輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ビート

10代後半から20代初めのさまよう若さを暗鬱なノアール風の画面と派手なカメラテクニックで描き出した作品

持って生まれたファイターでありアウトサイダーのミン,暴力組織で成功することを夢見るテス,2人と違って未来に対する素朴な夢を捨てないファンギュの3人は,新世代の大胆なチンピラ。冷酷な未来でも一握りの希望を追求する。彼らは,ナイフとげんこつで混乱した状況を共にかき分けて行く。

ある日,ファンギュについていったミーティングで,ミンはロミに会い,運命的な愛を感じる。そして,この日以後,ミンはロミの愛の奴隷となる。

ミンとファンギュは,さまよう心を入れかえて麺類屋を開業して熱心に生きて見ようとするけれど,出監したテスはさそり組織の中間ボスに落ち着く。

ミンがロミを愛す前までは,皆,無二の親友であった。ある瞬間からミンは,愛と組織に対する忠誠心をおいて 組織暴力団の世界の中で限りなくさまようようになる。

[制 作 年] 1997年 [韓国封切] 1997年5月3日 [観覧人員] 349,781人 1997年 第4位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] ビート 비트 [英 語 題] Beat [ジャンル] アクション,ドラマ,青春映画 [原 作] ホ・ヨンマンの青少年漫画<BEAT>  パク・ハ [脚 本] シム・サン [監 督] キム・ソンス[第2作] [助 監 督] チョ・ドンオ [撮 影] キム・ヒョング [照  明] イ・ガンサン [音 楽] キム・ジェウォン [美 術] キム・ギチョル [武術監督] チョン・ドゥホンヤン・ギリョン [武術指導] イ・ホンピョパク・サンウク [出 演] チョン・ウソン    → イ・ミン    コ・ソヨン      → ロミ    イム・チャンジョン  → チョ・ファンギュ    ユ・オソン      → テス    サ・ヒョンジン    → ソナ    チャン・ドンジク   → ウジン    シン・ボムシク    → キングコング    イ・イノク      → ミンの母    イ・ドゥイル     → イ社長    ヤン・ヒョンホ    → ペク社長 ミンの母の恋人    ソン・グムシク    → さそり    チン・ボンジン    → ロミの父    チェ・ソンジュン   → キム先生 ミンの担任     キム・ブソン     → シン夫人    イ・ジョンハク    → コンビニ店主    チャン・ヒョソン   → 学生部長    ピョン・ウォニ    → イェソン ロミの女友だち    イ・ヒョンジョン   → インギョン ロミの女友だち 自殺する    チョン・ユジン    → キョンジャ    クォン・テウォン   → 撤去班長    イ・スク       → 撤去班の妻    イ・ムンシク     → 区役所職員    イ・ソンフン     → コンホ    ユン・ヘロ      → セヨン    カク・ウンテ     → 弁護士     イ・ジサン      → 予備校先生    ト・ギソク      → 男子学生1    パク・チフン     → 男子学生2    ソ・チャノ      → 巨人     キム・ソンス     → ムイル    チョ・ソンウォン   → ソンウォン    パク・キョンファン  → キョンファン    オ・ジャンヒョン   → チャンヒョン    ファン・ギヨン    → チェウォン    キム・ヤンウ     → ウ・ジンテ    イ・シウン      → 日本料理屋中年男    チョン・ヘソク    → 女学生1    パク・スヨン     → 女学生2    字幕外    カン・ヒョンジュ   →     イ・ギヨン      →        スタント       パク・ヒョンジン [受 賞] 1997 第17回 韓国映画評論家協会賞/男子新人賞(チョン・ウソン)                        撮影賞(キム・ヒョング)                    技術賞(照明:イ・ガンサン)       1997 第35回 大鐘賞映画祭/男優助演賞(イム・チャンジョン)    1998 第34回 百想芸術大賞/新人男子演技賞(イム・チャンジョン)                    技術賞(編集:キム・ヒョン) [時 間] 114分 [等 級] 18歳以上 観覧可 [制 作 者] チャ・スンジェ [制作会社] ウノフィルム [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [Private ] Jd-8Video [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。