輝国山人の韓国映画
<Home>へ

愛の傷    DVD発売

エキゾチックな風景のコジェ(巨済)島を背景に,シュロ(棕櫚)の木にからまった三代にわたる女性の切ないメッセージとハン(恨)を描いたロマンスドラマ

若くて能力ある弁護士キム・インソは,大学の特別講義のためカンヌン(江陵)行バスに乗り,彼を追いかけてきた女性チェ・ソンジュを発見する。彼女は,昨夜,彼と見合いをした堂々とした魅力的なキャリアウーマン。しかし,インソは,積極的なソンジュに対して淡々としている。むしろ冬の風景のように憂鬱な顔で自分の秘めた愛の物語を聞かせてあげる。

2年前,特許権業務でコジェ(巨済)島のテウ(大宇)造船所にやってきたインソ。彼は,到着した日,フット・バレーボールをして労働者たちと親交を深めている間に,造船所の現場職労働者,トランスポ−タ−のファヨンを知るようになる。インソは,野生の中に隠された彼女の汚れない純粋さと,その魅力に強烈な欲望を感じて,いたずらのように彼女に接近する。1年だけつきあおうというインソの冗談のような提案が,ファヨンの心を傷つけて,会食席でファヨンは感情をもてあまして酔っ払ってしまう。

酒に酔ったファヨンを送ることになったインソは,ファヨンをおんぶして彼女の家がある丘をかろうじて登る。エキゾチックなシュロの木が山を覆っている海辺の寂しい人里離れた家。そこに孤独に暮らしている三人の女性,ファヨンと祖母,そして中風にかかったファヨンの母。祖母は,インソを歓迎してくれて,インソは,丘をいっぱいに埋めたシュロの木の森について尋ねる。

戻らない愛を待ちながら限りない懐かしさから森になってしまったシュロ。シュロの木の森にからまった三人の女性の話に耳を傾けたインソは,ファヨンに向かった愛で胸がいっぱいになり,話が聞こえなくなる。しかし,母や祖母のようにつまらない愛を待って暮らさない,シュロの木の森を焼いてしまおうという憎悪に満ちたファヨンは,インソを受け入れず,結局インソは,ファヨンを島に残して逃げるようにソウルへ向かう。インソは,ファヨンを忘れることができるだろうか。シュロの木の森は,彼らの真の愛を成就してくれるだろうか。

[制 作 年] 2005年 [韓国封切] 2005年9月15日 [観覧人員] 7,882人(ソウル封切館基準) [原 題] シュロの木の森 종려나무 숲 [英 語 題] The Windmill Palm Grove [ジャンル] ドラマ [原 作]  [脚 本] ユ・サンウク [監 督] ユ・サンウク [第4作] [撮影監督] ク・ジェモ [出 演] キム・ミンジョン  → インソ      キム・ユミ     → ファヨン/チョンスン      チョ・ウンスク   → ポンエ ファヨンの祖母      キム・ヨンギ    → サンボン チョンスンの父      イ・アヒョン    → チェ・ソンジュ      イ・ギョンヨン   → チェ船長 遠洋漁船船長    ソク・チョンマン  → インソの父    チョン・ヨングム  → インソの母    コ・ジンミョン   → 造船所社長    イ・ギヒョン    → ソンジュの女秘書    チョン・ギョンソプ → ソンジュの男秘書    コ・ヨンチュン   → ソンジュの運転手    シン・ヒョンタク  → コプチュ(コブ男) チョンスンの夫    ク・ボニム     → 巫女    ペク・スンチョル  → 班長    ソン・デヨン    → 課長    キム・ヨンボム   → 理事1    ナム・ギジュ    → 理事2    ユ・ヨンボク    → 理事3      パク・クァンドク  → 甲板長    パク・チョンホ   → キム航海士    チョ・サンホン   → 船員    キム・ギュヒョン  → 船員    ソ・ヨンチャン   → パク部長    キム・ウンソ    → 幼いファヨン    ホン・ソギョン   → 組合委員長    キム・ヨンチュン  → タクシー運転手 [ロケーションマネージャー]    ユン・ギド     → 履き物店主人    イ・ヨンヒ     → 市場女性    パク・ヨン     → 老人1    ムン・ソンギ    → 老人2    クォン・ヘイル   → 教授    キム・ソンテ    → 設計室長    チャン・ヨンデ   → 高速バスの中の人々    チョ・ウンジョン  → 高速バスの中の人々    ハム・キュヒョン  → 高速バスの中の人々    イ・ビョンヒョク  → 高速バスの中の人々    チョン・ヨンギル  → 高速バスの中の人々 [受 賞] 2004 映画振興委員会 シナリオ事前支援公募展 最優秀賞(原題:その男が置いてきた島)    2005 第9回 プチョン(富川)国際ファンタスティック映画祭 閉幕作 [時 間] 108分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] キム・セフン,シン・ヨンジュ,アン・ジョンギュ [制作会社] 映画会社チャム,(株)ヒューマンピクチャーズ [制 作 費]  [ビ デ オ] タキコーポレーション(DVD 3,990円)2007/2/2発売 [レンタル] あり [H P] 終了(韓国) [撮影場所] 慶尚南道 コジェ(巨済)島     コンゴジ     神仙台     風の丘     ハクドン(鶴洞)モンドル海岸     チョグ〜サングン海岸道路 [Private ] K-DVD【60】 J-DVD【1】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。