯初めてで最後になるだろう先発登板。たった一度でいいから勝ってみたいカム・サヨンの夢は,果たして実現するだろうか?

[制 作 年] 2004年 [韓国封切] 2004年9月17日 [観覧人員] 330,396人(ソウル封切館基準) [原 題] スーパースター カム・サヨン [英 語 題] Mr.Gam's Victory  Superstar Mr.Gam [ジャンル] ドラマ,コメディー [原 作]  [脚 本] キム・ジョンヒョン,キム・ヒョンワン(脚色),アン・ジェソク(脚色) [監 督] キム・ジョンヒョン [第1作] [撮 影] キム・ヨンホ [照  明] ヤン・ウサン [音 楽] チョ・ソンウ [出 演] イ・ボムス     → 投手 カム・サヨン 26    ユン・ジンソ    → パク・ウナ    リュ・スンス    → 投手 イン・ホボン 31    イ・ヒョクチェ   → 捕手 クム・グァンオク 22    コン・ユ      → パク・チョルスン OBベアーズ 投手 21    キム・スミ     → サヨンの母    チャン・ハンソン  → パク監督    チョ・ヒボン    → カム・サミョン サヨンの兄    オ・スミン     → チャン・イラン 女優    パク・ヒョジュ   → シン・ヘヨン ウナの友人    キム・ミソン    → カム・ミジャ サヨンの妹    パク・チュンソン  → オ・トンソプ課長    キム・ファンド   → ナ代理    ノ・ジノン     → ソ代理    キム・ヒョク    → 右翼手 ヤン・スングァン 8    ミョンギュ     → 1塁手 チョ・フンウン 3    イ・ジョンジュン  → 遊撃手 ホ・ウン 6    チョン・サンジン  → 2塁手 イ・チョルソン 5    ヨ・チャンス    → 3塁手 キム・グギル 16    キム・ミンソン   → 左翼手 キム・ムグァン 7    ペク・トゥビン   → 中堅手 キム・ギョンナム 27    クォン・ヒョンジン → 投手 オ・ムニョン 37     イ・ラム      → 投手 キム・ジェヒョン    イム・ヒョンチョル → キム・ジンチョル    チェ・ボンソク   → 投手 キム・ドンチョル 29    パク・クンス    → イ・ソンドク コーチ 41    ハ・ドクプ     → チョ コーチ    リ・ミン      → シン・ギョンシク OBベアーズ 19    イ・ソンドク    → ク・チョンソ OBベアーズ 20    イ・ミョンス    → ユン・ドンギュン OBベアーズ 10    キム・ソンフン   → キム・ウヨル OBベアーズ 3    ペク・チョルミン  → 捕手 キム・ギョンムン OBベアーズ 22    キム・ヒョンス   → 遊撃手 OBベアーズ    オ・ウンジン    → 3塁手 OBベアーズ    キム・ジノン    → 中堅手 OBベアーズ    カン・スンウォン  → 監督 OBベアーズ    ハム・ゴンス    → ペク・インチョン MBC 青龍    キム・ヒョンソク  → キム・ソンハン ヘテ タイガース [映画監督] 友情出演    パク・ヨンウ    → ノ・サンス ロッテ ジャイアンツ 友情出演    イ・ジョンフン   → アナウンサー    イ・ビョンフン   → 解説者    イェ・ミンジョン  → キャラクター女    ウム・ソクチョン  → カップル男    ソ・ジョンヒ    → カップル女    ハン・デグァン   → 相乗客    チャン・ソヨン   → ホボンの妻    ホ・ジョンヘ    → ホボンの娘    ユ・ギテ      → 三美特殊鋼捕手    チョ・ウォンドン  → インチョン(仁川)市庁 打者    カン・ジェビョン  → インチョン(仁川)市庁 選手    チョ・ジョンヒ   → インチョン(仁川)市庁 選手    チョン・ソグォン  → バイク男    イ・ヘヨン     → 喫茶店レジ    キム・テフン    → 三美ピケ少年    チェ・ミンス    → OBファン少年    ソン・ミンギュ   → カメラマン    キム・ドリャン   → 交通巡査    イ・デヒ      → 投手募集志願者1    イ・ギウク     → 投手募集志願者2    チェ・ミンス    → 投手募集志願者3    キム・サンヒョン  → 投手募集志願者4    ヤン・ジェグン   → 投手募集志願者5    チョン・ヨンパル  → 投手募集志願者6    パク・ヒョンギョン → 投手募集志願者7    チェ・デフン    → 投手募集志願者8    チョン・ジュナ   → 投手募集志願者9    キム・チョリョン  → 投手募集志願者10    字幕外    ペク・ユンシク   → [編集でカット]    イ・ホウ      → アナウンサー    イ・テソン     →  [受 賞]  [時 間] 115分 [観覧基準] 全体 観覧可   [制 作 者] チャ・スンジェ,ノ・ジョンユン [制作会社] サイダス [ビ デ オ] ポニーキャニオン(DVD 3,990円)2007/2/2発売 [レンタル] あり [H P] 終了(韓国)    http://www.superstar.jp/(日本) [撮影場所]  [制 作 費] 55億ウォン(純制作費40億+マーケティング費15億) [Private ] K-DVD【20】 J-DVD(2,993)【20】 [お ま け] ・カム・サヨンが所属した三美スーパースターズは,1982年韓国プロ野球元年にイ     ンチョン(仁川)をフランチャイズとしてスタートしたチーム。    ・その年,1割8分8厘(15勝65敗)という今でも破られない歴代最悪の成績を残     して6球団中最下位だった。    ・他チームの投手たちは,相手チームが三美と聞けば,自分が出場するといい,ひょん     なことで三美が勝った日には,明日は太陽が西から昇るといってあざ笑ったそうだ。    ・1983年,在日同胞出身の投手タヌキ チャン・ミョンブの招聘で一躍3位に上がり     気炎を吐くけれど,あまりに多い登板のため,鉄腕にもひびが入って,三美は,また     最下位に落ちる。    ・結局,三美スーパースターズは,1985年前半期を最後に,チョンボ・ピントス     (1985年後半〜1987年)に身売りされ,その後,太平洋ドルフィンズ     (1988〜1995年),現代ユニコーンズ(1996〜現在)として命脈をつな     いでいる。    ・1982年の三美スーパースターズの不滅の記録       シーズン成績:前期10勝30敗,勝率0.250,6チーム中6位              後期 5勝35敗,勝率0.125,6チーム中6位              (82年他球団平均成績45勝35敗,勝率0.563)       最小得点:302点(82年他球団平均得点395点)       最小ヒット:637打(82年他球団平均ヒット722打)       最小ホームラン:40本(82年他球団平均ホームラン65本)       最小盗塁:74回(82年他球団平均盗塁125回)       チーム最多失点:20点(82年6月12日,82年7月10日2度(対三星))       シーズン特定チーム相手全敗:16戦全敗(対OB)       特定チーム相手連敗:16連敗(82年4月15日〜9月16日(対OB))       国内初サイクルヒット:三星オ・デソク(82年6月12日)       投手連敗記録:12連敗(カム・サヨン 82年月30日〜9月28日)    ・カム・サヨン(甘四用,47歳)は,1982年のプロ野球元年に幽霊打線を自慢した     最下位チーム三美スーパースターズに入団し,5年間で1勝15敗1セーブというみ     すぼらしい記録を残した選手。    ・職場野球人出身でプロ野球選手になった空前絶後の人物だ。    ・中学校2年の時に野球を始めて,高等学校と大学を経て投手になったが,国家代表や     実業野球選手に選ばれる程の選手ではなかった。    ・大学卒業後も彼を呼んでくれる実業チームはどこもなくて,彼は,慶尚南道のチャン     ウォン(昌原)市にある三美特殊鋼に就職した。    ・趣味として職場野球を楽しんでいたが,系列会社でプロ野球が創立されるという報せ     に接してオーディションを受け,三美スーパースターズの選手となる。    ・だが,彼が選抜された理由は,単にチームに左腕投手がいないということだけのため     だった。    ・投手陣が弱かった三美は,なりゆきで登板して投げていた。    ・カム・サヨンは,1982年の初年度には先発で投げたが,翌年からプロ野球選手を     やめるまでの4年間は,一度も先発していない。    ・映画のように敗戦処理投手であった。


プラウザの「戻る」で戻ってください。