輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ディヴァイン・フューリー 使者    DVD発売

格闘技チャンピオンの男が駆魔司祭に出会って世の中を混乱に陥れた強力な悪に対抗する話を描いた映画

幼い時、父を失った後、世の中に対する不信だけが残った格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)。

ある日、原因が分からない深い傷が手の平にできたのを発見して、助けになる誰かがいるという場所へ向かう。

そこで、ヨンフは、バチカンから来た駆魔司祭アン神父(アン・ソンギ)に会って、自分の怪我をした手に特別な力があることを悟ることになる。

ヨンフは、これを通じて世の中を混乱に陥れる悪の存在を知るようになって、強力な陰(かげ)であり、悪をまき散らす黒い主教チシン(ウ・ドファン)を探しに出たアン神父とともにすることになる。

悪の方に立つのだろうか。悪に対抗するのだろうか。神の使者が來る。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2019年 [韓国封切] 2019年7月31日 [観覧人員]  [原 題] 使者 사자 [英 語 題] The Divine Fury [日 本 題] ディヴァイン・フューリー 使者 [日本公開] 2019年8月14日 [ジャンル] ミステリー、アクション、ファンタジー、恐怖 [原 作]  [P  D] パク・アヒョン、イム・ジュニョク [脚 本] キム・ジュファン [脚 色]  [監 督] キム・ジュファン [第2作] [助 監 督] パク・ソンジン [撮  影] チョ・サンユン [照  明] パク・チュンギ [編  集] キム・ソンミン [音 楽] ク・ジャワン [美 術] イ・ボンファン [武 術] パク・ヨンシク、イム・ワンソプ [出 演] パク・ソジュン    → ヨンフ       アン・ソンギ     → アン神父       ウ・ドファン     → チシン       パク・チヒョン    → スジン       チョン・ジフン    → ホソク       イ・スンヒ      → 男       シム・ヒソプ     → キム神父       イ・チャニュ     → 幼いヨンフ       キム・シウン     → テレサ       キム・ソンミン    → アンジェラ       チョン・ウィスン   → ベロニカ       キム・ボムス     → ポムス       パク・チェホン    → ソノ       キム・シウォン    → テウォン       リュ・ギョンス    → 医師       ペク・ナクスン    → ヨンフおばあさん       ソ・ジョンヨン    → スジンの母       チョ・ウニョン    → ホンジン       イ・ジョンヒョン   → チン       パク・チヨル     → ヨル       シン・ミノ      → ミン       キム・ジョンワン   → ワン / 影       イ・ソル       → ソル       チェ・ホンイル    → 教区庁長       ホン・ジュンピョ   → ホン神父       チョ・テグァン    → ブローカー ケビン       ホン・スンボム    → 過去 黒い主教       キム・イェジ     → 過去 サド       シン・アンジン    → 主治医       ペ・ヒョンソン    → ヒョンソン       イ・ジュウォン    → 検視官       ペ・ハニョン     → ペ警長       イ・ヨンフン     → イ巡査       チェ・ジミン     → チェ巡査       チョン・ダウン    → ウニョン       チェ・ジヘ      → カフェ 女性職員       イ・イェリン     → 菩薩家 女性       ハン・スンユン    → ソノの部下1       スン・ヒョンベ    → ソノの部下2       チェ・グァンウォン  → バレエ パーキング男       ヒョン・デシク    → バビロン ダンサー男       チェ・ウンミ     → バビロン ダンサー女       キム・スギョム    → ホソクをらせる兄1       ソ・ジャンヒョン   → ホソクを困らせる兄2       イ・イニュル     → ホソクを困らせる兄3       パク・チュニョク   → ヨセフ聖堂 ポクサ(卜師=占い師)1       キム・ヒョンミン   → ヨセフ聖堂 ポクサ(卜師=占い師)2       チョンウォン     → ベーをする女の子       アン・ソダム     → べーをする女の子の母       チョン・ウグン    → べーをする女の子の父(バス乗客)       イ・ヨンジャ     → 聖堂おばあさん       チョン・ソニュル   → スチュワーデス       ハン・ヘジ      → 採血 看護師       チャン・ジンスン   → カフェの客       キム・ギヒョン    → バビロン クラブ男       チェ・ヨンジュン   → バビロン クラブ男       ヨン・スンホ     → バビロン クラブ男       パン・イヌァン    → バビロン クラブ男       ユン・ジュノ     → バビロン クラブ男       チャン・ヒョソク   → バビロン クラブ男 / ヨンフ スタンディング       キム・ヒョンジュン  → バビロン クラブ男 / アン神父 スタンディング       ペク・キルチャン   → バビロン クラブ男 / チシン スタンディング       ジョセフ       → バビロン クラブ男 / ヨンフの足代役(病院)       ソ・ホジュン     → バビロン クラブ男       パク・ソウン     → バビロン クラブ女 / スジン友だち2       ハム・ジョンイン   → バビロン クラブ女       ユ・スヤン      → バビロン クラブ女       イ・ウンジョン    → バビロン クラブ女       チョン・ジヘ     → バビロン クラブ女       イ・ガヒ       → バビロン クラブ女       カン・ダウォン    → バビロン クラブ女       チャン・セア     → バビロン クラブ女       ムン・ウンジン    → バビロン クラブ女       チ・ウンソン     → バビロン クラブ女       イ・ソンジュ     → バビロン クラブ女       キム・ウンジュ    → バビロン クラブ女       ユ・ハ        → バビロン クラブ女       ファン・スイン    → バビロン クラブ女       コ・ヒョンギョン   → バビロン クラブ女       ウ・ヨニ       → バビロン クラブ女       ペ・ヒャン      → バビロン クラブ女       ハン・ジュア     → バビロン クラブ女       ソル・ユンジ     → バビロン クラブ女       キム・チョンギュン  → 影       キム・デハン     → 影       パク・ハヨン     → 影       カン・ミンギョン   → 影       キム・サンヒョン   → 影       チョン・ギョンチョン → チェ神父 代役(カラス)       キム・ソロヨンフ   → バイク 代役       ユン・ジェイン    → ラジオ アナウンサー       イ・スイン      → チュヘ       ハン・ダミ      → スジンの友だち1       ペ・イノ       → スジンの友だち3       キム・ギボム     → スジンの友だち4       ユ・ホハン      → スジンの父       ソン・ビョンイル   → 幼い時期 アン神父 代役       ヘンリー・サベニジェ → アン神父の師匠       ミン・ソレ      → 駙馬者声1       シン・ホヨン     → 駙馬者声2       イム・ヨンスン    → 駙馬者声3       キム・グニョン    → 駙馬者声4       キム・ヒョギョン   → 駙馬者声5       オ・ジャフン     → 駙馬者声6       キム・ドユル     → 声俳優       チェ・ソン      → 声俳優       チャン・テヤン    → 声俳優       ユル・チャン     → 声俳優       ソン・ウジン     → 声俳優       キム・ハンナ     → 声俳優       キム・ミンジ     → 声俳優              特別出演       イ・スンジュン    → パク警士       チェ・ウシク     → チェ神父       パク・チンジュ    → 中華料理店 配達夫 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 129分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・ソンヘ、シン・ピルスン [制作会社] カイスト [制 作 費]  [D V D] TCエンタテインメント(Blu-ray 5,200円+税 DVD 4,200円+税)2021/1/18発売 [レンタル]  [H P] http://klockworx-asia.com/divinefury/ [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KBCシネマ 2020年8月22日 公開


プラウザの「戻る」で戻ってください。