輝国山人の韓国映画
<Home>へ

1999,面会

サンウォン,スンジュン,ミヌクは,高校時代の親しい3人組だったが,卒業後1年が過ぎた今は,ちょっと疎遠な間柄だ。

サンウォンだけが大学に行って,スンジュンは浪人生,ミヌクは軍人になって,境遇がとても変わってしまったためだ。

そんな年末のある日,スンジュンとサンウォンは,志願入隊した友だちミヌクに会うために江原道のチョロン(鉄原)に向かう。

2人は,紆余曲折の末に部隊に到着するが,スンジュンは,面会時間が近づくと,何度もサンウォンの顔色をうかがう。スンジュンは,ミヌクのガールフレンド,エストがお願いした別れの手紙をミヌクに伝えなければならなかったのだ。

結局,2人は,エストの手紙を隠して,友だちミヌクのために,身体と心とお金を捧げて1泊2日を献身する決心をする。しかし,世の中のことを知らない23歳の3人の友だちに妙令の1人の女性が現れて,寝ていた彼らの本能がうごめき始める。

果たして3人の友だちは,本能を治めて面会をちゃんと終えることができるのだろうか。

[制 作 年] 2012年
[韓国封切] 2013年2月21日
[観覧人員] 3,338人 2013年 第112位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 1999,面会 1999,면회
[英 語 題] The Sunshine Boys
[ジャンル] ドラマ,青春映画
[原    作] 
[脚    本] キム・テゴン
[脚    色] チョン・ゴウン
[監    督] キム・テゴン [第2作]
[助 監 督] コ・ボンゴン
[撮  影] ムン・サンウォン
[照  明] ムン・サンウォン
[音    楽] キム・ヘウォン,キム・デジュン(種なしスイカ)
[美    術] ウ・ムンギ
[武    術] 
[出    演] シム・ヒソプ    → サンウォン
      キム・チャンファン → ミヌク
      アン・ジェホン   → スンジュン
      キム・コッピ    → ミヨン タバン(茶房)ホステス
      ファン・ミヨン   → ポヒ
      チェ・ヒョンソン  → 上等兵
      キム・アラム    → 上等兵のガールフレンド
      チン・テチョル   → 喫茶店社長


[受    賞] 2012 第17回 プサン(釜山)国際映画祭 今日-ビジョン部門 男子俳優賞
      2012 ソウル独立映画祭 競争部門 独立スター賞
[映 画 祭] 2013 ロッテルダム国際映画祭 Bright Future部門 招請
[時    間] 83分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] チョン・ゴウン
[制作会社] クァンファムン(光化門)シネマ
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] http://blog.naver.com/1999visit(韓国)
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。