輝国山人の韓国映画
<Home>へ

大学路(テハンノ)で売春してバラバラ殺人に

あった女子高生,まだ大学路にいる   DVD発売

ナム・ギウン監督の前作<カンチョル>の連作として企画され,6mmデジタル カメラ,ソニーVX−1000で制作された60分の中編デジタル映画。現代を生きていく女子学生たちの性的苦悩とそれに伴う社会への怒りが内在している。

大学路(テハンノ)の暗い路地を過ぎ行く男をそそのかし,安い値段で身体を売った女子高生は,担任先生にバラバラに殺害される悲運をむかえる。女子高生の疲弊した人生は,自分の身体をむさぼる世の中のすべての男たちが作ったもの。生物を教える担任先生は,女子高生を何回も買ったにもかかわらず,ほくろ三兄弟を利用して,女子高生を殺害する。

しかし,バラバラに殺害された女子高生は,恐怖のキルリング・マシンとして復活し,SM−6区域に投入され,戦闘に臨むようになる。激烈な戦闘の途中,胸を貫通する傷を負うようになった少女は,その衝撃で過去の記憶がよみがえるようになる。少女は,自分の殺害を指図した担任先生と彼の指図を受けて自分をバラバラにしたほくろ三兄弟を探し,血の復讐を行う。

[制 作 年] 2000年
[韓国封切] 2000年12月30日
[観覧人員] 
[原    題] 大学路(テハンノ)で売春してバラバラ殺人にあった女子高生,まだ大学路にいる
      대학로에서 매춘하다가 토막살해당한 여고생 아직 대학로에 있다
[英 語 題] Teenage Hooker Became Killing Machine
[ジャンル] 空想科学,ファンタジー,コメディ
[原    作] 
[脚    本] ナム・ギウン
[監    督] ナム・ギウン [第1作]
[撮    影] ナム・ギウン
[照  明] パク・ミン
[音    楽] ナム・ギウン
[出    演] イ・ソユン     → 学校を明らかにしない女子高生
         キム・デトン    → やはり学校明らかにすることを嫌がる先生
      チョン・ウンギョン → けっこう幸せな先生の妻
      キム・アラム    → 写真も撮って,うっかり紳士の代役もして
         ファン・ピルス   → ロウソクのあかりなしでは夜に混乱するこの映画制作者の母
         ペ・スベク     → ほくろ三兄弟
         キム・ホギョム   → ほくろ三兄弟
         ヤン・ジュニョク  → ほくろ三兄弟
         パク・トンヒョン  → 誕生日に無条件で銃をプレゼントする力が
                  けっこう強そうに見える男
         ラ・イクポム    → わけもなく後から抱きついていて銃で撃たれた男
         ノ・イギョン    → わけもなく後から抱きついていて銃で撃たれた男
      ラ・マンギル    → あたってもいない銃のもとにひっくり返るイクポムの弟
         ファン・ビョンイル → マドンナよりTEXASヨーグルト雑談がもっと好きなヤクザたち
         イ・ドンス     → マドンナよりTEXASヨーグルト雑談がもっと好きなヤクザたち
         チョ・ドンギュ   → マドンナよりTEXASヨーグルト雑談がもっと好きなヤクザたち
         ユ・ジュンジャ   → 工場場面 お話にならないミシン老婆
         パク・チョルグ   → SM6区?いや6区域!
         キム・ジュボク   → 座っているものと思って見ると立っていた俳優


[受    賞] 
[時    間] 63分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] 火鉢のまわりの子ども達
[ビ デ オ] ケイエスエス
[レンタル] あり
[H    P] 終了(日本)
[撮影場所] 
[Private ] なし
[お ま け] ・この映画の題名は,ハングルで27文字もあり,韓国映画史上,最も長い題名の
       映画となるそうです。
 

プラウザの「戻る」で戻ってください。