輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ボーン・トゥ・キル   DVD発売

残酷な殺し屋の悲劇的なラブストーリーを描いた作品

キルは,幼い時に鉄道で自殺しようとした母の手から逃げた後,暗黒街のキラーとして育てられる。

マルボーロタバコ,コーラ,カップ麺,冷蔵庫の中の現金,ぎらぎらした刃のナイフ一本,オートバイ,猿のチチとの交流が生活のすべてであるキル(チョン・ウソン)は,自分に与えられたキラーの任務を黙黙と代行する非社会的人物。

干からびた大地に降る小雨のように,彼を刺激するのは酒場のホステスで歌手志望のスハ(シム・ウナ)だけだ。キルは,遅い夜に燈台のように明るくなる彼女のアパートを見て小さな幸福を感じる。

ある日,道に倒れているスハを見つけたキルは,彼女を家まで送り,スハに対する感情が愛に変わる。だが,愛という感情はキラーには致命的な弱点。

[制 作 年] 1996年
[封    切] 1996年4月20日
[観覧人員] 132,261人 1996年 第6位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] ボーン・トゥ・キル 본투킬
[英 語 題] Born to Kill
[ジャンル] アクション,スリラー,ロマンス,メロー 
[原    作] 
[脚    本] チャン・ヒョンス, イ・ムヨン, ソン・ヘソン
[監    督] チャン・ヒョンス
[助 監 督] ソン・ヘソンオ・サンフンコン・ジョンシク
[撮    影] チョン・イルソン(鄭一成)
[照  明] チャ・ジョンナム
[音    楽] ピョン・ソンヨン
[武術演出] チョン・ドゥホン
[出    演] チョン・ウソン   → キル
         シム・ウナ     → スハ
         チョ・ギョンファン → 頭目
         キム・ハクチョル  → ユン社長
         イ・ギヨル     → キム専務
         ミョン・ゲナム   → インハク
         イ・ミスク     → ミス
         イ・ジョンハク   → マネージャー
         キム・グァンイル  → キム会長
         キム・シア     → ヨンヒ
         チョン・ジュンホン → 局長
         チョ・ジュニョン  → ヤクザ
         キム・ヘゴン    → 男
         パク・ヨンボム   → 運転手
         シン・チョルジン  → タクシー運転手
         チェ・ハンジン   → 情婦
         クォン・ソンファン → 組織員
         チョン・ドゥホン  → ドゥホン
         シム・ジェウォン  → 鼻ひげ
         チョ・ウィソン   → 幼いキル
         イ・サンソプ    → 少年キル
         ユン・グァンヒ   → キルの母
         イム・サンジュン  → 中華料理店配達夫
         ソ・ヨンソク    → 飲酒者
         イム・ユンジン   → ソヒ インハクの娘
         イ・ヘリョン    → ソヒの母
      カン・ソンヘ    → 鍵修理工
         パク・サンヒョン  → ヒットマン
         ホ・フング     → 支配人
         チェ・ヨンヒ    → 美女1
         キム・ミスク    → 美女2
         チョン・ウンジ   → ダンサー1
         キム・ヒョンスク  → ダンサー2

      字幕外
      ユン・イェイン

                                               
[受    賞] 1996 第17回 青龍映画賞/助演男優賞(キム・ハクチョル)
[時    間] 110分
[等    級] 18歳以上 観覧可
[制 作 者] イ・スニョル 
[制作会社] スンフィルム 
[ビ デ オ] ファインフィルムズ(DVD:3,990円)
[レンタル] あり
[Private ] J-DVD(雑誌付録)
[お ま け]       


プラウザの「戻る」で戻ってください。