輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ミッドナイトFM    DVD発売

深夜FMの女性DJとその留守宅を襲うサイコ連鎖殺人魔との時間を争う緊迫した死闘

5年間生放送でラジオを進行してきた<真夜中の映画音楽室>のDJソニョン。完璧主義者的な性格で,高いキャリアを積み上げた彼女が,突然に悪化した娘の健康ためにマイクを置くことを決心する。

歌からコメントの一つまで細心に放送を準備する彼女。しかし,最後であるからか何一つ自分の思い通りにならない。

そんな彼女にかかってくる正体不明の聴取者ドンスから始まる脅迫。生放送を進行しながら彼が話すミッションを処理しなければ,家族たちは死ぬ。もちろんどこの誰もこの事実を知ってはいけない。

そいつが何を望むのか,なぜ自分を選択したのかわからないまま,家族を救うために単独で犯人と戦わなければならないソニョン。

美しく終わると思われた彼女の最後の2時間放送が,悪夢のように変わって,彼女を締めつけ始める。家族たちの命を救うため,ソニョンと正体不明の聴取者ドンスの血がにじむ死闘が始まる。

[制 作 年] 2010年
[韓国封切] 2010年10月14日
[観覧人員] 1,209,116人 2010年 第21位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 深夜のFM 심야의 FM
[英 語 題] 
[ジャンル] スリラー,犯罪
[原    案] チェ・ジョンフン
[脚    本] キム・フィキム・サンマン
[監    督] キム・サンマン [第2作]
[撮  影] キム・テギョン
[照  明] ホン・スンチョル
[音    楽] キム・ジュンソン
[美    術] ヤン・ホンサム,チャン・ジョンホ
[出    演] スエ        → コ・ソニョン 真夜中の映画音楽室DJ HBC
      ユ・ジテ      → ハン・ドンス 聴取者
      マ・ドンソク    → ソン・ドクテ 番組ゲスト
      チョン・マンシク  → オ・ジョンム ラジオPD
      チェ・ソンヒョン  → パク・キョンヤン ラジオ作家
      キム・ミンギュ   → ヤン・ウハン エンジニア
      シン・ダウン    → コ・アヨン ソニョンの妹
      イ・ジュナ     → コ・ウンス ソニョンの娘
      チェ・ヒウォン   → コ・ヒョンジ アヨンの娘
      チョ・ソッキョン  → チョ刑事
      カク・ピョンギュ  → チャン記者 GCN(Global Communication Network)
      キム・ビョンスン  → 放送局局長
      イ・サンホン    → 洋服男
      オム・テグ     → オム刑事
      チェ・ヒジェ    → チェ刑事
      キム・ユンテ    → 訪問警察官1
      イ・ソンジュ    → 訪問警察官2
      チェ・ダヨン    → イム・セヨン 後任DJ
      イ・ドウ      → オ・スンギョン 代替アナウンサー
      イ・ヒョンゴル   → キム・テス 女子大生拉致及び人身売買事件 容疑者
      シン・ヘソン    → 縛られた女性
      パク・テギョン   → 酔客
      キム・ボラ     → あどけない女性
      キム・ギュソン   → 少女
      キム・スホン    → リポーター チャン・ソッキョン
      キム・ユファ    → ニュース アンカー
      ユン・ヒウォン   → 先輩アンカー
      イ・ソンジュ    → 女性刑事
      イ・シウン     → 警備員
      ハン・サンジュン  → カメラ記者
      チェ・ヨンジュン  → 駐車場職員
      キム・ドヨン    → 寄宿舎女子大生
      チョン・ヘヨン   → コーヒーショップ アルバイト
      チョ・ヨンチョン  → ガソリンスタンド職員
      チェ・ジョンフン  → 取調刑事
      キム・ドンヒョプ  → 救急隊員
      キム・セウン    → アナウンサー声
      チョン・ユミ    → DJ声

      特別出演
      キム・シニョン   → 横スタジオ DJ
      フォーミニッツ(4 Minute)
       キム・ヒョナ   → 横スタジオ ゲスト
       ナム・ジヒョン  → 横スタジオ ゲスト

[受    賞] 2010 第31回 青龍映画賞/女優主演賞(スエ)
[映 画 祭] 
[時    間] 106分
[観覧基準] 青少年観覧不可  
[制 作 者] チェ・ジョンフン,キム・ホンベク
[制作会社] (株)終末の映画(Weekend Cinema),(株)ホンフィルム 
[制 作 費] 
[D V D] キングレコード(Blu-ray 5,040円 DVD 3,990円)2012/9/5発売
[レンタル] 
[H    P] 終了(韓国)
      終了(日本)
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD【47】 J-DVD【56】

[お ま け] ・番組の放送が始まる前に,ラジオ作家のパク・キョンヤンが,番組ゲストのソン・ドクテの
       携帯電話を見て,「引越センター(でもするの)?」という場面がある。

      ・トクテが携帯にぶら下げていたものは,「2」「4」「2」「4」の数字のアクセサリーで,
       この数字を韓国語で読むと「2(이=イ)」「4(사=サ)」となり,
       引越(이사=イサ)と同じ発音になるので,キョンヤンは,そのように言ったということ。

      ・韓国では,引越業者の電話番号が,「XXXー2424」であることが多いそうだ。
       


プラウザの「戻る」で戻ってください。