輝国山人の韓国映画
<Home>へ

誰が俺を狂わせるか    DVD発売

製薬会社のセールスマン,イ・ジョンドゥは,大学時代から小説家をめざしていたが,今は7回挑戦した新春文芸への応募をあきらめ,恋人キム・ジュヨンを追いかけて,彼女が就職した製薬会社に入社して働いている。

彼は,ジュヨンとの結婚だけが人生の目標と考えて,彼女の見合いを妨害。このため勘当されたジュヨンは,ジョンドゥの家に転がり込む。しかし,ジュヨンは,ジョンドゥの求愛を受け入れない。

そんなある日,社内の人事異動で,ジュヨンがジョンドゥが勤める支店の主任に昇進する発令が出され,ジョンドゥのストレスは極に達する。ジュヨンの飛び抜けた能力は,会社の人々を感動させるが,ジョンドゥは無能力のセールスマンとして烙印を押される。

予備役の訓練に行ったジョンドゥは,酒を飲むうちに怒り心頭に達し,偶然手に入れた実弾入りの銃を持って,ジュヨンの実績を祝うパーティーが行われているビヤホールに乱入する。

[製 作 年] 1995年
[封    切] 1995年9月30日
[観覧人員] 103,768人 1995年 第9位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 誰が俺を狂わせるか 누가 나를 미치게 하는가
[英 語 題] Who drives me mad ?
[原    作] 
[脚    本] ヒョン・ナムソプク・イムソ
[監    督] ク・イムソ [第1作]
[照  明] シン・ハクソン
[音    楽] Michael Staudacher
[出    演] チェ・ジンシル   → キム・ジュヨン(金周英)
         イ・ビョンホン   → イ・ジョンドゥ(李鍾斗)
         チェ・ジョンウォン → ファン・ダルス主任 コウモリ チョンドゥの同僚
         キム・イル     → プルカンホフ(ビヤホール)社長
         クォン・ビョンギル → 派出所長
         チョ・ソンムク   → カン所長 チョンドゥの上司
         チェ・ハンナク   → チェ・グァンイル チョンドゥの同僚
         キム・イェリョン  → ミン・ジヒョン 薬局主人
         チョ・ジュミ    → プルカンホフ(ビヤホール)のママ
         イム・デホ     → 中国料理店主人
         クォン・ヨンウン  → プルカンホフ(ビヤホール)の店員
         オム・チュンベ   → エロビデオ売り
         イ・ボンギュ    → 支店長
         ユン・イルジュ   → プルカンホフ(ビヤホール)の客
         キム・ファンギョ  → ドクター・キム
         キム・オス     → キム・ピョンマン
         オ・ジョンミン   → 精肉店主人
         チェ・ホンイル   → 廃紙業者
         ク・ボソク     → 機動打撃隊長
         キム・ジョンエ   → プルカンホフ(ビヤホール)の客
         ハ・ドクソン    → 薬剤師
         イ・チャンジク   → 薬剤師
         チャン・ムノ    → プルカンホフ(ビヤホール)バンドマスター
         ト・ギリュン    → 模範タクシー運転手
      チャン・ヨンウク  → 精肉店主人
         ソ・ドンス     → チョンドゥの友人 
         オム・ヒョソプ   → チョンドゥの友人
         キム・ソンス    → チョンドゥの友人
         クォン・ボムテク  → 予備軍
         チ・ヨンホ     → 会社員
         オ・セグム     →
         ウン・ヘンジャ   → 見合い男の母
         ソン・ウンジェ   → ミス・リー
         シム・ソンウ    → 会社員
      ソ・ボムス     → 会社員
         チョ・ミエ     → 中華料理店女主人
         パク・チミ     → 薬を買いにくる女の子

         字幕外
         ソン・ジェゴン  → 
       チャ・ヨンオク  → 

[受    賞] 1995年度 良い映画
         1995 第6回 利川春史大賞映画祭 男子新顔演技賞(イ・ビョンホン)
[時    間] 108分
[観覧基準] 年少者 観覧不可
[制 作 者] パク・チャンフン  
[制作会社] 芸映プロダクション
[ビ デ オ] エスピーオー(Video 16,800円,DVD 5,040円)
[レンタル] あり
[撮影場所] プルカンホフ ビヤホール
      ウンソクビルディング
      ナムガン(南江)ガーデン
      インヒョンダン薬局(ソンプク(城北)洞)
      パク・ヨンスン薬局(ヨクサム(駅三)洞)
      チョンプン薬局(サムソン(三成)洞)
      サムソン(三星)書店
      現代輸入肉精肉店(ピョンチャン(平倉)洞)
         サジョ村(Lo Hi Restaruant)
      スイス グランドホテル
      ソウル ルネサンスホテル 

[Private ] 2000.09.17 福岡アジア美術館 あじびホール(韓国映画フェスティバル)

      (K-VHS) J-DVD【23】
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。