輝国山人の韓国映画
<Home>へ

南極日誌  DVD発売

酷寒の南極を舞台に,1958年にソ連探検隊によって,たった一度だけ征服された後,誰も到達できなかった南極の到達不能点(P.O.L=Pole of Inaccessibility:南緯82度08分,東経54度58分 海抜3700m,氷の厚さ3000m 海岸線から最も遠い地点)に向かう6人の探険隊員が,80年前の英国探検隊が残した日記帳を発見した後,一人,二人と狂気に陥っていくというミステリー恐怖物

零下80度の酷寒。昼と夜が6か月ずつ続く南極。探検隊長チェ・ドヒョンをはじめとする6人の探険隊員は,到達不能点征服に出る。日が沈む前に,到達不能点に到着しなければならない世界最初の無補給横断。残された時間は,60日。世界で最も難しく不可能に見える挑戦が始まる。

偶然に発見した古い旗。その下に埋められていた80年前の英国探検隊の「南極日記」。日記に出てくる英国探検隊も私たちのような6人。ところがチームで一番若いミン・ジェは,日記におかしな点を発見する。探検隊が「南極日記」を発見してから不思議なことが起きる。ウイルスがいない南極で風邪症状を見せて倒れる隊員。急に吹き荒れた突風(ブリザード)と一緒に危険千万な状況が続く。

ある日からベースキャンプのユジンとの交信も途絶え,通信装備がいうことをきかない。同時にベースキャンプに送信される奇異な映像と非情交信音。ホワイトアウトの白い闇の恐怖の瞬間,一人,二人と隊員たちが消えていく。

[制 作 年] 2005年
[韓国封切] 2005年5月19日
[観覧人員] 323,335人(ソウル封切館基準)
[原    題] 南極日記 남극일기 
[英 語 題] Antarctic Journal
[ジャンル] ミステリー,恐怖
[原    作] 
[脚    本] ポン・ジュノイム・ピルソンイ・ヘジュン
[監    督] イム・ピルソン [第1作]
[撮    影] チョン・ジョンフン
[照  明] パク・ヒョノン
[音    楽] 川井憲次,佐久間正英
[美    術] ファン・インジュン
[出    演] ソン・ガンホ   → チェ・ドヒョン 隊長
         ユ・ジテ     → キム・ミンジェ 医療担当
         キム・ギョンイク → ヤン・グンチャン 食事担当
         パク・ヒスン   → イ・ヨンミン 副隊長 GPSと地図担当
         ユン・ジェムン  → キム・ソンフン 通信担当
         チェ・ドンムン  → ソ・ジェギョン ビデオ撮影と電子装備担当
         カン・ヘジョン  → イ・ユジン ベースキャンプでの通信と業務全般担当
       アン・ビョングン → ドヒョンの子供
       シム・ミョングン → ジェギョンの妻
       パク・ソンジュ  → チウン
       パク・イェジ   → ジェギョンの子供1
       イム・ソンミン  → ジェギョンの子供2
       Doug Keown    → 構造要員
       オ・ヒジュン   → 英国探検隊1
       Doug Falconer   → 英国探検隊2
       Geoff Goss    → 英国探検隊3
       Ross Anderson   → 英国探検隊4
       パク・チョンス  → 英国探検隊幽霊
       サム・ヘミントン → 英国探検隊ボイス1
       Nathan W.Farren  → 英国探検隊ボイス2
       イム・ヒョンジュ → Main Theme Vocal Performance

[受    賞] 2005 第6回 チョンジュ(全州)国際映画祭 閉幕作
       2005 第38回 スペイン シッチェス国際カタルニヤ映画祭
                   オリエンタル・エキスプレス部門 最高作品賞
       2006 第24回 ブリュッセル ファンタスティック映画祭 国際競争部門 招請
[時    間] 114分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] チャ・スンジェ,ノ・ジョンユン
[制作会社] (株)サイダスピクチャーズ 共同制作:ミロビジョン
[制 作 費] 
[ビ デ オ] アミューズソフトエンタテインメント(DVD 3,990円)
[レンタル] あり
[小説化本] 
[H    P] http://www.nankyoku-movie.com/(日本)
[撮影場所] ニュージーランド
[Private ] J-DVD【27】
      J-Blu-ray-Rec(チャン・ヒビン 29〜35)
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。