輝国山人の韓国映画
<Home>へ

京義線 レイルウェイ・ラブ    DVD発売

京義線の最終列車に乗った男女が一緒に過ごす一夜を描いた心温まるラブロマンス

退屈で反復する日常の中でも誠実さを失わずに仕事をする地下鉄機関士マンスには,この間から自分の列車を待っておやつと雑誌を渡すある女性がいる。家族も同僚も認知できない程,たびたび変わる列車の運行時間をどのように知って毎日のように正確な時間に待つのか分からないが,彼女の登場は,いつのまにかマンスの日常にとって活力になっている。

だが,それもしばらくの間。予期できない列車投身自殺事件で大きな衝撃と混乱に陥ったマンスは,特別休暇をもらって京義線の列車に乗る。

同じ科の教授として在職中の大学先輩と危険な関係を維持しているけれど,揺れないで堂々と愛したい大学非常勤講師ハンナ。他人がうらやましくない能力と条件をそろえたエリートだが,なんだか満たされない彼女のむなしい心は,筋道がつかめない。

誕生日を迎えて,彼と一緒に旅立とうとしていた旅行は,思いがけない事件で小さく割れてしまい,行き過ぎるように冷淡な彼の行動は,ハンナをより一層みじめにさせる。熱心に無視した状況と向き合ったハンナは,悶々とした心で京義線の列車に身をのせる。

[制 作 年] 2007年 [韓国封切] 2007年5月10日 [観覧人員]  [原 題] 京義線 경의선 [英 語 題] The Railroad [ジャンル] メロー(愛情,ロマンス),ドラマ [原 作]  [脚 本] パク・フンシク [監 督] パク・フンシク [第2作] [撮  影] パク・キウン [照  明] イ・ソクファン [音 楽] ユン・ミナ [出 演] キム・ガンウ    → キム・マンス 地下鉄機関士      ソン・テヨン    → イ・ハンナ 大学非常勤講師      ペク・チョンハク  → キム・ホ教授      チャ・ソウォン   → ホーム売店女性      チ・ジョンウン   → キム・ホ教授夫人      オム・スジョン   → 先輩女性講師 パク先生      ファン・テカ    → 男性講師      ホン・ダルピョ   → 国会議員補佐官 ハンナの同窓      クォン・ヒョク   → 銀行員 ハンナの同窓      オ・ジョンセ    → 放送局PD ハンナの同窓      ユ・ハナ      → 女性講師 ミラ ハンナの同窓      イ・スンチャン   → 交代先輩駅員      イ・ガプソク    → 同僚機関士 [演出部]      キム・シウ     → デパート化粧品職員      キム・ドンファ   → デパート化粧品マネジャー      キム・ドンシン   → デパート靴売場職員      アン・ソニョン   → 教保文庫計算台店員      キム・ソングン   → 後輩駅員      キム・ヤンジン   → 学校助教      イム・ジョンヒャン → モーテル主人 [プロデューサー]      オ・ブギョン    → 乗務管理事務所運行課長      パク・ヘミン    → 女の子 ヘミン      パク・プミン    → 男の子      イ・ジュヌ     → 大学生 [制作部長]      キム・ヨンミン   → ソウル大学男子学生      ノ・ヨンジュ    → ソウル大学女子学生      友情出演      キム・スンウク   → 先輩駅員      チョン・インギ   → 京義線機関士      特別出演      イ・ホジェ     → マンスの父      パク・チョンス   → ハンナの母       字幕外       シン・ジヨン       キム・テヒ [受 賞] トリノ映画祭 主演男優賞(キム・ガンウ) [映 画 祭]  [時 間] 107分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・コクチ,パク・ムスン [制作会社] ミン映画社,KMカルチャー  [制 作 費]  [D V D] 竹書房(DVD 3,990円)2010/8/6発売 [レンタル]  [H P] 終了(韓国) [撮影場所] 京義線 シンチョン(新村)駅 イムジンガン(臨津江)駅 [Private ] K-DVD【12】 TvJ-DVD J-DVD【73】       K-DVD【60】 Independent Film Collection 独立映画コレクション 3DVD               後悔なんてしない (2006年:イソン・ヒイル監督)               京義線 レイルウェイ・ラブ (2007年:パク・フンシク監督)               俺たちの明日 (2007年:ノ・ドンソク監督)       J-Blu-ray-Rec(京義線)《10》 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。