輝国山人の韓国映画
<Home>へ

カルナ

1943年,プアン郡ポアン面ユチョン里に高麗陶工の子孫ヤン・チョンス一家が住んでいた。次男チョンギルは,愛するプンニムとの結婚のため,父ヤン・チョンスにかくれて偽のうつわを焼く。しかし,これをヤン・チョンスに見つけられ,プンニムは借金のかたに地主家の道令の嫁に強制的に行き,チョンギルは村を離れる。

民族分断のユギオ(6.25=朝鮮戦争)が炸裂すると,チョンギルは,人民軍になって村に帰ってくる。地主と道令を無惨に銃殺させるチョンギル。そしてプンニムと会って語り尽くせない愛のわだかまりを解く。しかしそれも束の間,すぐ国軍が集まり,国軍将校になったチョンギルの兄ジョンシクが村に進駐する。兄弟の相討ちを見ないという父ヤン・チョンスが 自ら片目を刺し,兄弟は和解する。

[制 作 年] 1996年
[韓国封切] 1996年3月16日
[観覧人員] 20,583人(ソウル封切館基準)
[原    題] カルナ 카루나
[英 語 題] Karuna
[原    作] 
[脚    本] イ・イルモク, パク・チョルミン
[監    督] イ・イルモク [第4作]
[撮    影] チョン・ジョミョン(田朝明)
[照  明]
[音    楽] イ・チョリョク
[出    演] オク・ソリ     → プンニム
         キム・ジョンフン  → チニョン
         キム・チョン    → チスク
         チョ・ジェヒョン  → チョンギル
         チェ・ジョンウォン → ヤン・チョンス
         ナム・ヌンミ    → シン氏
         ソ・ウリム     → ファサン宅
         ソルボン僧侶    → 客人コ氏
         カン・ミンギョン  → ミラン
         パク・チュンギュ  → サンチョル
         イ・ジンス     → ジョンシク
         パク・ヨンシク   → ハム書房(ソバン)
         ハン・ギュヒ    → キム博士
         ナム・ヨンジン   → ミランの父
         ハン・ヨンスク   → ミランの母
         キム・ヨンヒ    → chiスクの母
         イ・ソック     → 刑事
         ジョンマン僧侶   → 住持僧(住職)
         オ・ソナ      → ソナ
         ヤン・イルマン   → チョン・ジギ
         チョン・セヒョク  → 小作人
         チェ・ソゴ     → 背が曲がった息子
         ハム・グァンホ   → 男1
         チョン・ジヌ    → 男2
         パク・ジョンヨン  → トプソクプリ1 
         イ・ホグン     → トプソクプリ2
         イ・ジェヒョン   → トプソクプリ3 [イ・ジャンホ監督の父]
         ユン・ジョンイル  → トプソクプリ4
         カク・チョンヒ   → 行者僧
         キム・ギョンラン  → 女
         シン・イェウォン  → 幼いチスク1
         ソン・ジョンナン  → 幼いチスク2

         特別出演
         イ・ソンウン    →
         キム・ジュヨン   → 
         クォン・ビョンギル → 

[受    賞] 
[時    間] 109分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] イ・ジョンウィ
[制作会社] イルモクフィルム
[制 作 費] 
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] モンゴル
         京畿道 ヤンピョン(楊平)郡 チジェ(砥堤)面 オープンセット
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。