輝国山人の韓国映画
<Home>へ

学校生活に適応できず,家庭から捨てられた10代たちが,カリボン(加里峰)洞のあるところに集まって住んでいる。島流し先で暮らしていく私たちの呪われた英雄は,4人の子供たち,チャン,ハン,ラン,セリだ。

反抗的で暴力的だが,時々彼らも愛を渇望して冷酷さの中で夢を持つ方法も分かる。しかし,絶望と虚無の空間の中で人々の夢は果たして希望と呼ぶことができるのだろうか。

離婚した両親が嫌いで家出した純真なハンは,暴力と悪口をぶらさげた友だちチャンに会う。

ある歓楽街の酒場,チャンに巻きこまれて女の子たちと集団セックスパーティーを行おうとした途端,ハンは,どさくさまぎれにセリの脱出を助けることになる。

ルームサロンで客引きをすることになるハン。そこには酒場ホステスの仕事をしてヒモであるチャンにあらゆる事を捧げるラン,子供たちから財物を奪い取る女たらしの酒場支配人ヨンホがいる。

希望のない歓楽街で底辺生活をしていくハンは,タフなバイク少女セリが好きになる。幼い時の傷のために‘悪い睡眠’をしないセリだが,ハンに会って少しずつ心をひらく。

ある日,ハンとセリ,ランとチャンは,つまらない現実を忘れるためにバイクを盗んで海に行く。しかし,彼らを迎えるのは,ゴミだけの干潟の海。再び歓楽街に戻ったハンとチャンは,集団強姦疑惑で警察に追われることになる。

[製 作 年] 2000年
[韓国封切] 2000年1月20日
[観覧人員] 
[原    題] 涙 눈물
[英 語 題] Tears
[原    作] 
[脚    本] イム・サンス
[監    督] イム・サンス [第2作]
[助 監 督] チェ・ドンフン
[撮    影] イ・ドゥマン
[照  明] 
[音    楽] ムン・ジュノ
[出    演] ハンジュン    → ハン
         ポン・テギュ   → チャン
         パク・クニョン  → セリ
         チョ・ウンジ   → ラン
         ソン・ジル    → ヨンホ
         イ・ボンギュ   → ハンの父
         クォン・ナミ   → ハンの母
         イム・サンス   → 医師 [監督]
         キム・ウンス   → 援助交際男
         チョ・サンゴン  → 公衆電話の男
         キム・ソックァン → 子供客引き
         イ・セラン    → 年上女
         ムン・ギョンヒ  → 子どもを殴る食堂おばさん
         イ・ジェギョン  → タクシー運転手
         イ・ガンヨプ   → ガス銃を撃つ警察
         シン・ウンソプ  → ケンカをふっかける客
         パク・チャングク → ケンカをふっかける客
         シン・ソンシク  → ケンカをふっかける客
         チュ・ソヨン   → 注油員少女
         チャン・サンピル → 変態客 [制作責任]
         キム・ジンミン  → 町の警察 [助監督]
         リュ・ウゴン   → 追撃警察
         ミン・ヘジョン  → 殴られる子供
         チェ・ドンフン  → エレベーターカップル [助監督]
         クォン・グッキ  → エレベーターカップル  [スクリプター]
         チェ・ユルヒ   → ランの新しい同居の男
         マル       → ランの子犬
         スタク      → ランの子犬
         サムシク     → ランの子犬
         キム・ソンファ  → 服店主人


[受    賞] 2001 第38回 大鐘賞映画祭/新人監督賞

[映 画 祭] ベルリン国際映画祭:パノラマ部門
         香港国際映画祭
         シドニー アジア太平洋国際映画祭
         釜山国際映画祭
         モスクワ国際映画祭
         メルボルン国際映画祭
         東京国際映画祭

[時    間] 103分
[観覧基準] 18歳未満 観覧不可  
[制 作 者] オ・ジョンワン
[制作会社] (株)映画社 ポム(春)
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] (K-VHS) → Blu-ray
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。