輝国山人の韓国映画
<Home>へ

フェイス   DVD発売

臓器移植をめぐる連続殺人事件を背景に,国立科学捜査研究所の頭蓋骨復顔専門家が事件の秘密を解いていく過程で体験する背筋が寒くなる霊魂の恐怖を描いた犯罪とホラーを混合したスリラー物

貯水池で全身の形体が溶けて,骨だけ残った遺骨がまた発見される。これで4度目。身元を明らかにする方法は,取りあえず「復顔」(頭蓋骨だけで顔を類推し復元する捜査方法)以外に事件の糸口を見つける方法はない。しかし,国立科学捜査研究所法医学科の復顔専門家ヒョンミンは,この重大な事件をおいたまま辞表を出す。彼にとっては,仕事より,病気が悪化している娘の生命を守ることのほうがより重要だ。

法人類学室要員のソニョンは,4番目の遺骨を持ってヒョンミンの家を訪ねる。事件の解決のために復顔を依頼するソニョン。しかし,ヒョンミンは,頑強に拒否する。ヒョンミンの拒否にもかかわらず,ソニョンは,遺骨をヒョンミンの家に置いて消える。遺骨が来た日から,ヒョンミンは,ぞっとする悪夢と幻聴に苦しめられるようになる。

一方,疑問の死体事件を調べた警察は,被害者たちがベータ・アレルギーという独特の体質で,心臓移植に関連して殺害された可能性に到達する。ヒョンミンは,娘の心臓移植と連続殺人が関連することを直感し,死亡者の呪いから生き残るために問題の4番目の復顔作業を始める。そして,自分の苦しさを理解するソニョンの助けで復顔を完成していく。しかし,死体の身元が明らかになり,ヒョンミンは呪いから抜け出せず,ますます怪奇の恐怖と幻影に陥っていく。

[制 作 年] 2004年
[韓国封切] 2004年6月11日
[観覧人員] 135,000人(ソウル封切館基準)
[原    題] フェイス 페이스
[英 語 題] Face
[ジャンル] 恐怖,スリラー
[原    作] 
[脚    本] パク・チョルヒ
[監    督] ユ・サンゴン [第1作]
[撮    影] チェ・ジヨル
      ソ・グニ(B撮影監督)
[照  明]
[音    楽]
[出    演] シン・ヒョンジュン → イ・ヒョンミン
         ソン・ユナ     → チョン・ソニョン
         キム・スンウク   → ソ刑事
         チョ・ウォニ    → キム・ハンス
         アン・ソックァン  → ユン・ジサン博士 テヨン病院
         ソン・ジェホ    → ソン・ジュホン(宋侏軒) 国立科学捜査研究所 法医学部長
         ハン・イェリン   → イ・ジン ヒョンミンの娘
         イ・ジュシル    → ヒョンミンの母
         イ・ヨンミ     → ソニョンの母
         イ・デヨン     → キム班長
         イ・チョルミン   → チョ刑事
         キム・ドンシン   → ピョ刑事
         イ・ジョンファ   → ミジャ スキューバー同好会員
         オ・ジョンセ    → ミノ スキューバー同好会員
         チャン・ソグォン  → トンチョル スキューバー同好会員
         ナ・グァン     → ナ・グァン スキューバー同好会員
         チン・ヘミ     → スキューバー同好会員
         チェ・ユンジョン  → キム・ソンミ
         チャ・ヨンオク   → 精神クリニック院長
         イ・ジュソン    → 病院 老院長
         ピョ・チョルファン → 解剖検査医
         パク・スンチャン  → 警察医師
         シン・ヨンハ    → 分析員
         イ・スンミン    → チーム長医師 [制作部長]
         チョン・ボフン   → 看護士
         イ・ジョンウン   → 女性医師
         カク・インソル   → 医師1
         クォン・ヒョク   → 医師2
         ホン・スア     → 女性/チョ・ヘラン
         シン・チョルジン  → ソン警長
         アン・ヨンファン  → ファン巡査
         キム・ギョンファン → ハンスの息子

[受    賞] 
[時    間] 88分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] チョン・テウォン
[制作会社] (株)テウォンエンターテイメント
[ビ デ オ] アミューズソフトエンタテインメント(DVD 3,129円)2007/5/25発売
[レンタル] あり
[H    P] 終了(韓国)  
[撮影場所] 
[Private ] K-DVD【33】 J-DVD【33】
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。