輝国山人の韓国映画
<Home>へ

24

24歳のジュニは,区役所に勤める公益軍務要員。招集解除が1か月後のジュニは,その後どうするかが悩みだが,漠然としている。

ジュニは,人妻で年上の区役所公務員ミヨンと秘密の関係を持っている。また,自分と名前が同じジュニおじさんの小さなクリーニング屋でアルバイトをしていて,おじさんは自分を理解してくれる唯一の人だ。

ある日,ジュニは,区役所で初恋のウンジに会う。放送局に勤めるウンジもPDと秘密の関係を続けている。

いくらか後,ジュニはウンジと会う約束をするが,意外にも約束の場所には彼女の妹ヒョンジがやってくる。忙しい姉の代わりに来たと明るく挨拶するヒョンジの闊逹な姿にジュニは妙な魅力を感じる。

[製 作 年] 2001年
[韓国封切] 2002年3月15日
[観覧人員] 
[原    題] 24 
[英 語 題] My Beautiful Days
[ジャンル] ドラマ,青春,メロー
[原    作] 
[脚    本] チェ・ホンソク
[監    督] イム・ジョンジェ [第2作]
[撮    影] ハム・スノ
[照  明] ヨム・ヒョサン
[音    楽] イ・ビョンウ
[出    演] キム・ヒョンソン  → ジュニ
         ピョン・ウンジョン → ウンジ
         キム・ミンソン   → ヒョンジ
         パン・ウンジン   → ミヨン
         ミョン・ゲナム   → ジュニおじさん
         イ・ヨンナン    → エレーン・キム
         キム・ギョンミン  → ウソン
         パク・チェヒョン  → 古参
         イ・デヨン     → ミヨンの夫
         ミン・ギョンジン  → クリーニング店を覗く男
         パク・ナミ     → スーパーのおばさん
         チェ・ホンソク   → 新参 [脚本]
         パク・チャニュ   → ヒョンジの同好1
         チ・スク      → ヒョンジの同好2
         イ・ウンジョン   → ヒョンジの同好(陸上部)
         ホ・ギョンラン   → ヒョンジの同好(陸上部)
         チャン・ミヨン   → ヒョンジの同好(陸上部)
         ハン・スッキ    → ヒョンジの同好(陸上部)
         キム・ソノク    → ヒョンジの同好(陸上部)
         チョン・ミンジョン → ヒョンジの同好(陸上部)
         イム・ウネ     → ヒョンジの同好(陸上部)
         パク・ポギュ    → ヒョンジの同好(陸上部)
         イ・ウチョン    → 陸上部コーチ
         キム・ジュホン   → 放送局案内員
         チョン・ソヨン   → 放送局リポーター
         パク・ピョングォン → 放送局MC
         キム・サンフン   → 放送局職員
         チョン・ヨングム  → ジュニの母(声)
         ペ・ウンミ     → 看護婦
         キム・ミンギョン  → 区庁女性職員
         チョン・ウヒョク  → ベンチ男
         チェ・ユンジョン  → ギャラリー観覧客1
         ハン・ソンドク   → ギャラリー観覧客2
         クォン・ヨングク  → ギャラリー観覧客3
         キム・ヨンジェ   → ウェイター

       アンゲルロス ダンシングチーム
       アトムスタジオ スケートボードチーム

       アン・ウンス    → 風船おじさん

       チュンナム(忠南)大学 陸上部員
       チュンナム(忠南)大学 ラグビー部員
       チュンナム(忠南)機械工業高校演劇部
         

[受    賞] 2001 第46回 アジア太平洋映画祭/新人監督賞
[時    間] 91分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] チェ・インギ
[制作会社] (株)パク・チョルスフィルム
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] テジョン(大田)広域市 ユソン(儒城)区
      テジョン(大田)市立博物館
         チュンナム(忠南)大学校
      チュンナム(忠南)大学病院

[Private ] (K-VHS) → Blu-ray

[お ま け] ・脚本は,1999年にパク・チョルスフィルム シナリオ公募で大賞に選ばれて,
          イム・グォンテク監督など審査委員たちからベタ褒めを受けたニュー フェース
          作家チェ・ホンソク氏

         ・チェ・ホンソク氏は,自分の24歳を記憶するために,シナリオを書いたそうだ。

         ・映画の終盤に公益軍務要員として区役所にやってきた「新参」役で出演もしている。




プラウザの「戻る」で戻ってください。