輝国山人の韓国映画
<Home>へ

絵日記

映画監督の夢を抱くドイルは,大変疲れた助監督として困窮した日々を耐えている。

ある日,父を探す5歳の子供がドイルの前に現れる。父かも知れない5名のひとりが,まさにドイルであるという。あきれるドイルを前に在日僑胞の恋人ジュリは,途方もない背信を感じて訣別を宣言する。

愛と青春の夢があっという間に破られる危機に瀕したドイル。ドイルは,身の潔白を証明するため,子供の父探しの旅に出かける。

ドイルとジュリは,子供の父かも知れない残りの4名の男に会う。政治家,知識人,暗黒街のボス,死んでしまった放蕩なヨッパライ。彼らは,みな子供の父であることを否認する。ドイルは,恋人ジュリの愛をとりもどすために苦心する。

[制 作 年] 1999年 [韓国封切] 2000年4月15日 [観覧人員]  [原 題] 絵日記 그림일기 [英 語 題] The Painting Diary [原 作]  [脚 本] チ・サンハク, キム・ムンソン, オ・ヒョンリ [監 督] コ・ヨンナム [第 作] [撮 影] チョン・ハンチョル [照  明] [音 楽] [出 演] イ・フィジェ    → ドイル    しろやまひろみ   → ジュリ    チャン・ハンソン  → キム・デリョン    パク・チュナ    → コニョル    ツイスト・キム   → 監督    チョン・ホグン   → テッポ    キム・ヨンベ    → ライバー    メン・サンフン   → チョン・ドゥホ    イ・フン      → デソン    ユ・ヨンシル    → マダム    シン・チュンシク  → トホの父    ユ・ギョンエ    → トホの母    チャン・ジョングク → 刑事    イ・ソック     → パク秘書    シン・ブヨン    → 旅館主人    パク・セボム    → トッキ    ノ・ギョンテ    → 事務長    キム・ミョングク  →     オ・ドンヨン    →       チ・ソンファン   →     チョ・スジン    →     カン・インドク   →     イ・ギヨン     →     イ・ジョンナム   →     ソ・ジヨン     →     ノ・ギョンテ    →     チャン・ジョングク →     イ・ヨンゴル    →     カン・チュンテ   →     パク・セボム    →     チ・ソンファン   →     イ・ポンジェ    →     イ・チャンヒ    →     ノ・ナリ      →     オ・ドンヨン    →     イン・ジヘ     →     コ・ジニョン    →     シン・ビョンソク  →     チョ・ソンニョン  →     ノ・サボン     →  [受 賞]  [時 間] 102分 [観覧基準] 年齢制限なし   [制 作 者] ハン・ヨンス,ピョ・ソンユン [制作会社] (株)ハンマック映画 [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [H P]  [撮影場所]  [Private ] なし [お ま け] ・この映画を演出したコ・ヨンナム(高栄男)監督は,韓国映画史上最も多い        作品を演出した監督で,その数は,110本だそうです。       ・監督は,1964年のデビュー以来,1980年代まで主にアクション物と        メロドラマ映画を作り,韓国映画史の傑作を作った人ではないが,商業的に        安定した映画を作ることで制作者たちから認められたそうです。       ・この映画は,10年ぶりに監督した作品で,監督の最後の作品になりました。


プラウザの「戻る」で戻ってください。