輝国山人の韓国映画
<Home>へ

お母さんは死なない

老年の作家チェ・ホは,書斎で原稿を書いている。彼は,しばらく文を書くことを止めて机の上を見る。机の上に架けてある小さな額縁には,古い原稿用紙に<I love you>というよろよろした文字が書かれている。しばらく手を止めたチェ・ホは,インクをまたつけて原稿を書き始める。

試験を受けている女子高の教室。教卓の上に積まれた携帯電話の中のチヘの携帯電話に<アイラブユー>という受信音が鳴って文字が到着する。チヘは,初恋の人に会いに行ったというボーイフレンドの文字に祝い文字を送ってあげる。チヘが最も好きなボーイフレンドは,彼女のおじいさんのチェ作家だ。

初恋の人に会いに行ったというチェ・ホ作家は,小さなふろ敷包一つを持って,ソウル市のニュータウン開発で一時間後に爆破されるクパバル(旧把撥)の町内に走って行く。世間知らずの子供のように楽しく走って行った所は,壊されていくある家の前。チェ・ホが会いに行った彼の初恋の人は,世の中で最も美しかった自分のお母さんイ・ヨンヒ女史だ。

お母さんは,ミルジョンビョン(小麦粉煎餅)を焼く時も可愛い花を飾って,家でも常にきれいな服を着ていた。しかし一方では,夫もなく一人で下宿屋をしながら,子供3人をみんな育てたがめついおばさんであった。末っ子の息子ホにとってお母さんは,最も親しい友人で,恋人で,初恋の人だ。

父が早く亡くなったことを除けば,幸せな幼年時代を送ったチェ・ホは,新春文芸に登壇して作家としてデビューする。息子が作家になったのが,あまりにも誇らしくてうれしいお母さん。長女と長男が家を出た後にも,末っ子の息子ホは,常に自分のそばにいた。しかし,永遠に切ないと思った末っ子の息子ホが,ある日,お母さんのそばを離れて一人で暮らすという。

[制 作 年] 2007年*
[韓国封切] 2007年9月12日
[観覧人員] 
[原    題] お母さんは死なない 어머니는 죽지 않는다
[英 語 題] 
[ジャンル] ドラマ
[原    作] チェ・イノ
[P  D] ハ・ジュノン
[脚    本] ハ・ミョンジュン
[潤  色] パク・テチュン、オ・ジョンミ
[監    督] ハ・ミョンジュン [第5作]
[助 監 督] イ・ウォニ
[撮  影] キム・ヒョンジュ
[照  明] イ・ドンソプ
[音    楽] シム・ヒョンジョン
[美    術] アートディレクター:イ・ダヨン

[出    演] ハン・ヘスク    → お母さん イ・ヨンヒ ケソン宅(テク)
       ハ・ミョンジュン  → 老年チェ・ホ
       ハ・サンウォン   → 青年チェ・ホ

       特別出演
       イ・デグン     → 社長 サイゴン不動産
       チェ・ジュボン   → 現場責任者

       パク・ハソン    → チヘ チェ・ホの孫娘 高校生
       ペ・シウン     → 幼年チェ・ホ
       キム・スンウク   → 少年チェ・ホ
       オ・ユジン     → ユジョン ホの恋人
       チョン・セヒョン  → チェ・ピル ホの兄
       ホン・ソンス    → ホの父
       ノ・ミヌ      → 少年チェ・ピル ホの兄
       ソン・ヒョノ    → 青年チェ・ピル ホの兄
       イ・スル      → 少女チェ・スク ホの姉
       パク・スッキョン  → チェ・スク ホの姉
       キム・ミヨン    → チェ・ピルの女性
       クォン・オヒョン  → ピエロ/新聞配達員
       キム・ドンチョル  → 幹部1
       キム・ジョンイク  → 幹部2
       カン・エシム    → 尼僧
       イ・スク      → 受付台おばさん 銭湯
       チョ・ミジョン   → シルバータウン 看護師
       イ・ミエ      → 美容師 クパバル(旧把撥)美容室
       ユン・ミヨン    → 女1 キムジャン(キムチの漬け込み)
       ウ・ジンシク    → 女2 キムジャン(キムチの漬け込み)
       イム・ウニョン   → 銭湯 子供の母
       パク・ソヒ     → 銭湯 子供
       チョ・ヨンミン   → 女の先生
       イ・ヨンウン    → 痴呆病棟 看護師 ソウル老人病院
       イ・チュンフン   → 現場の男
       イ・ジョンウン   → チェ・ホ パートナー
       アン・ソンヒョン  → ホの友人
       イム・ジウン    → チヘの友人1
       イ・ヒョンジ    → チヘの友人2
       キム・ミンボム   → タクシー運転手
       クォン・ヨンサン  → シン・ヘギョン舞踊団
       ソン・ソル     → シン・ヘギョン舞踊団
       チョン・ジュニョン → シン・ヘギョン舞踊団
       ソ・サンチョル   → シン・ヘギョン舞踊団
       イ・ミファ     → シン・ヘギョン舞踊団
       ハン・ソンヒ    → シン・ヘギョン舞踊団
       シン・ジウォン   → シン・ヘギョン舞踊団
       チェ・ユニョン   → シン・ヘギョン舞踊団
       チョン・スニョン  → シン・ヘギョン舞踊団
       アン・オクキョン  → リポーター
       シン・スンニ    → リポーター
       ソン・ムンギュ   → ニュース・アンカー

      イ・ウォニ
      イム・ヒョンジュ
      ウォン・グニ
       パク・チョンスン
       イム・ホンシク
       キム・ドクチュ
       アン・ジャンフン
       スンミョン(淑明)女子高等学校 学生たち
       イポ小学校 児童たち



[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 92分
[観覧基準] 全体観覧可  
[制 作 者] パク・キョンエ
[制作会社] HMJ FILMS
[共同制作] ON STUDIO
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] http://www.mother2007.co.kr/(韓国)

[撮影場所] イポ小学校
      スンミョン(淑明)女子高等学校
      ソウル北部市立老人病院
      チョンダム(清潭)2洞事務所
      5678 ソウル都市鉄道 ノクサピョン(緑莎坪)駅
      カンナム(江南)区民会館
      ハンリム タバン(喫茶)
      ファンフマン コプチャンチブ
      ソラクサン(雪嶽山)事務所
      ヨンセ(延世)大学校
      フェヤサン ペンション
      ユチョン湯
      ペッコッ(白花)美容室
      ピマッコルコ カルビ焼店
      シンルク寺
      ナミソム(南怡島)

[Private ] K-DVD 【77】
[お ま け] ・青年チェ・ホを演じるハ・サンウォンは,老年チェ・ホを演じるハ・ミョンジュン
        監督によく似ていて,凄いキャスティングだと思ったら,二人は,実の親子でした。


プラウザの「戻る」で戻ってください。