輝国山人の韓国映画
<Home>へ

まわし蹴り   DVD発売

マンセ(萬世)高テコンドー部を殴り倒した不良学生たちが,紆余曲折の末,テコンドー部になって全国大会に出て行くという奇想天外な活躍像を描いた作品

立派な成績を一度も修められない三流チームに転落した伝統の高校,カンホ(江湖)マンセ(萬世)高校テコンドー部。左右に整列さえもできないチーム戦力で,2週間先に迫った全国大会の予選通過は想像することもできない。過去の名声を取り戻すために必ず履き物を脱いで走るのは,部員ではなく,ソク校長とコ監督,主将ミンギュだけだ。

下校中の満員バスの中。マンセ高校番長ヨンゲクとその一党は,一番後の席に座っている。馬鹿ジョンデは,他の生徒たちがバス後方に来れないようにバス床に線を引く。運動も雰囲気把握もできないテコンドー部は,その線を踏んでしまい,ヨンゲク一党にすさまじく殴られる。

テコンドー部全員は,病院に搬送され,ヨンゲク一党は,留置場に閉じ込められる。運動する選手たちがいないテコンドー部は,解体される危機に瀕し,ヨンゲク一党は,全員退学という懲戒を待っている。テコンドー部の復活を夢見てきたソク校長は,ヨンゲク一党の実力を高く評価し,妙策を絞り出す。ヨンゲク一党がテコンドー部に加入して予選戦さえ通過すれば,退学を免じてくれるという。テコンドー部は,ヨンゲク一党の加入で活気を帯び,子供テコンドー道場館長チュングンを監督とし,バレリーナ,ソッポンを選手に迎え入れて,マンセ高校最高のオールスターチームを設ける。

[制 作 年] 2004年 [韓国封切] 2004年7月23日 [日本公開] 2006年3月11日 [観覧人員] 20,539人(ソウル観客基準) [原 題] まわし蹴り 돌려차기 [英 語 題] Spin Kick Taekwon Boys [ジャンル] コメディー,アクション [原 案] パン・チュソン [脚 本] ナ・ヒョンナム・サングク,シン・ドンイク(脚色) [監 督] ナム・サングク [第1作] [撮 影] パク・サンフン [照  明] シン・ギョンマン [音 楽] イ・ビョンホ,イ・ソユン [出 演] キム・ドンワン     → ホン・ヨンゲク  マンセ高テコンドー部    ヒョンビン       → イ・ミンギュ   マンセ高テコンドー部    チョ・アン       → ソク・スビン   マンセ高テコンドー部 マネージャー     キム・テヒョン     → シン・ジョンデ  マンセ高テコンドー部    パク・チヨン      → ミエ    ムン・ジユン      → クォン・ヒョクス マンセ高テコンドー部    イ・ギウ        → チェ・ソッポン  マンセ高バレエ部    チョン・ジェヒョン   → チョ・ソンワン  マンセ高テコンドー部    特別出演    キム・ヨンホ      → ソン・チュングン マンセ高校新監督    キム・ガプス      → ソク校長    パク・チョンハク    → コ監督 ヘガン(海江)高テコンドー部    イ・ジュソク      → マ・ギルス ヘガン(海江)高テコンドー部    チョンウ        → パク・トス シヌン高テコンドー部    ユ・ビョンソク     → ビョンス    チョン・ジョンノ    → キャベツ    シン・ドンイン     → サンナクチ(手長タコ)    パン・ジンジュ     → フンスク    チン・ソンミ      → ナムジュ    ユ・ミニョク      → イルテ    チョン・ソンフン    → キョンハン    パク・ソンミン     → マンセ高テコンドー部    パク・サンミョン    → マンセ高テコンドー部    チョ・テヒョン     → マンセ高テコンドー部    キム・シング      → マンセ高テコンドー部    イ・ヒョンナム     → マンセ高テコンドー部    シン・ジュヨン     → チンピラ組員    ハン・サンジン     → チンピラ組員    キム・ヨンファン    → チンピラ組員    キム・ロッキョン    → チンピラ組員    チョン・グンソク    → 路地中学生    パク・チョルフン    → 路地中学生    ヤン・ヒョソプ     → 路地中学生    チョン・セイン     → ヘッサルテコンドー ジョンフン    キム・ハンビ      → ヘッサルテコンドー ヒョンジ    パク・チュナ      → ヘッサルテコンドー ヨンイク    イ・ヨンソン      → ジョンフンの母    カン・ソンフン     → テグァン高テコンドー部 [武術指導]    キム・ヒョンドゥ    → ヘガン(海江)高テコンドー部    キム・テサン      → ヘガン(海江)高テコンドー部    イム・デギョン     → ヘガン(海江)高テコンドー部    キム・ギョンウク    → ヘガン(海江)高テコンドー部    キム・ソンミン     → ヘガン(海江)高テコンドー部    チョン・ミンギュ    → ヘガン(海江)高テコンドー部    キム・ジンソプ     → ヘガン(海江)高テコンドー部    ファン・ヒジェ     → ヘガン(海江)高テコンドー部    キム・ガプトン     → シヌン高テコンドー部    チェ・ジヌ       → シヌン高テコンドー部    キム・ジンソク     → シヌン高テコンドー部    シン・ミンチョル    → シヌン高テコンドー部    キム・ギョンモ     → シヌン高テコンドー部    チョン・ヨンハン    → シヌン高テコンドー部    イ・ユファン      → シヌン高テコンドー部    キム・ガンヒョン    → シヌン高テコンドー部    キム・ウンナム     → シヌン高テコンドー部    ヤン・ギウォン     → テグァン主将    ウソン         → テグァンテコンドー部    ハン・ヨンジュン    → テグァンテコンドー部    チョン・チョル     → テグァンテコンドー部    チュ・ギョンホ     → テグァンテコンドー部    シン・ジェミン     → ピリョン高テコンドー部    ユ・ジェギョン     → ピリョン高テコンドー部    コ・ヒョヌン      → ピリョン高テコンドー部    チョ・ヒョンジン    → テグァンテコンドー部    キム・ジョンミン    → チョンイル高テコンドー部    イ・サンリョン     → チョンイル高テコンドー部    イ・チャンジュン    → チョンイル高テコンドー部    チュ・ヨンミン     → パク・トス組員    キム・ヒョンジュン   → パク・トス組員    ミン・ソンジュ     → パク・トス組員    チェ・ドンヒョン    → パク・トス組員    パク・ムンジ      → ミエ組員    チョ・ウニ       → ミエ組員    ペク・ミジン      → 鼓笛隊    リュリ         → 鼓笛隊    ヤン・ジソン      → 鼓笛隊    オ・ソナ        → 鼓笛隊    イ・ジミン       → 鼓笛隊    チョン・ソンスク    → 鼓笛隊    チョン・ユジン     → 鼓笛隊    チョ・ウンミ      → 鼓笛隊    シム・ヘスク      → 鼓笛隊    ユ・サミョン      → 審判員    パク・チョンネ     → 審判員    キム・ソンス      → 審判員    クォン・ヒョクチョン  → 審判員    チェ・ヨンチョル    → 審判員    ナム・ウンギョン    → 審判員    チョン・ヨンシク    → 審判員    チェ・セヨン      → 審判員    チョ・ソゴ       → 記録係員    イ・グヌ        → テグァン高校長    ホン・ソンチャン    → マンセ高学生主任    ソ・ヨンファン     → マンセ高先生    キム・ギルテ      → 高校時代忠勤    ノ・ヨンジュン     → 高校時代高監督    イ・ジヌ        → 民宿主人    キム・ウギュ      → チョンイル高監督    ソ・ウォンジン     → シヌン高監督    ナ・ヒョン       → 市内バス運転手 [脚本]    ノ・ボンソ       → 転校生    釜山ヨンサン高校学生達 → マンセ高学生達    シム・ジェスル     → 市内バス運転    イ・ジョンヨン     → 声出演    ムン・スジョン     → 声出演    キム・ジュヒ      → 声出演    イ・ジョンソプ     → 声出演    シン・ヨンエ      → 声出演    イ・ギョンソン     → 声出演    パク・チョンジェ    → 声出演    チェ・ドゥウォン    → 声出演    メン・ミニ       → 声出演 [受 賞] 2005 第28回 黄金撮影賞授賞式/新人撮影賞(パク・サンフン) [映 画 祭] 2005 第19回 福岡アジア映画祭2005 上映作品 [時 間] 109分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・チュニョン [制作会社] シネ2000 [ビ デ オ] エスピーオー(DVD 5,040円)2006/07/28発売 [レンタル] あり [H P]  [撮影場所]  [Private ] J-DVD【38】 [お ま け] 2006年 日本公開


プラウザの「戻る」で戻ってください。