輝国山人の韓国映画
<Home>へ

炎のように蝶のように    DVD発売

閔妃暗殺事件に隠された,歴史が記録することもない朝鮮王朝最後のメロー

19世紀末,帝国主義列強は,天主教(カトリック)と新文物を前面に出して,植民地征服を東アジアに拡大していた。

しかし,朝鮮は,コジョン(高宗)が王位に上がり,彼の父,テウォングン(大院君)は,強い鎖国政策を行って国の門戸を閉ざしていた。

朝鮮全土は,新しさに対する渇望と恐れから,改革と保守の葛藤に巻き込まれ,テウォングン(大院君)は,王権強化のために王后選別を急ぐ。

世の中に存在を知られないまま刺客として生きているムミョン(無名)は,ある日,今まで感じられなかった新しい感情を経験するようになる。それは,血の臭いが染みついた自分とは余りに違った女性チャヨン(紫英)に会うようになったこと。

しかし,彼女は,まもなく王后になる身体で,何日か後には,コジョン(高宗)とチャヨン(紫英)の婚礼が行われる。

ムミョン(無名)は,王以外の誰も彼女を手に入れることができないならば,チャヨン(紫英)を死ぬまで守ってあげると誓い,テウォングン(大院君)に直訴して彼女の護衛武士となる。

一方,冷たい宮廷生活と,舅との政治的見解の違いで一日も安心できない毎日を送るチャヨン(紫英)は,ムミョン(無名)の刃が自分を守ってくれていることを知って,温みを感じるようになる。

しかし,日本の外圧と,それから朝鮮を守るためのチャヨン(紫英)の外交が衝突し,彼女に対するムミョン(無名)の愛も,狂風の歴史の中に巻きこまれるようになる。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2009年9月24日 [観覧人員] 1,671,387人 2009年 第16位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 炎のように蝶のように 불꽃처럼 나비처럼 [英 語 題] The Sword With No Name [ジャンル] ドラマ,メロー(愛情,ロマンス) [原 作] ヤ・ソルロク [脚 本] イ・スギョン [監 督] キム・ヨンギュン [第3作] [撮  影] キム・ミョンジュン [照  明] ソ・ジョンダル [音 楽] チェ・ヨンナク [出 演] チョ・スンウ     → ムミョン(無名) 護衛武士 幼名ヨハン       スエ         → ミン・チャヨン(閔紫英) ミョンソン(明成)皇后       チョン・ホジン    → フンソン(興宣)テウォングン(大院君) コジョン(高宗)の父       チェ・ジェウン    → イ・ヌェジョン ピョルチャン(別将)       キム・ヨンミン    → コジョン(高宗) 李氏朝鮮の第26代王       パク・ミニ      → 三浦梧楼 日本公使       コ・スヒ       → ソヒ       ソン・ヒヨン     → テドゥ       イ・ヨンニョ     → チェ尚宮(サングン)       ユン・ヨンベ     → ミン・ヨンイク       ポン・マンデ     → イ・センウォン/チ・ギョンチュル [映画監督]       イ・ジュシル     → チャヨン(紫英)の母 感古堂李氏       キム・ソヒ      → ムミョン(無名)の母       イ・ジュンミョン   → 幼いムミョン(無名)       キル・グムソン    → ヌェジョン腹心1       イ・ムセン      → ヌェジョン腹心2       カク・ヨンジェ    → ヌェジョン腹心3       イ・ヒジョン     → ヌェジョン腹心4       カン・シンジョン   → ヌェジョン腹心5       ソ・スンイン     → ヌェジョン腹心6       ヨ・ムヨン      → ヨンウィジョン(領議政)       ソン・ソングン    → チャウィジョン(左議政)       チュ・ソンファン   → ウウィジョン(右議政)       シン・チョルジン   → コジョン(高宗)宦官1       ソン・ジョンウ    → コジョン(高宗)宦官2       ペク・チェジン    → テウォングン(大院君) チャンス(将帥)       イ・ナクチュン    → コジョン(高宗)親衛隊 チャンス(将帥)       チェ・ギョンウォン  → ミン・スンホ(閔升鎬)       チョン・ウンソン   → チミル(至密)ナイン(内人)1 チャヨン(紫英)の小間使い       イ・スルギ      → チミル(至密)ナイン(内人)2       ナム・ヒョンジョン  → チミル(至密)ナイン(内人)3       キム・ソンファ    → カンテク(揀擇)サングン(尚宮)1       カン・ヒョジョン   → カンテク(揀擇)サングン(尚宮)2       イ・ホン       → サングン(尚宮)1       チョン・ブグム    → サングン(尚宮)2       パク・ムヨン     → サングン(尚宮)3       キム・ヨンウン    → サングン(尚宮)4       キム・ミヒ      → 刺客ナイン(内人) [制作者]       キム・スギョン    → 書斎ナイン(内人)       ヨム・ジヘ      → コジョン(高宗)後宮1       ソ・ジミ       → コジョン(高宗)後宮2       キム・テリャン    → コジョン(高宗)後宮3       キム・ヒョナ     → コジョン(高宗)後宮4       ファン・ジョンソ   → コジョン(高宗)後宮5       ハン・ソジョン    → コジョン(高宗)後宮6       ユン・ヨンゴル    → テウォングン(大院君)部下1       チョ・ウォンガン   → テウォングン(大院君)部下2       コ・ヒギ       → テウォングン(大院君)部下3       ホ・イング      → コジョン(高宗)親衛隊部下       チェ・ジェソプ    → 朝鮮・日本語通訳官       チョン・ホンテ    → 西大門警備軍官       ハム・ゴンス     → ムミョン(無名)の母を迫害する軍官       キム・ギファン    → ムミョン(無名)の母を迫害する軍士       キム・ミョンドゥ   → イサベル宅警備軍官       チョン・イギョル   → ミサ神父護衛武士1       キム・ジョンイル   → ミサ神父護衛武士2       チョン・ムンシク   → 鈴木       チョン・ジョンヨル  → 日本日本語通訳官       チョ・ハソク     → 浪人1       チョン・ミョンジェ  → 浪人2       キム・ガンイル    → 浪人3       イ・ソルグ      → 浪人4       Hiromitsu Takeda   → 浪人5       吉村謙一       → 日本軍将校1       ソン・チャンゴン   → 日本軍将校2       チェ・スンイル    → 日本軍将校3       キム・ジョンソプ   → 日本軍将校4       イム・ホ       → 日本軍       ユン・ソリ      → 着物女給       チェ・ジョンニュル  → チャヨン(紫英)の老召使い       ユン・ジュヒ     → カンテク(揀擇)女       イ・デヒョン     → カンテク(揀擇)女 派閥勢力貴族       パク・チョンサン   → 民1       ハ・スヨン      → 民2       アン・ジャンフン   → 民3       ユ・オクチュ     → 民4       キム・ソンヨン    → 民5       チョン・ボンモ    → 民6       ノ・ウンス      → 民7       イ・スンヨン     → 民8       シン・ヒョンスン   → 結婚独身男       チョン・イヌィ    → 結婚処女       イ・テホ       → 十字架男       キム・スジョン    → テウォングン(大院君)童妾       パク・テギョン    → 僧侶1       ヘソン僧侶      → 僧侶2       イ・ソクチュ     → 童子僧       ソン・サンユン    → 書斎働き手1       アン・ヒョンミン   → 書斎働き手2       キム・ヒョンジョン  → 士大夫夫人1       パク・ソヒョン    → 士大夫夫人2       ホ・ソヨン      → 士大夫子供1       クォン・ガウン    → 士大夫子供2       ホン・ジュンサン   → 士大夫子供3       ホン・ジュンヨン   → 士大夫子供4       キム・ジナ      → ミン・スンホ(閔升鎬)女召使い       ソン・イサク     → 光化門子供       ペ・サンピル     → オグィストゥ通訳官       Kneafsey        James Michael    → オグィストゥ       Laforet        Steven Douglas   → ミサ神父       Taylor        Jason Patrick    → アンダーウッド       Kulik Nadezda     → 公使夫人       Aybatulina Irina   → 公使夫人       Shalneva Tatyana   → 公使夫人       Oneill Lisa Mary   → 公使夫人       Mishchenko Tatiana  → 公使夫人       Bogdanova Irina    → 公使夫人       Avdeeva Alina     → 公使夫人       Belakova Evgeniya   → 公使夫人       Henny Young      → 公使       Robert James     → 公使       Rinaldo        Francesco Claudio  → 公使       Missyuris Iakov    → 公使       Mars Simon Jacob   → 公使       Mishler        Theodore Andrew   → 公使       Warren        Christorher Aaron  → 公使       Wilson        Richard Lle-wellyn  → 公使       Prela Mateo      → 公使       Dukelskyy Leonid   → 居酒屋宣教師男       Jeong        Danielle Ren-ee   → 居酒屋宣教師女       Lazebnik Oxana    → 居酒屋貴婦人       Kevin Were      → オグィストゥ職員       友情出演       ソ・ジノン      → 本田       カン・ポンジュン   → 電気点火式文筆家       イ・サンフン     → 顧問官       特別出演       Sophie Broustal    → イサベル    字幕外       キ・セヒョン     →       ウィ・ジウン     → 日本剣客       ソン・ギュヨン    →        武田裕光       →       ウォン・ヒョンジュン →        武術チーム      クォン・フェス [受 賞] 2009 第29回 韓国映画評論家協会賞/男子新人賞(チョ・スンウ) [映 画 祭]  [時 間] 124分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] キム・ミヒ [制作会社] サイダス [制 作 費]  [D V D] AMGエンタテインメント(DVD 4,300円)2010/9/17発売 [レンタル] あり [H P] http://www.minjayoung.co.kr/(韓国) [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD【36】 J-DVD【36】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。