輝国山人の韓国映画
<Home>へ

市場が,まだ私たちの生で豊かだった70年代中盤,テソクは,20年以上,重いモル(鍛冶屋が鉄を鍛える時,支えに使う鉄の塊(金敷[かなしき]))をかついで各地の市場を飛び交う鍛冶屋だ。

次の市場に向かって道を歩いているとき,彼は,ソウルから来たシニョンという女工に会う。父の葬儀に行くという彼女は,葬式に似合わない真っ赤なコートに大きなスマイルバッチをつけた,どこか足りなく見える女の子。テソクは,シニョンをバスに乗れる所まで連れていってあげることにする。

テソクは,道の上で,ずっと昔の日を思い出す。この上なく愛した彼の妻,妻がいて,いつも帰った小さなわらぶきの家,最も親しかった友人トクス。しかし,彼をして,この20余年間,家へ帰ることをできなくしたトクスの背信まで。彼は,記憶の中の道を憎しみと懐かしさとともに歩く。そして,テソクは,シニョンが,その敵のようなトクスの娘であることを知って,彼女を家まで連れていってあげるために,また旅立つ。

[制 作 年] 2004年
[韓国封切] 2006年11月2日
[観覧人員] 
[原    題] 道 길
[英 語 題] Road
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] ペ・チャンホ
[監    督] ペ・チャンホ [第17作]
[撮  影] イ・ギュミン
[照  明] カン・インチョル
[音    楽] イ・ソンジェ
[出    演] ペ・チャンホ    → テソク 鍛冶屋
       カン・ギファ    → シニョン キム・ドクスの娘
       ソル・ウォンジョン → テソク夫人
       クォン・ボムテク  → キム・ドクス
       ペク・ハッキ    → 警察支署長
       チョン・ジェウン  → クィオク
       キム・ハクチェ   → バス運転手

         字幕外
      チョン・エファ   → 下宿屋おばさん

[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 95分
[観覧基準] 12歳以上 観覧可  
[制 作 者] カン・チュング
[制作会社] 
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] http://cafe.naver.com/spongehouse(韓国)
[撮影場所] 
[Private ] K-DVD
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。