輝国山人の韓国映画
<Home>へ

福岡 FUKUOKA

韓国ソウルで古書店を営むジェムン。

ジェムンは、初恋のスニとの三角関係が原因で縁を切った友人ヘヒョが日本の福岡で居酒屋を経営していると知った。

古書店の常連客ソダムと一緒に福岡を訪ねるジェムン。

大学時代から28年、居酒屋で再会したジェムンとヘヒョはよそよそしい。

しかし、いつしかその過去と現在は繋がれていく。

[制 作 年] 2019年 [韓国封切] 2020年8月27日 [観覧人員]  [原  題] 福岡 후크오카 [英 語 題] FUKUOKA [日 本 題] 福岡 FUKUOKA [日本公開] 2022年12月23日 [ジャンル] ドラマ [原  作]  [P  D] オ・セヒョン、西谷かおる、Xu Jiahan [脚  本] チャン・リュル [監  督] チャン・リュル [第12作] [助 監 督] パク・サンホ [撮  影] パク・チョンフン、ソン・ヒョンソク [照  明]  [編  集] イ・ハンミン [音  楽]  [美  術] キム・チョヘ [武  術]  [日本語 翻訳] 泉 千春 [出  演] クォン・ヘヒョ  → クォン・ヘヒョ 酒房 野菊       ユン・ジェムン  → ユン・ジェムン チョンウン書店       パク・ソダム   → パク・ソダム        山本由貴     → 山本由貴 入江書店        オ・セヒョン   → しゃべらない男 酒房 野菊の客  [プロデューサー] [受  賞]  [映 画 祭] 2019 第62回 ベルリン国際映画祭 上映作品        2019 アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2019 オープニング上映作品       2020 アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2020 <福岡 モノクロ版>をオープニング上映       2020 第45回 ソウル独立映画祭 開幕作 [時  間] 86分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社]  [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H  P] https://movie.foggycinema.com/fukuoka/(日本) [撮影場所] 福岡市         入江書店(ユキが営む古本屋)        珈琲 花坂(ヘヒョがジェムンとソダムを連れてくる珈琲店)        水鏡天満宮横 うまかもん通り(ジェムンとヘヒョが歩いた路地)        屋根裏 貘(酔ったジェムンをソダムが連れ出した店)        水車橋(福岡に到着したジェムンとソダムが渡る橋)        みやけうどん(ソダムとユキが再会する店)        酒房 野菊(ヘヒョの居酒屋)        六軒屋公園(ソダムが中国人女性と出会った公園)        福岡市役所(ジェムン、ヘヒョ、ソダムがエレベーターで上がった屋上)        KIDS CLUB(ソダムが人形を預けた店)        駒屋(ジェムンが桜餅を買った店)        公園通り橋(ジェムンとヘヒョが小銭でかけをした場所) [挿 入 曲]  [挿 入 詩] ユン・ドンジュ(尹東柱)の詩 「自画像」「愛の殿堂」 [M-Video]  [Private ]2019. 9.15 アジアフォーカス・福岡国際映画祭       2018. 9.16 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(メイキングフィルム)      2022.12.25 KBCシネマ(チャン・リュル監督、山本由貴、成川彩(司会)による舞台挨拶付き)      2022.12.27 KBCシネマ(クォン・ヘヒョ、ユン・ジェムン、西谷郁(司会)による舞台挨拶付き) [お ま け] 日本語字幕:根本理恵       ○ アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2019で上映       ○ チャン監督との感無量の日々           韓国映画「福岡」の制作に携わって 西谷郁(にしたに・かおる)さん寄稿          (2019年8月18日 朝日新聞 西部本社 14版 22ページ(第2福岡) より引用)        (ベルリン国際映画祭での)上映後の質疑応答で、なぜ福岡で撮影されたのか、という質問に        「福岡国際映画祭に約10年参加してきたことと、ユン・ドンジュという韓国の詩人が亡くな         った場所だったので関心があった」と監督は答えた。       ○ 詩人ユン・ドンジュ(尹東柱)については,         映画<空と風と星の詩人〜尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯〜>の[お ま け]をご覧くだ         さい。      ○ ソダムが公園で出会った中国人女性が読んでいた本は、村上春樹の「騎士団長殺し」        ソダムが中国人女性に見せた本は、中国の古書「金瓶梅」      ○ 2022年12月27日に福岡市のKBCシネマにおいて、「福岡 FUKUOKA」の上映後、         クォン・ヘヒョ(左)、ユン・ジェムン(右)、西谷郁(司会)による舞台挨拶が行われました。       NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)      Wikipedia


プラウザの「戻る」で戻ってください。