輝国山人の韓国映画
<Home>へ

アウトライブ 〜飛天舞〜   DVD発売

韓国の3大女流漫画家の1人キム・ヘリンの武侠純情漫画<飛天舞>を原作とした韓・中共同投資の映画。元の時代の末期,蒙古族と漢族の勢力争いが熾烈な混乱期を背景に,高麗遊民チナ・チャハランと蒙古族と漢族の混血児タルガ・ソルリの愛を描く。

話は1343年の春,中国河北省山梅県から始まる。高麗遊民の子チナと蒙古の将軍一族の娘ソルリは,幼い頃に知り合い,愛をはぐくんできた。しかし,ソルリの母が殺され,蒙古人の父タルガはソルリを本家のあるソフン(紹興)に連れていく。ソルリは,満月の時にはソフンのウファジョン(羽華亭)で待っていると約束する。

チナは山梅に残り,一緒に暮らす叔父クァクチョンから飛天神記を習う。そして刺客の襲撃を受けて死んでいくクァクチョンから家門に伝わる秘術と両親の死,意外な出生の秘密を聞く。ソルリがいるソフン(紹興)の地に向かうチナ。刺客の威嚇から救ってくれたチュングァンという恩人に会い,二人は堅い友情を育てる。

満月が浮かぶ日,チナは,ソルリとの約束を守ってウファジョン(羽華亭)に向かうが, ソルリは家内の強要で他の男と婚約させられていた。その男は,チュングァン。元の国皇室の寵愛を受ける漢族出身の財力家ナムグン家の息子。ウファジョン(羽華亭)でせつない出逢いを持った二人は,ソルリの腹違いの兄ライの助けで深い愛を確認して逃避先に向かう。

憤怒した父タルガとチュングァンは,二人を追跡,チナは,タルガの矢にうたれて絶壁から落ちる。高麗人の助けで奇跡的に生き返ったチナは,チャハラン(紫蝦狼)という請負刺客に生まれかわる。

[製 作 年] 2000年 [封 切] 2000年7月1日 [観覧人員] 717,659人 2000年 第3位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 飛天舞 비천무  [英 語 題] Bicheonmoo [ジャンル] アクション,メロー(愛情,ロマンス) [原 作] キム・ヘリンの武侠純情漫画<飛天舞> [脚 本] キム・ヨンジュン, チョン・ヨンギ [監 督] キム・ヨンジュン[第1作] [撮 影] ピョン・ヒソン [照  明] イム・ジェグク [音 楽] キム・ジュンソン [出 演]  シン・ヒョンジュン  → チナ(珍河)・チャハラン(紫蝦狼) (没落した高麗遊民<柳家門>の子孫) キム・ヒソン     → タルガ・ソルリ (蒙古族と漢族の混血) チョン・ジニョン   → ナムグン・チュングァン (漢族権門勢家ナムグン・ヨンギルの息子) チャン・ドンジク   → ライ (ソルリの異母兄) キム・ハクチョル   → タルガ (ソルリとライの父 蒙古帝国の将帥) キ・ジュボン     → クァクチョン (チナを育てた湖北儒家の武人) ソ・テファ      → サジュン チェ・ジニ      → ヨジン (チョ・ベクスンの女手下) オ・スンミョン    → ナムグン・ヨンギル (蒙古王族の寵愛を受けている漢族財力家) ハン・サンヒョク   → チョ・ベクスン (青辰藩の藩主) イ・ハンガル     → ハ・チャンニョン (チナの武士集団<鉄騎十組>の右腕) キム・スロ      → アシン (チナを助けた高麗人) リュ・ヒョンギョン  → アリス (アシンの妹) パン・ヒョプ     → 幼いチナ / ナムグン・ソン(チナとソルリの息子) 二役 キム・ジュヨン    → 幼いソルリ キム・フン      → サジュンの武士 コン・デボン     → 鉄騎1 チュ・グィジョン   → ソルリの母 キム・チャンジュン  → 副官 チョ・ヨノ      → ファサン ク・ヘリョン     → 女主人 ヨ・ムンギ      → ユ・ジャンオク (チナの父) キム・ソンヒョン   → 刺客 チョン・ビョンチョル → 医者 カン・ギョンイル   → チョ・ベクスンの側近 チョン・ヨンギ    → 男 [脚本,映画監督] 字幕外 チョン・ハナ イ・ギュヨン     →  [受 賞] 2001 第24回 黄金撮影賞授賞式/銅賞(ピョン・ヒソン)       2001 第38回 大鐘賞映画祭/衣装賞(キム・ミニ) [映 画 祭] 2001 アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2001 アジア・パノラマ 上映作品 [時 間] 125分 [等 級] 15歳以上 観覧不可 [制 作] チョン・テウォン   [制作会社] テウォンエンターテインメント [制作費用] 40億ウォン [ビ デ オ] 松竹(ビデオ \16,000 DVD \4,700) [レンタル] あり [H  P] 日本版公式HP(終了)  [Private ] (K-VHS) J-DVD【2】 [お ま け] ・登場人物の関係が解かりにくいので,DVDの特典についている人物相関図で     事前学習をしておいたほうがいいと思います。    ・原作が少女漫画であるせいか? 登場人物がみんなかっこよく描かれている。    ・特にシン・ヒョンジュンの衣装と演技がいい。    ・韓国映画史上最大の制作費40億ウォンが投入された。    ・1999年10月28日にクランクインして3ケ月間100%中国ロケで撮影        された。    ・福岡市総合図書館 所蔵作品


プラウザの「戻る」で戻ってください。